【黙示録の四騎士】3話ネタバレ!黒の騎士ペルガルド登場!

【黙示録の四騎士】3話ネタバレ!

黙示録の四騎士3話のネタバレになります。

地上についたパーシバルは、カッツ大道芸一座と出会い、巨大オオカミを一撃で倒しました。

3話ではペルガルドと名乗る黒の騎士が登場します。

 

前回の黙示録の四騎士2話のネタバレはコチラになります。

>【黙示録の四騎士】2話ネタバレ!カッツ大道芸一座が登場

パーシバルには聖騎士の資質がある!?

村人達は巨大オオカミの大きさに驚き、若い男の大道芸・ドニーは傷の手当を受けます。

ドニーは座長のカッツにパーシバルがどこにいったのか聞き、カッツは答えます。

「ああ、たしかエルバと・・・」

 

若い女性の大道芸・エルバと水浴びをするパーシバル。

パーシバルはエルバの裸をじっと見て、エルバの胸を触りだします。

「ふわわ〜”じいじ”に聞いたとおりだ〜、女の子のおっぱいは、すごくやーらかい・・・!」

 

恥ずかしがるエルバ。

 

パーシバルはエルバに言います。

「ドニーってさ、すごくいい奴だよね・・・今日、出会ったばかりの僕のことを体を張ってかばってくれたんだもん」

 

エルバは答えます。

「見ず知らずの人のために、あんな無茶をするあんたの方がよっぽどいい奴よ!」

 

パーシバルは、「う〜ん、そうなの・・・かな?」と答え、エルバは言います。

「ドニーはきっとあんたの行動に感化されたのね」

「あいつ・・・本音はまだ聖騎士になることを諦めてないんだろうな」

 

パーシバルは聞きます。

「聖騎士って・・・なんなの?」

 

エルバは答えます。

「その眼は悪を見抜き、その口は真を語り、その心は正義に満ち、その剣は悪を砕く」

「強大な魔力を有し、王国や民草を守る立派な騎士様のことよ」

 

パーシバルは言います。

「”じいじ”はよくその訓辞を呟いてた・・・」

「ところで魔力って?僕と会った時にドニーやエルバが見せてくれたやつ?」

 

エルバは言います。

「まあ・・・ね、もっとも聖騎士になれるほどの強い魔力は持ってないけどさ・・・」

「でも・・・一番大切なのはね、あんたがさっき無意識にとった行動だと思う・・・赤の他人のために危険も顧みず、あんな化け物に挑むなんてすごいことよ?」

「パーシバル、あんたは根っから聖騎士としての資質を持ってるのかもね・・・」

 

パーシバルは、「でも僕、魔力なんて持ってない」と言い、エルバは言います。

「アハハッ、そっか〜残念ね」

 

二人は服を着て、村へ戻ります。

黒の騎士ペルガルド登場

巨大オオカミを倒したパーシバルは、村人達から歓迎を受けます。

エール(酒)が良かったと言うドニーに、「ドニーはもうお酒が飲めるの?」と聞くパーシバル。

ドニーは答えます。

「お子ちゃまのお前と一緒にすんなよな!」

 

エルバは言います。

「大人ぶって、私と同じ16のくせに〜」

 

それを聞いたパーシバルは、「あ、僕もだよ!三人一緒だね」と言い、驚くドニーとエルバ。

エルバは顔を赤くしながら言います。

「思いっきり見られて・・・揉まれた・・・」

 

パーシバルは村人達に赤い鎧のイロンシッドのことを聞きますが、誰も知りません。

空へ向かって叫ぶパーシバル。

「出てこい!イロンシッド!」

 

その時、空から声が。

「ガハハハハッ!その名前なら知っておるぞ!」

 

丸状の盾のようなものに乗り、空から降りてくる黒い甲冑の男。

男は言います。

「俺の使い魔を倒した活きのいいチビッ子に会いに来てみれば、なんたる巡り合わせ・・・なんたる奇縁よ!」

 

黒い鎧の男は地上におり、パーシバルに近づきながら言います。

「報告では祖父と孫、二人共始末したと聞いていたが・・・めちゃくちゃピンピンしとるではないか・・・!やはり己の息子に情が湧いたということか!」

「まさか祖父(バルギス)まで生きておるとは言わんだろうな?」

 

カッツは黒の鎧の男に言います。

「おいアンタ!無神経にもほどがある!」

「誰だか知らんがこの子に謝れ!この子はな・・・つい先日、自分のじいさんを亡くしたばかりなんだ」

 

カッツは男の肩を掴みながら言います。

「この格好・・・聖騎士か?聖騎士が何をしても許されると思うなら大間違いだぞ」

 

男は言います。

「俺は後ろのチビッ子に用があるんだ」

 

驚くカッツ。

(こ・・・こいつ、い・・岩か!?まるでビクともしねえ!)

