【黙示録の四騎士】8話ネタバレ!ナシエンスの目的は谷を救うこと!?

【黙示録の四騎士】8話ネタバレ

黙示録の四騎士8話のネタバレになります。

巨人族のドロレスと妖精族、そして不気味な少年、凶器の薬師(マッド・ハーバリスト)ナシエンスが登場。

 

前回の黙示録の四騎士7話のネタバレはコチラになります。

>【黙示録の四騎士】7話ネタバレ!巨人の尼(あま)ドロレス登場

パーシバルの兜とマントは魔法具だった

目を覚ましたパーシバル。

縄で椅子に縛られ、パンツとブーツだけの姿になっています。

 

パーシバルが目を覚ましたことに気付いたナシエンス。

パーシバルに刺した睡眠毒は10時間は目覚めないはずなのにと、パーシバルに興味を持ちます。

 

なぜ自分を裸にしたのかを聞くパーシバルに、実験台は清潔である必要があり、ボロボロの服は処分したとナシエンスは答えます。

 

”じいじ”の形見である、兜とマントを返せと叫ぶパーシバルに、ナシエンスは言います。

服は燃やせたが、兜とマントは強い魔力が秘められたレアな魔法具のため、そこにあると指差します。

 

兜とマントが無事なことに安堵するパーシバルですが、同時に、「魔法具!?」と驚きます。

 

再びパーシバルに薬を注入するナシエンス。

ナシエンスは、薬の効果が出る1時間後にまた来ると言いますが、突然、パーシバルの髪の毛が急成長します。

 

薬の効果が顕著に出たことに、ナシエンスはパーシバルへの興味を強くします。

一方のパーシバルは、髪の毛が伸びたことで兜がかぶれないことを心配します。

ナシエンスはドロレスの弟だった

ナシエンスが何をしたいのかを聞くパーシバル。

妖精にもひどいことをするつもりだったとパーシバルは言いますが、それはパーシバルの勘違いだとナシエンスは否定します。

 

ナシエンスは、妖精を実験台にしようとしたのは事実だが、人の家に勝手に侵入し、先に襲ってきたのは向こうだと説明し、妖精のケガも返り討ちにしただけだと言います。

 

それでもパーシバルは、妖精を噛んで口から血を滴らせていたと言いますが、パーシバルを気に入ったナシエンスは、自分の唇を噛み、口から血を滴らせます。

 

ナシエンスが唇を噛むのは子供の頃からの癖で、興奮の度合いに応じて噛む力と出血量が変わると言い、パーシバルは、その癖は直したほうがいいと思うと言います。

口から滴る血を拭きながら、姉さんにもよく言われたとナシエンスは言います。

 

木霊(こだま)の谷に入ったドニーとシン、そしてドロレス。

谷に入ってから動物や植物が襲ってくることに焦るドニー。

 

ドニー達を案内した妖精たちは、全てナシエンスの仕業だと言い、ドニーは、とんでもない悪党だと言いますが、「違うの!」とドロレス。

ドロレスはその場で”じだんだ”を踏み、「ナシエンスはそんな子じゃないの〜!」と叫びます。

 

薬の調合をはじめるナシエンス。

パーシバルは、ナシエンスが実験を繰り返す理由を聞きますが、他人に話す必要はないとナシエンス。

ただ、自分には果たさなければならない目的があると言います。

 

ナシエンスがパーシバルの方を見ると、パーシバルがいません。

縄を自力でちぎったパーシバルは、マントをつけ、兜を無理矢理かぶります。

パーシバル vs ナシエンス

パーシバルは叫びます。

自分にも、ブリタニア中の不思議な場所を冒険するという、果たさなくてはならない目的がある。

 

両手にナイフを持つナシエンス。

ナイフには、麻痺毒と睡眠毒の魔力がそれぞれに付与されてます。

 

「あれも魔力?」と驚くパーシバルですが、無理矢理かぶった兜が外れ、再び兜をかぶろうと手間取っていると、ナシエンスがナイフで攻撃してきます。

 

ナシエンスのナイフの刃に触れないよう防御するパーシバル。

なぜこのようなことをするのかを聞くパーシバルですが、君に知る必要はないと、パーシバルを攻撃し続けるナシエンス。

 

パーシバルはナシエンスの手を掴み、「困っているなら事情を話せ、僕は君の力になれる!」と言います。

しかし、パーシバルを信じていないナシエンスは、自分が欲しいのは調合薬の実験台だけだと言い、再びパーシバルを攻撃し始めます。

 

パーシバルを攻撃しながら、ナシエンスは言います。

自分で調合薬を試すわけにもいかず、もしも自分が死ねば薬を完成させることも、谷を救うこともできない。

 

ナシエンスのナイフをかわしたパーシバルは、体制を崩し、床に尻をつきます。

ナシエンスがパーシバルに近づいた瞬間、かぶっていた兜が勢いよく飛び出し、ナシエンスの顔に直撃します。

 

机に衝突したナシエンス。

机の上の調合薬が吹き飛び、パーシバルが受け取ります。

 

焦るナシエンス。

パーシバルにはもう手を出さないため、薬を渡してくれ、もう完成しているとナシエンスは言います。

 

ナシエンスに薬を渡したら、また誰かで試すため、薬は返さないとパーシバル。

パーシバルは、薬の蓋を開け、ナシエンスは焦ります。

 

蓋を開けたパーシバルは、薬を一気に飲み、「だったら僕が試す」と言います。

黙示録の四騎士の最新刊が無料で読める!?

黙示録の四騎士の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで黙示録の四騎士の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに、黙示録の四騎士の前作である七つの大罪のアニメも全て「見放題」です!!

 

2019年の「神々の逆鱗」、2021年の「憤怒の裁判」も見放題です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

黙示録の四騎士8話のまとめ

ナシエンスがドロレスの弟であることが判明し、さらにナシエンスが実験を繰り返す理由は、谷を救うことのようです。

もしかすると、姉・ドロレスも関係しているのでは!?

弟のナシエンスは普通の人間っぽいですし、ドロレスは巨人なのに女神に祈りを捧げていました。

ということは、ドロレスも元々は普通の人間で、何かしらの理由で巨人になった!?

その姉を救うために、ナシエンスが実験をくり返している!?

 

黙示録の四騎士9話のネタバレはコチラになります。

>【黙示録の四騎士】9話ネタバレ!

(3/24更新)