【黙示録の四騎士】2話ネタバレ!カッツ大道芸一座が登場

【黙示録の四騎士】2話ネタバレ

黙示録の四騎士2話のネタバレになります。

遂に始まった七つの大罪”正統”続編、黙示録の四騎士。

祖父を殺した父親イロンシッドを探す旅に出たパーシバル。

どのような旅になるのか!?

 

前回の黙示録の四騎士1話のネタバレはコチラになります。

>【黙示録の四騎士】1話ネタバレ!主人公はパーシバル!?

カッツ大道芸一座

絶壁を丸一日下り続けるパーシバルですが、まだ雲の下(地上)が見えません。

飛び出した岩の上で休憩するパーシバル。

そのまま祖父のことを思い出しながら眠ります。

 

翌朝、再び絶壁を下りるパーシバル。

地上が見えたことを喜びますが、岩から手を離してしまい落下します。

 

ちょうど付近を飛んでいた巨大なロック鳥。

パーシバルはそのロック鳥の背中に落ちますが、ロック鳥はパーシバルを振り払い、林の中に落下。

木の枝をクッションにしながらなんとか地上に着地します。

 

転倒しながら着地したパーシバル。

パーシバルが顔を上げると目の前には一匹の狐が。

 

パーシバルは狐に話しかけますが、もちろん、狐には人間の言葉は伝わらず、狐は走り出します。

狐を追いかけるパーシバルですが、狐は茂みの中へ。

 

パーシバルが茂みに頭を突っ込むと、そこでは三人の大道芸人が芸の練習をしています。

初めて見る大道芸に、思わず近くで拍手をするパーシバル。

 

もう一度見せて欲しいというパーシバルに、若い男の大道芸人が言います。

「これは無料(タダ)で見せる見世物じゃねえんだ、金を払いな」

 

若い女性の大道芸人は男に言います。

「練習を覗かれたくらいで脅さないの!」

 

男は、「黙ってろよ、俺らはこれで飯くってんだ」と言いますが、「お金って・・・何?」とパーシバルは聞きます。

 

男はパーシバルに言います。

「そんじゃ、お前の荷物を貸してみ」

 

荷物を渡すパーシバル。

男はパーシバルを宙に浮かせ、驚くパーシバル。

 

パーシバルは男に聞きます。

「ねえキミ、これってどうやってるの!?」

 

若い男はパーシバルの荷物を奪い、馬車を走らせます。

しかし、走って追いかけるパーシバルは、馬車を追い抜き慌てて止まります。

驚いた大道芸人の男は、パーシバルに荷物を投げ返します。

 

パーシバルは聞きます。

「僕さぁ・・・人を捜してるんだけど、どうすれば見つけられるかな?」

 

大道芸人の座長は、「捜す相手の名前は?」と聞き、「イロンシッド」と答えるパーシバル。

「坊主の知り合いか?」と聞く座長に、パーシバルは答えます。

「僕の”じいじ”を殺した父さん」

 

驚く大道芸人達。

座長は聞きます。

「随分、穏やかじゃねえ話だが・・・つまりお前さん、一人で仇討ちの旅ってわけか?」

 

パーシバルは答えます。

「わかんない、わかんないから会って直接聞きたいんだ・・・なんで・・・”じいじ”を殺したのか、なんで今さら僕らの前に姿を現したのか・・・」

「でも、とりあえずぶっとばす!」

 

大道芸人達は誰もイロンシッドを知らず、座長は言います。

「まあ・・・それだけの手がかりでどこまで掴めるかは知らんが、村に行けば人もいる・・・それなりに情報は得られるかもなぁ?」

 

”村”と聞き興奮するパーシバル。

「”じいじ”に聞いたあの!いっぱい人や家があるという噂の・・・!」

 

座長はパーシバルに、「村までよけりゃ一緒に来るか?」と誘いますが、若い男の大道芸人は言います。

「タダじゃ連れていかねーぜ?お前、何か芸とかできねえのか?」

 

芸を見せることになったパーシバルは、リンゴを矢で射抜こうとします。

パーシバルが放った矢はなぜか後ろに飛び、若い男の大道芸人の髪をかすめます。

 

座長は大笑いし、パーシバルを馬車に乗せます。

座長はカッツと名乗り、若い女性はエルバと名乗ります。

さらに座長は若い男をドニーと紹介します。

カッツ達と村へ向かうパーシバル

パーシバルは、大道芸が凄いと褒めますが、ドニーは言います。

「チッ・・・あんな子供騙しがすごいだと?」

「日銭を稼ぐしか能のねえ半端な力なんて、ない方がマシだったのかもな」

 

