【約束のネバーランド】123話ネタバレ!ムジカとソンジュは人間食べないけど?




約束のネバーランド123話のネタバレになります。

前回、全食用児(仲間)は食べられたくないが、鬼を殺したくもないとレイに打ち明けたエマ。

自分はどうすればいいのかとエマはレイに聞きます。

レイの回答が気になるところですが・・・。

スポンサーリンク

ノーマンは自分達の特別

エマの本心を聞いたレイですが

約束のネバーランド123話

 

まさかの回答w

あのレイがこれだけハッキリと「わからん」と答えるのは非常にレアですね。

 

レイはエマの言うとおりだと言います。

ノーマンの”農園壊し”も”七つの壁”路線もどちらも鬼は滅ぶ。

約束のネバーランド123話

 

このまま無理矢理人間の世界へ逃げても、やはり追われるか戦争になるリスクが大きい。

約束のネバーランド123話

 

鬼にとって人間がその特性上絶対不可欠な食料だった今、全食用児を救いたいならどうあがいてもノーマンの方法しかないとレイ。

打つ手なし、反論の余地もない、ノーマンは正しい。

 

「うん、とりまどうしようもないんじゃね?」

 

妙に軽いレイw

 

それならなぜ自分の気持を聞いたのかとエマは言います。

エマ「何か解決策は?」

レイ「ない」

 

エマ「それ的なアドバイスは?」

レイ「ない」

 

がんばって埋めた本心を秒で掘り起こすなとエマは言いますが、「でもすぐ出てきた」とレイは言います。

埋めるなら何があろうと墓場まで隠し通すべきだが、埋めた本音がすぐに出てきたということは諦めきれないのだろうとレイ。

 

こういうのはこの先我慢しきれずに何倍にも膨れ上がり爆発するぞとレイは忠告します。

しかもエマの場合は、一番面倒なタイミングで起こり、一番面倒な方向に一人突っ走ったりすると。

そうなれば、みんなにもエマにも危険が増え、ノーマンにとっても大迷惑で自分も面倒だとレイは言います。

そして、納得していないのならとことん向き合ったほうがいいと。

 

特に今回は重要な決断であり、半端にやりすごしたら絶対に後悔する。

最悪、一生悔いさいなまれるとレイ。

 

レイは再度エマの気持ちを聞きます。

エマの気持ちは、絶滅は嫌、争わない選択肢を探したい。

だけど方法は無いし皆も望んではいない。

下手にあがけば皆の危険も増すかもしれない。

なにより仲間はもう絶対に死なせたくない。

 

そう思うと、「どうしたい」だけでは決められず、「どうするのがいいのか」やはりわからなくなると。

 

エマの気持ちを聞いたレイは、ノーマンに話に行こうと言います。

エマが迷っているからこそ話に行くべきだと。

爆発してからでは遅く、相手は他でもないノーマンだとレイ。

 

信頼し合える仲間なら、尚更本心で話す必要があり、ノーマンは昔から自分達の特別だろうとレイは言い、「うん」と力強く返事をするエマ。

スポンサーリンク

ムジカとソンジュは人間を食べない

さらにレイは、自分達がここで話していいても平行線だが、ノーマンに話すことで見えるものがきっとあると言います。

例えば、具体的な作戦。

作戦次第では戦争になる可能性も0ではない。

それも確かめておくべきだと。

 

さらにムジカとソンジュが人間を食べないことも気になるとレイは言います。

人間を食べ続けなければ人型の姿も知能も保てないはずなのに、ムジカもソンジュも人型であり知能も高かった。

食べたものの形質を受け継ぐのに、あの二人は鳥を食べても魚を食べても姿形に変化がなかった。

 

エマは、食べてから形質が変化するまで時間がかかるのかもと言いますが、それでも人を食べていないのに人型はおかしいとレイは言います。

 

ムジカとソンジュがウソをついているのか、それとも二人は人を食わなくても人型の姿と知能を保持できる”例外”なのか。

約束のネバーランド123話

 

エマは、ノーマンはムジカとソンジュの存在を知っているのかとレイに聞きますが、ノーマンが知っているかはわからないが、知らなかったらヤバイとレイは答えます。

 

ムジカ達が形質を保持できる”例外”だという仮定が正しいとして、そういう”例外”の鬼がどのくらいいるのか。

もしたくさんいて、それらの鬼が人間を食べたい鬼だったら農園を潰しても退化しないため人間の驚異のまま。

 

逆にもしノーマンがムジカ達のことを知っていたら、なぜそのような”例外”がいるのかを聞けるかもしれないとレイは言います。

場合によっては鬼と人間が共存するためのヒントになるかもしれないため、今すぐノーマンのとこに行って相談しようと、二人はノーマンのもとへ向かいます。

スポンサーリンク

ノーマンの腹心達と接触

ノーマンの部屋の扉を開いたエマとレイ。

そこにはノーマンの腹心がいます。

約束のネバーランド123話

 

自分達の名前を名乗り挨拶するエマとレイ。

ノーマンがどこにいるのか聞きますが、ノーマンは緊急の用で現在外出中とのこと。

エマとレイはまた出直そうとしますが、ノーマンの腹心達はエマとレイに興味があるようで、二人をソファに座らせます。

 

GFのお坊ちゃん達に興味があると言う腹心。

感じが悪い様子にエマとレイはどう対応するのか。

 

約束のネバーランド123話の感想

やはりムジカとソンジュの話が出ましたね。

早速そのことを伝えに言ったエマとレイですが、ノーマンは外出中とのことで伝えられませんでした。

この引っ張り方は、やはりムジカとソンジュの存在は今後の重要なポイントになりそうな予感です。

ノーマンは居ませんでしたが、ノーマンの腹心と接触したエマとレイ。

性格が全くあわなそうな感じですが・・・これは方向性の違いでノーマンとは決別みたいな展開になるのでしょうか。

 

約束のネバーランド124話のネタバレはこちらになります。

>【約束のネバーランド】124話ネタバレ!シスロとバーバラとヴィンセント

スポンサーリンク