 

鎧の男はカッツを左手で払いますが、吹き飛ぶカッツ。

男は言います。

「おお・・・すまん、軽く振り払ったつもりなんだが」

 

パーシバルは鎧の男を睨みながら言います。

「お前は誰だ!?どうして”じいじ”とイロンシッドを知っているんだ!?」

 

鎧の男は名乗ります。

「俺は黒の騎士ペルガルド!チビッ子の祖父と父親の同胞よ・・・!」

 

パーシバルは言います。

「チビッ子じゃないやい!僕の名前はパーシバル!」

 

パーシバルとペルガルドは会話をしますが、全く噛み合いません。

パーシバル

「お前、あいつの仲間だったら居場所くらい知ってるな!?」

 

ペルガルド

「この俺を前にして物怖じせんとはな、気に入ったぞ・・・!」

 

パーシバル

「今から5を数えるうちに、あいつの居場所を教えろ!」

 

ペルガルド

「俺は強い奴が大好きだ!男だろうと女だろうとな」

 

パーシバル

「5、4、3、2、1」

 

最後だけなぜか噛み合う二人。

「それじゃ勝負だっ!!」

パーシバルの拳が光る

パーシバルとペルガルドの決闘が始まります。

槍の先端に鉄球が付いたメイスのような武器を持つペルガルド。

一方、パーシバルは素手で飛び込んできます。

 

ペルガルドは驚きながら言います。

「ちょっと待て、武器はっ!?素手でこの俺に挑むつもりか!?」

 

パーシバルはペルガルドを殴りながら叫びます。

「僕が勝ったなら、父さんの居場所を教えてもらう!」

 

パーシバルの連打を受け、後ろへ押されるペルガルド。

ペルガルドは考えます。

(この重装甲を押し動かす力(パワー)、やはりこいつ・・・おもしろい・・・!)

 

ペルガルドは答えます。

「おうとも!ただし、俺が勝ったなら・・・貴様をいただく」

 

ペルガルドは武器で攻撃しながら言います。

「貴様には見所がある・・・!ぜひともこの手で直々に育ててみたくなった・・・!」

 

ペルガルドの鉄球を喰らうパーシバルですが、パーシバルは手で鉄球を掴みながら言います。

「僕が・・・お前なんかに・・・勝つのは、僕だ!」

 

パーシバルはペルガルドへ飛び込み、再び拳を連打します。

「勝つ勝つ勝つ勝つ勝つ勝つ勝ーーーつ!」

 

パーシバルの頭を左手で掴み上げるペルガルド。

ペルガルドは言います。

「弱者のために自らの危険は顧みず、強者を相手にしようとも怯まぬ胆力・・・素晴らしい!」

「だがやはり素手ではどうにもならんぞ?」

「武器を使いたくない理由があるのならば、せめて魔力を使え!」

「でないと俺も気持ちよく戦えんからな」

 

パーシバルは答えます。

「僕は魔力なんて・・・持ってない・・・!」

 

ペルガルドは驚きます。

「何!?イロンシッドの息子がか!?」

「うーむ・・・買いかぶり過ぎたか、まぁ・・・それでこそ鍛え甲斐があるというものよ・・・」

 

パーシバルの横っ腹を殴るペルガルド。

「ならば、とっとと勝負をつけるかっ!さあ負けを認めろ!」

 

パーシバルは苦しい表情をしながら、「いや・・・だ」と答え、ペルガルドはパーシバルの横っ腹を殴り続けます。

その様子を赤いキツネが見ています。

 

村人達が心配する中、パーシバルに助けられた子供は言います。

「パーシバルお兄ちゃんは負けないよ・・・おじいちゃんと僕を助けてくれた英雄なんだから・・・絶対に、負けるもんか!」

 

その時、何かに反応する赤いキツネ。

パーシバルはペルガルドを吹き飛ばします。

 

ペルガルドは聞きます。

「な・・・なんだ?貴様のその力は!?」

 

パーシバルの両拳が光に包まれています。

黙示録の四騎士の最新刊が無料で読める!?

黙示録の四騎士の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで黙示録の四騎士の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに、黙示録の四騎士の前作である七つの大罪のアニメも全て「見放題」です!!

 

2019年の「神々の逆鱗」、2021年の「憤怒の裁判」も見放題です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

黙示録の四騎士3話の感想

突如現れた聖騎士ペルガルド。

イロンシッドと同じように、全身甲冑に身を包み、イロンシッドのことも知っていました。

ペルガルドはパーシバルを育てたいと言いますが、拒否するパーシバル。

ペルガルドの圧倒的な強さの前に、パーシバルの両拳が光だしましたが・・・これは魔力なのか!?

 

黙示録の四騎士4話のネタバレはコチラになります。

>【黙示録の四騎士】4話ネタバレ!

(2/17更新)