【黙示録の四騎士】4話ネタバレ!パーシバルの魔力は英雄型!?

【黙示録の四騎士】4話ネタバレ

黙示録の四騎士4話のネタバレになります。

パーシバルの前に突如現れた聖騎士ペルガルド。

イロンシッドのことを知っているようですが・・・。

 

前回の黙示録の四騎士3話のネタバレはコチラになります。

>【黙示録の四騎士】3話ネタバレ!黒の騎士ペルガルド登場!

パーシバルには魔力があった!?

ペルガルドを弾き飛ばしたパーシバル。

パーシバル自身が驚きます。

(今、何が起こった・・・!?僕はどうやってあいつを弾き飛ばしたんだ!?)

 

ペルガルドは言います。

「自分には魔力などない・・・たしかにそう言ったな・・・」

「ならば貴様から溢れ出るモノの正体はなんだ!?答えろパーシバル!」

 

ここではじめて自身の両拳が光で包まれていることを知ったパーシバル。

「ふわわ〜〜なな・・何コレ〜!?」

「なんかへんなものが両腕から出てる〜!き・・・気持ち悪い〜!!」

 

両腕を振っても、走り回っても消えない光。

パーシバルはペルガルドに駆け寄り、「とってとってとってとって!」と言いますが、再び弾き飛ばされるペルガルド。

 

ドニーはパーシバルに言います。

「パーシバル!それはおそらくお前の魔力だ!そいつを使ってぶっ倒すんだー!」

 

「ふおっ!?」と、嬉しそうな表情をするパーシバル。

ペルガルドの魔力は「焔(ほむら)」

ペルガルドは立ち上がりながら言います。

「今の一撃は破壊型の魔力?いや・・・拳に魔力を付与させているということは・・・付呪(ふじゅ)型なのか・・・!?」

 

パーシバルはペルガルドに言います。

「あ・・・あのさ〜・・・さっき魔力が使えないって言ったけど・・・使えるみたいだから、これで戦ってもいい?」

 

ペルガルドは笑いながら答えます。

「がはは!律儀な奴だ・・・!無論、構わん」

 

パーシバルは喜び、ペルガルドへ突っ込みます。

 

突っ込むパーシバルへ炎の塊を飛ばすペルガルド。

パーシバルはとっさに避けます。

 

ペルガルドは言います。

「これが俺の魔力、「焔(ほむら)」」

 

炎の塊を自在に操り、パーシバルを攻撃します。

 

パーシバルは炎を避けますが、追尾してくる炎。

ペルガルドは言います。

「どうした・・・!避け続けるだけでは反撃できんぞ・・・!?」

 

パーシバルは、「たしかに!」と納得し、両手を組み、魔力を集中させ炎の塊を叩き落とします。

パーシバルの魔力は英雄型!?

地面に叩きつけられた炎の塊は分裂し、「や・・・やった!」と喜ぶパーシバルですが、分裂した炎がパーシバルを背後から攻撃します。

 

まとわりついて消えない炎。

ペルガルドは言います。

「その炎は対象を焼き尽くすか、術を解除しない限り決して消えはせんぞ!」

 

エルバは叫びます。

「パーシバル、もう降参して・・・!死んだら元も子もないじゃない!」

 

拒否するパーシバル。

パーシバルは両腕の魔力を分散し、全身を保護します。

 

驚くペルガルド。

(なんという適応速度よ・・・魔力に目覚めたばかりでもう操作(コントロール)を覚えたか・・・!)

 

しかし、その場に両手をつくパーシバル。

ペルガルドは言います。

「だが遅かったな・・・もはや致命的な火傷(ダメージ)を負っている、負けを認めろ・・・すぐに手当てをすれば間に合う」

 

炎を操るため右拳を前に出していたペルガルド。

その右腕に小さなパーシバルの形をした魔力がまとわりつきます。

 

小さなパーシバルはどんどん増え、ペルガルドの両腕にまとわりつき、振り払うペルガルド。

「な・・・なんだこいつら!?魔力の人形(ゴーレム)!?ん・・・まてよこの姿は!?」

「あの小僧が無意識に生み出しているのか?ここまで魔力を自在に変質させるとは・・・変性型の魔力!?

 

さらにミニパーシバルは増え続け、ペルガルドの両腕を完全に塞ぎます。

ペルガルドは言います。

「放せ!しっ!」

「超愛くるしい見た目に反して、なんという馬鹿力だ・・・!」

「まさかこいつら、両腕を封じれば術が解けるとわかってて・・・?」

 

倒れているパーシバルを見ながらペルガルドは言います。

「だが術を解いたところで、全身火傷の状態でお前に戦う力はもう残されておるまい」

 

火傷が修復され立ち上がるパーシバル。

これにはペルガルドだけではなく、ドニーも驚きます。

 

ペルガルドは考えます。

(ありえん!こいつの魔力の型は一体!?破壊型・・・付呪型・・・変性型・・・回復型・・・その他どの型にもあてはまらない・・・)

(もしやこいつの魔力は・・・万人に一人と言われる)

「英雄型!!」

 

再び考えるペルガルド。

(だとすれば、小僧は例の予言の騎士、黙示録の四騎士に該当する可能性が高いということか・・・?これは遅かれ早かれ同志たちが気づき始末に動くはず・・・それだけは避けねば・・・死なせるにはあまりに惜しい・・・!)

 

いつの間にかペルガルドの目の前にいるパーシバル。

パーシバルはペルガルドの甲冑をコンコンと叩き、「ん?」と返事をするペルガルド。

 

次の瞬間、魔力に包まれた拳でペルガルドを殴るパーシバル。

ペルガルドを吹き飛ばし、パーシバルは言います。

「勝負のつづきをしよう!」


黙示録の四騎士の最新刊が無料で読める!?

黙示録の四騎士の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで黙示録の四騎士の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに、黙示録の四騎士の前作である七つの大罪のアニメも全て「見放題」です!!

 

2019年の「神々の逆鱗」、2021年の「憤怒の裁判」も見放題です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

黙示録の四騎士4話の感想

パーシバルに魔力があることが判明し、さらに万人に一人と言われる英雄型のようです。

そして、この世界には様々な魔力があり、破壊型、付呪型、変性型、回復型、その他。

これからそれぞれの型を持ったキャラが現れ、型の特性を活かしたバトルが見られるわけですね。

そう考えると、もうワクワクしかありません。

 

それにしてもペルガルド、今はパーシバルと戦っていますが、おそらく、味方のような感じですよね。

なんか憎めないと言うか、ミニパーシバルがまとわりついた時も、「超愛くるしい見た目に反して、なんという馬鹿力だ・・・!」って、悪人のセリフとは思えません。

もちろん、それ以外にもパーシバルの味方のような素振りを見せているわけですが。

 

なんにせよ、今後の展開がとにかく楽しみな黙示録の四騎士。

パーシバル以外の四騎士も気になります!