【黙示録の四騎士】7話ネタバレ!巨人の尼(あま)ドロレス登場

【黙示録の四騎士】7話ネタバレ

黙示録の四騎士7話のネタバレになります。

イロンシッドとペルガルドのいる場所はキャメロットと判明。

キャメロットへ行くにはリオネス王国に行く必要があり、パーシバルはシン(キツネ)に連れられ、リオネスへ向かいます。

 

前回の黙示録の四騎士6話のネタバレはコチラになります。

>【黙示録の四騎士】6話ネタバレ!謎の赤キツネの名前はシン

リオネスを目指すパーシバル

竜の背骨を歩き終わり、残念がるパーシバル。

キツネのシンは言います。

「休む暇はねぇぞ、リオネスはまだまだ遠いんだからな」

 

腹を鳴らすパーシバルに、ドニーは、「とりあえず飯にするか」と言い、パーシバルは提案します。

「どーせなら誰が一番すごい獲物を捕まえてくるか・・・三人で勝負しよーよ!」

 

ドニーは、「こいつが世界を滅ぼす騎士・・・ねぇ」と言い、シンは言います。

「文句があんなら予言に言えよ」

 

パーシバルは弓矢を持って走り出しますが、パーシバルを引き止めるドニー。

ドニーは、「どうせお前が持ってても役に立たない」と言い、パーシバルから弓矢を取り上げます。

 

一人、獲物を探すパーシバルは、落石により塞がれた道を発見します。

パーシバルは落石を簡単に登り、石の上から巨大な谷を見つけ喜びます。

さらに木霊(こだま)にも喜び、谷へと走り出します。

 

谷へ入っていくパーシバルを発見した二人の小さな妖精。

妖精は、「あれは・・・人間?」と言います。

巨人族の尼(あま)ドロレス

弓矢を使って獣を獲ろうとするドニーですが、矢は当たりません。

シンはドニーに、「ド下手」と言います。

 

ドニーは、「パーシバルに比べたら大分マシだっての!」と叫び、別の獣を狙います。

ドニーが放った矢はハズれ、シンは「ド下手糞野郎」と言い、「お前口悪いな」とドニー。

 

その時、女性の叫び声が聞こえ、焦るドニー。

「い・・・今のは叫び声・・・!?やっべえ・・・人に当たっちまったのか!?」

 

シンは叫び声の方へ走り出し、ドニーに言います。

「ボケッとしてんな、行くぞ!」

 

叫び声の場所まで来たドニー。

ドニーは言います。

「大丈夫かー!?まさか人がいるとは思わなかったん・・・」

 

驚くドニー。

そこには尼(あま)の格好をした巨人族の女性がおり、女神の石版に祈りを捧げていました。

巨人族の女性の左腕にはドニーの矢が刺さっていますが、巨人族からすると針先が刺さった程度です。

 

平謝りするドニーに、巨人族の女性は言います。

「ああ・・・気にしないでこのくらい、なんともありませんから・・・!私もお祈りの最中だったから驚いて、つい大声を・・・ごめんなさい・・・」

 

シンは巨人族の女性に聞きます。

「珍しいなあんた、大地じゃなく女神を信仰する巨人族なんてよ」

 

巨人族の女性は、「それは・・・」と答えようとしますが、巨人族の女性を呼ぶ二人の小さな妖精。

「ドロレス〜!」

「大変、大変〜!」

 

妖精たちは言います

「木霊(こだま)の谷に妙なカブトの人間が入っちゃったんだ!」

 

ドロレスは、「だって、谷への入り口は私が封鎖したはずよ・・・?」と言いますが、妖精は言います。

「それが、逆に興味津々でさ〜」

 

シンは、「今度は妖精族か、随分にぎやかだな」と言い、ドニーは「カブトの人間ってパーシバルのことじゃねえの?」と言います。

 

ドニーはドロレスと妖精に聞きます。

「そいつは俺達の連れだ!その谷に入ったらなんかまずいのか?」

 

