【ドクターストーン】123話ネタバレ!イバラを倒すためモズが仲間になる!?




ドクターストーン123話のネタバレになります。

前回、千空と合流したアマリリスでしたが、そのアマリリスを尾行していたモズの襲撃を受けてしまった千空達。

すぐにでもアマリリスを殺せる状況だったのに、あえて殺さずアマリリスの後をつけたモズ。

ここに一縷の望みをかけてゲンがモズと取引をはじめます。

スポンサーリンク

頭首を石化したのはイバラ

モズに、自分達、妖術王国と手を組まないかと話しかけるゲン。

そしてゲンはモズの目の前で花びらを飛ばし驚くモズ。

さらにその瞬間、千空がドローンを飛ばし、またもや驚くモズ。

 

ドローンを妖術の鳥と紹介するゲン。

自分達はこの鳥を自由自在に飛ばせるので、キリサメの石化武器も空中でゲットできると言います。

実際はまだ自由自在とはいきませんが、ゲンは全く問題にしていません。

弱い手札をスペードのエースに見せかける、取引ゲームの最初の一手目だとゲンは考えます。

 

千空がドローンを飛ばした瞬間、モズの視線は上空へ向けられましたが、その隙にモズの隣へと移動したゲン。

これはゲンのテクニックで、向かい合うより、並んで一緒の向きの方が連帯感が出すのが狙いです。

 

次にゲンは、モズの強さを称賛します。

イバラの兵士の強さが100なら、モズの強さは150くらいあると褒めますが、アマリリスはそれ以上の強さがあると感じます。

この言葉にモズは、「もう少し差があるかも」と訂正します。

これもゲンのテクニックで、ワザと微妙に的はずれなデータを言うことで、訂正しなくてはという使命感が働き、乗る気のなかった話にも乗ってしまうというものです。

 

モズがそんなに強いのなら、その気になればイバラをすぐ倒せるのでは?と、ゲンは畳みかけるように話しかけますが、全てモズに見透かされているような感覚を覚えるゲン。

 

千空達を皆殺しにするか、イバラを殺すか、どっちかな〜とモズは言います。

千空達を殺すなら殺すで、話を聞かせても問題ないのかと言い、頭首を石化させた黒幕はイバラだと話しを始めるモズ。

スポンサーリンク

モズが仲間になる

イバラはやることをやってくれたので、もう必要ないとモズは言います。

なぜイバラをすぐに殺さないのかを聞く千空。

石化光線さえなければとっくにやっていると答えるモズ。

石化武器を預かっているキリサメは結構強いが、普通に戦えば自分が勝つ。

しかし、ガード不能の光線一発で自分は負けてしまう。

 

つまり、モズがイバラを攻撃すれば、何も知らないキリサメの石化光線が黙っておらず、イバラの真実を公表すれば、モズは今の後宮つまみ食いの立場を失う。

三すくみで動けなくするのがイバラの狙いでした。

 

この状況を千空は、モズは石化光線が邪魔で自分達は石化光線が欲しい。

100億%利害が一致しているとシンプルな答えを出します。

 

再びゲンがモズに話しかけます。

取引は”対等”にすべきで、モズは島を牛耳り後宮をゲットすればいい。

そのためなら妖術で協力するが、石化武器だけは自分達に絶対に渡すように。

これだけはジーマーで絶対と念を押すゲン。

 

ゲンの”対等”という言葉に反応するモズ。

武力で優位なのは自分なわけで、そのような条件は不要だとモズは言います。

妖術王国は自分のために妖術で働き、石化武器も自分に渡すようにと言い出します。

 

このアジトは遠目に見張らせとくので、自分に従うしか選択がないと言うモズに、ゲンは地に手を付きショックを受けます。

しかし、ゲンの顔は笑っています。

 

これもゲンのテクニックで、「ああしろ」「こうしろ」と強制を感じると、決定権をキープしたい本能が拒絶するような行動をとらせる心理的リアクタンスというものです。

最初の議題は、科学王国を皆殺しにするかどうかだったのが、いつの間にか話が変わり「手を組む条件」にすり替わっていました。

 

モズが仲間になり、千空と握手するモズを見ながらゲンは言います。

取引ゲームの勝ち筋は、相手を凹ますことではなく、「自分がしてやったり」とのまやかしの花道を作ってあげること。

スポンサーリンク

モズと共にイバラを倒す!?

モズがこの場を後にし、いなくなったのを確認してゲンは肩の力が抜けます。

そんなゲンを皆が祝福します。

 

結果的には自分達は最強の武力を手に入れたと喜ぶ龍水。

用が済んだら100億%自分達を皆殺しにする予定だろうがなと笑う千空。

後のことは後で考えればいいとクロム。

とにかく今はちょっとだけ休ませてとゲン。

 

モズの武器を作る科学王国。

自分達、科学王国は人数でボロ負けしており、本当は力押しで来られたら一発で詰む状況。

そこをなんとかモズの力で、こちらが強いと思わせ石化武器を引きずり出す。

これが千空達の作戦です。

 

モズは科学王国が作った武器を持ち、侵入者のフリをした闇討ちへ向かいます。

千空はモズへ無線機で指示を出します。

殺すのではなく、敵は強いと語らせろと。

 

千空の指示に、もうやってるよと答え、既に闇討ちを実行しているモズ。

こちらからの声が千空達に届かないことに、妖術も不便だなとモズはぼやきます。

スポンサーリンク

ドクターストーンのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ドクターストーンのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでドクターストーンの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにドクターストーンのアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ドクターストーン123話の感想

モズが仲間になりましたが、ゲンが大活躍でしたね。

途中、雲行きが怪しい感じになりましたが、それでも最後は見事に話をすり替え、モズを仲間にしました。

そして仲間になったモズが、早速闇討ちを行いましたが、恐ろしい強さです。

一瞬で数名のイバラの兵士達を倒しています。

これはすぐにでも石化武器を使わざるを得ない状況になりそうですね。

 

ドクターストーン124話のネタバレはコチラになります。

>【ドクターストーン】124話ネタバレ!千空が遂に銃を作る

スポンサーリンク