「・・・え?」と聞くパーシバルに、ドニーは言います。

「どーせ俺みたいな能なしには叶いっこねえ夢だってことさ・・・!」

 

座長は説明します。

「俺達にもいろいろあってな、このカッツ大道芸一座はよ、かつて聖騎士に憧れ、そんで夢に破れた連中の吹き溜まりなのさ・・・」

 

聖騎士との言葉に反応するパーシバル。

パーシバルは言います。

「そうだ!父さ・・・あいつがあのとき言ったんだ」

「自分と”じいじ”は聖騎士だって!」

 

カッツは驚きながら聞きます。

「坊主・・・本当か!?二人共どこの国の聖騎士なんだ!?」

 

パーシバルは言います。

「く・・・くに?よ・・・よくわかんない」

 

ドニーは苛立ちながら言います。

「なんの話か知らねーけどな!聖騎士、聖騎士うるせえんだよ!」

 

馬車が村へと向かっていると、村の方角から二人の村人が走ってきます。

村人二人は言います。

「おお・・・オオカミが村で暴れているんだ!」

「聖騎士様を呼んでくれ、は・・・早く!」

 

ドニーは、「オオカミぐらい俺達が追い払ってやる!」と言い、馬車を村へと走らせます。

巨大オオカミを一撃で倒すパーシバル

村に到着した馬車。

そこには家にかじりつく巨大なオオカミが。

 

あまりの大きさに驚くドニー達。

ドニーは、「せ・・・聖騎士に知らせに行くぞー!」と叫び、馬車を走らせますが、パーシバルは家の中に人がいるのに気づきます。

 

ドニーは馬車を走らせながら叫びます。

「どーせ俺達には何もできやしねぇ!」

 

突然、馬車から飛び降りるパーシバル。

パーシバルは祖父から聞いた言葉を言います。

「悪しきを挫き、弱きを助けよ、大切なものを己が命をかけ守る者となれ」

 

狼へ向かいながらパーシバルは言います。

「僕は二度とあんな思いをするのも・・・誰かにさせるのもごめんなんだ!」

 

巨大オオカミと対峙するパーシバル。

パーシバルはオオカミへ矢を放つが、矢は途中でUターンし、パーシバルの兜に当たります。

さらに矢はパーシバルのマントに刺さります。

 

オオカミは身動きがとれないパーシバルへ向かっていきます。

間一髪でドニーがパーシバルを助けますが、ドニーはオオカミの爪で怪我を負います。

 

パーシバルはドニーに聞きます。

「どうして戻ったの!?」

 

ドニーは答えます。

「てめぇのせいで・・・くすぶってたもんが、また燃えてきちまったじゃねーか・・・」

 

パーシバルとドニーを爪で攻撃するオオカミ。

パーシバルはオオカミの爪を片手で止めます。

 

パーシバルは巨大オオカミの顔までジャンプし、「お前・・・何をしてくれるん・・・だ」と言い、オオカミの顔面に平手打ちを喰らわせます。

パーシバルの平手打ちを喰らったオオカミは、地面にめり込み、気を失います。

 

驚くカッツ大道芸の三人。

村人たちは喜びます。

 

オオカミの尻尾には呪印のようなものがありましたが、呪印は消え、その様子を崖の上から見ている狐。

 

宝石のようなもので巨大オオカミを見ていた甲冑の男。

甲冑の男は言います。

「ガハハハッ!活きのいいチビッ子だな、まさか俺の使い魔を倒しちまうとは!」

「次、行ってみよう!」

黙示録の四騎士の最新刊が無料で読める!?

黙示録の四騎士の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで黙示録の四騎士の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに、黙示録の四騎士の前作である七つの大罪のアニメも全て「見放題」です!!

 

2019年の「神々の逆鱗」、2021年の「憤怒の裁判」も見放題です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

黙示録の四騎士2話の感想

地上についたパーシバル。

カッツ大道芸一座と出会い、巨大オオカミを一撃で倒しました。

信じられないような強さをみせるパーシバルですが、最後に登場した甲冑の男は何者なのか?

そして、パーシバルを見ていた狐も不思議な存在です。

今後の展開が楽しみですね。

 

黙示録の四騎士3話のネタバレはコチラになります。

>【黙示録の四騎士】3話ネタバレ!