妖精は答えます。

「木霊の谷は少し前まで巨人や妖精の暮らす豊かで美しい場所だった、けれど・・・今やもうまるで地獄だ!」

凶器の薬師(マッド・ハーバリスト)ナシエンス

木霊の谷に入ったパーシバル。

谷では凶暴なウサギや動く木がパーシバルに襲いかかります。

 

しかし、ウサギや木を簡単に倒すパーシバル。

パーシバルは嬉しそうに言います。

「まるで天国だ!獲物の方からじゃんじゃん寄ってきてくれるなんて、これが入れ食いか!」

「これで一番は僕のもんだな!ドニーもシンもビックリするぞ〜!」

 

その時、「助・・・ケテ、オ願イ・・・ダ、逃ガシテ・・・」との声を聞くパーシバル。

 

声はキノコのような形をした小屋からで、中には縄で柱にくくりつけられた小さな妖精の姿が。

ハットをかぶった少年が、妖精に言います。

「見かけない顔ですね、どこから来ました?・・・何が目的ですか?今や誰も近づかないこの谷に来るなんてね・・・」

 

妖精は、「道二・・・迷ッタ」と答えますが、少年は言います。

「吐いてもらうついでに、色々と実験に協力してもらいますか・・・もう君はオレの実験台(モルモット)ですから」

 

怯える妖精。

少年は笑いながら、妖精を噛んだのか、自分の唇を噛んだのか、「ブチッ、ガリッ」との音が。

 

突然、「お邪魔します!」との声と同時に、力強く扉を開けるパーシバル。

パーシバルは言います。

「助けに来たぞ!」

 

少年は言います。

「人の家に勝手に侵入するとは・・・君は何者です!?」

 

少年の口には血がついています。

 

妖精は、「コイツ・・・悪イ奴・・・オデヲ助ケテ」と言い、「任せとけ!」とパーシバル。

 

少年に飛びかかるパーシバルですが、少年は簡単に避け、パーシバルは妖精がくくりつけられている柱に激突します。

妖精は、「早ク・・・助ケテ」と言い、パーシバルは妖精の縄を引きちぎります。

 

縄が切れた瞬間、妖精は窓から飛び立ち、パーシバルは驚きます。

「ふわわ〜っ、あれって妖精!?初めて見たっ!本当に妖精はいたんだ〜!」

 

「プスッ」と何かがパーシバルに刺さり、気付いていないパーシバルは、「”じいじ”にも見せてあげたかったなぁ、えへへへ・・・へ・・・」と言い、その場で寝てしまいます。

 

木霊の谷へと急ぐドニー達。

ドニーは、「木霊の谷で何があった!?」と、走りながら妖精に聞き、妖精は答えます。

「あの悪魔の仕業さ・・・!」

「あいつのせいで、この谷の動植物はみんな凶暴化したんだ!」

 

パーシバルを眠らせた少年。

少年は言います。

「せっかくの珍しい実験台(モルモット)が逃げてしまった・・・当然、君には替わりになってもらいますよ・・・」

 

妖精はドニーに言います。

「谷のみんなはあいつをこう呼んでる・・・」

「凶器の薬師(マッド・ハーバリスト)ナシエンス」

黙示録の四騎士の最新刊が無料で読める!?

黙示録の四騎士の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで黙示録の四騎士の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに、黙示録の四騎士の前作である七つの大罪のアニメも全て「見放題」です!!

 

2019年の「神々の逆鱗」、2021年の「憤怒の裁判」も見放題です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

黙示録の四騎士7話の感想

巨人族のドロレスと妖精族、そして不気味な少年、凶器の薬師(マッド・ハーバリスト)ナシエンスが登場。

ドロレスとナシエンスが今後、どれだけ重要な役割を担うのか気になるところですが、その前に、眠らされたパーシバルは無事なのか!?

パーシバルの心配より、もしもパーシバルが凶暴化したら、止められる人はいるのかな?と、周りの方が心配です。

 

気になったのは、妖精たちがナシエンスの話をしているときのドロレスの表情。

果たしてナシエンスは敵なのか!?

 

黙示録の四騎士8話のネタバレはコチラになります。

>【黙示録の四騎士】8話ネタバレ!

(3/17更新)