【黙示録の四騎士】5話ネタバレ!パーシバルは黙示録の四騎士で確定!?

【黙示録の四騎士】5話ネタバレ

黙示録の四騎士5話のネタバレになります。

パーシバルに魔力があることが判明し、さらに万人に一人と言われる英雄型!?

魔力を使いペルガルドを倒そうとするパーシバルですが・・・。

 

前回の黙示録の四騎士4話のネタバレはコチラになります。

>【黙示録の四騎士】4話ネタバレ!パーシバルの魔力は英雄型!?

強すぎるペルガルド

ペルガルドを吹き飛ばしたパーシバル。

村人たちは驚き、エルバは、「ひょっとしてあの子・・・勝てるかも!」と言いますが、ドニーは言います。

「エルバ・・・お前マジでそう思うのか・・・?」

 

ペルガルドは言います。

「天晴れだ・・・パーシバル、ますます貴様が欲しくなった!」

「つい先刻(さっき)、魔力が覚醒したばかりにもかかわらず、その操作と抑制の仕方すら感覚で掴もうとしている」

「褒めてやろう、貴様は強い!」

 

嬉しそうに照れるパーシバル。

パーシバルは、「それじゃ勝負は僕の勝ちってことで・・・」と言いますが、ペルガルドは「フン!」と言い、体から魔力を放出して両腕にまとわりついたミニパーシバルを吹きとばします。

 

驚くパーシバル。

ドニーは叫びます。

「黒騎士はおそらく実力の半分も出しちゃいねぇ!」

 

ペルガルドはパーシバルに近づきながら言います。

「だが所詮は経験の浅いヒヨッ子よ!今の貴様に俺は倒せん!さあ行くぞ!」

 

構えるパーシバルですが、ドニーが魔力でペルガルドを宙に浮かせます。

叫ぶドニー。

「早く逃げろパーシバル!奴の言う通り勝ち目はねぇ!」

 

パーシバルは聞きます。

「勝ち目がない・・・って50%くらい?」

 

ドニーは言います。

「バカ野郎!0だ0!」

 

父親の居場所が聞きたいパーシバルですが、「今は退け!力の差がありすぎる!」とドニー。

パーシバルを助ける赤いキツネ

宙に浮き、身動きがとれないペルガルドですが、再び体から魔力を放出し、辺り一帯を吹き飛ばします。

ペルガルドの魔力で周囲の家は燃え、ドニーも負傷します。

 

ドニーを心配するパーシバル。

ペルガルドはパーシバルに近づきながら言います。

「自業自得!男同士の戦いに水を差しおって!」

 

突然、パーシバルの前に現れた赤いキツネ。

赤いキツネは首から水晶のようなものを垂らし、パーシバルの荷物を引きずっています。

 

ペルガルドは言います。

「な・・・なんだ?」

「あ・・・赤いキツネ?」

 

パーシバルはキツネに言います。

「キミ・・・神の指の麓(ふもと)で会った・・・あの・・・それ僕の荷物?」

 

ペルガルドは、「まったく獣まで邪魔をするか!シッシッ」と言い、手で追い払おうとしますが、キツネは尻尾をピンと立て、左右に振ります。

ピタッと尻尾が止まると、丸い玉を掴んでおり、それを見たペルガルドは焦ります。

「それは・・・!ま・・・まて!」

 

玉をペルガルドへ投げるキツネ。

玉は割れ、パーシバル、ドニー、キツネはその場から消えます。

 

ペルガルドは悔しがります。

「あれは呪言の玉、おのれあのキツネ・・・何奴!?」

 

村とは別の場所に移動した三人。

ドノーは、巨大な竜の背骨の上にいることに気づき、言います。

「ここ竜の背骨か!?」

 

ドニーはパーシバルに説明します。

「俺たちがいた村、ペイザンから30マイルは離れた所にある奇山(きざん)だ」

 

パーシバルは急いで村へ戻ろうとしますが、キツネは言います。

「バーカ、せっかく助けたんだ、無駄なことすんじゃねえよ・・・!」

「あの黒騎士の狙いはチビ・・・てめえと勝負の邪魔したそこのロン毛だ」

「てめえらがいなけりゃ村に用はねえはずさ・・・」

パーシバルは黙示録の四騎士で確定!?

キツネが喋ったことに驚くパーシバルとドニー。

キツネは話を続けます。

「よく聞けよチビ、てめえには一緒についてきてもらう、てめえをあいつに奪われるわけにはいかないからな・・・」

 

パーシバルは、「どうして僕が・・・?」と聞きますが、キツネは、「おいおい説明してやるよ・・・」と言い、歩きだします。

 

ペルガルドから父親の居場所を聞き出だしたいパーシバルは、「行かない」と断りますが、「あいつは知らないぜ」とキツネ。

キツネは言います。

「たしかにてめぇらの親父とは同じ一味のようだが・・・!同胞(なかま)の現在地までいちいち把握しちゃいねーよ・・・」

 

怒るパーシバル。

「じゃあ僕に嘘ついたの!?」

 

キツネは答えます。

「てめえと戦う口実が欲しかったんだろチビ、それに負けなけりゃ嘘にはならねえ・・・つまりあいつは勝てる確信があった」

 

キツネを怪しがるドニー。

「怪しいぜこいつ・・・なんでそんな詳しくわかる?」

 

キツネは言います。

「怪しくねぇよ・・・野生の勘だ」

「面倒なのはチビ・・・お前があの黒騎士に目をつけられちまったこと」

 

ドニーは聞きます。

「奴は何者なんだ?とんでもねぇ強さだったぜ・・・!?」

 

キツネは答えます。

「黒騎士(あいつ)はとある邪悪な王に仕え、”黙示録の四騎士”の首を狙う一味の一人」

 

ドニーは、「聞いたことのない名前の騎士団だな」と言い、「存在しねぇんだ、当たり前だろ・・・」とキツネ。

 

「存在しない?お前・・・俺たちをおちょくってんのか・・・!?」とドニーは言い、キツネは説明します。

「今から遠くない未来に現れる・・・そう予言された騎士団だからな」

「俺は奴らと対立する勢力の命令を受けて、ようやくそのうちの一人を捜し出した・・・」

 

パーシバルは驚きます。

「ふお!本当にいたんだ・・・!」

「ねえ・・・どんな人たちなの?」

 

キツネは言います。

「飢餓(きが)、疫病(えきびょう)、戦争(せんそう)、死(し)」

「四つの厄災で世界を滅ぼす四人の聖騎士」

 

ドニーは顔を引きつらせながら言います。

「世・・・世界を滅ぼすって、お・・・大げさすぎ・・・」

「ん?ちょっ・・・まてよ!」

「黒騎士がパーシバルに目をつけたってことは・・・まさか・・・」

 

キツネはパーシバルを見ながら言います。

「そういうわけさ、チビ」

「てめえがその一人だ」

黙示録の四騎士5話の感想

謎の赤キツネがパーシバルを助け、さらに喋り、そしてパーシバルが”黙示録の四騎士”の一人だといいます。

やっぱり!と言った感じですが、キツネが語った四つの厄災、飢餓(きが)、疫病(えきびょう)、戦争(せんそう)、死(し)、シルエットを見る限りではパーシバルは”死”のようです。

 

世界を救うではなく、世界を滅ぼす四人の聖騎士。

ちょっと気になる表現ですよね。

世界を滅ぼし、創りなおす的な感じでしょうか。

”世界を滅ぼす”だけ聞くと、黙示録の四騎士が悪で、ペルガルドたちが正義のような感じですが・・・。

 

キツネはパーシバルをどこへ連れて行こうとしているのか?

今後の展開が楽しみです。

 

黙示録の四騎士6話のネタバレはコチラになります。

>【黙示録の四騎士】6話ネタバレ!

(3/3更新)