【黙示録の四騎士】86話ネタバレ!黒髪少女・ギネヴィアと再会したランスロット

【黙示録の四騎士】86話ネタバレ

黙示録の四騎士86話のネタバレはコチラになります。

捕虜が死んだことでキャメロットへの扉が塞がれた状況。

この重い雰囲気に、パーシバルの一言が空気を一転させ、皆に希望をもたらします。

次号からは本当に皆で旅に出るのか!?

 

前回の黙示録の四騎士85話のネタバレはコチラになります。

>【黙示録の四騎士】85話ネタバレ!ジェリコが捕虜を殺した理由が判明

アンに抱きつくパーシバル

散歩をするパーシバルとアン。

パーシバルは、ナシエンスとドニーのことを伝えます。

ナシエンスはヘンドリクセンに助手の話を断りに行き、ドニーは祖父母孝行をしに行っています。

 

パーシバルはアンに、父親に聖騎士になったことを伝えなくていいのかと聞きますが、アンは、目的を果たしたことを知ると、家に帰ってきなさいと言われそうだと答えます。

 

パーシバルは今すぐにでも皆と冒険に出かけたいと興奮しますが、メリオダスが新しい服や装備品の用意をするため、出発は明日以降になるとアンは言います。

 

アンは、メリオダスが魔人の王様だったことが驚いたと言います。

パーシバルは、メリオダスは聖戦で人間側に立って戦ったため大丈夫だと言いますが、それでも手配書とかけ離れていたことを含め、ショックだとアン。

 

パーシバルは聞きます。

「じゃあ僕が人間じゃなかったら、嫌いになる?」

 

アンは答えます。

「私が言ったこと覚えてないの?普通だろうと普通じゃなかろうと、あなたはあなたよ」

 

パーシバルは、「アンが大好き!」と言い、背中から抱き着きます。

アンはパーシバルを離し、女性に変なことをしては絶対にダメだと注意します。

それに対しパーシバルは、「だって女の子って柔らかくて、気持ち良くて、いいニオイなんだよ?」と、真顔で言います。

 

それでもダメだとアンは言い、パーシバルは絶望した表情で言います。

「僕、女の子を今までずっと見たことがなかったから、つい珍しくて・・・でも、もういいんだ・・・」

 

そんなパーシバルの姿を見たアンは、パーシバルに言います。

「私でよければ、たまには・・・たま~にね、ちょっとくらい触らせてあげる」

 

パーシバルは大喜びでアンに抱きつきます。

 

二人の姿を見たナシエンス。

ナシエンスはショックを受けたかのように荷物を落とします。

イゾルデにリボンをプレゼントするトリスタン

散歩をするトリスタン、イゾルデ、ガヴェインの三人。

子供の姿のガウェインは、イゾルデを口説きますが、イゾルデはトリスタンをずっと見続けます。

 

トリスタンの体調を聞くイゾルデ。

トリスタンは、魔人化の負担が想像以上で、傷は治っても体中が悲鳴を上げていると言います。

 

それを聞いたイゾルデは、自分のためにもう無茶はしないでくださいと言います。

トリスタンは言います。

「ごめんね・・・君があの化け物に倒されるのを見て、つい抑えが利かなくなってしまった・・・」

 

イゾルデは言います。

「私たちはトリスタン様をお守りするためにあります」

「どうか私たちのために危険を冒すような真似は二度となさらぬよう・・・」

 

トリスタンは言います。

「君の気持は嬉しいけど、断っていい?」

「私たちは仲間だ!仲間には上も下もないだろ」

 

トリスタンはイゾルデに言います。

種族も生まれも性格も考え方もバラバラだったが、それでもどんな困難をも克服していった英雄、七つの大罪。

自分も、イゾルデたちと七つの大罪のようにありたいとトリスタンは言い、その場に膝をつき、「仰せのままに!」とイゾルデ。

 

イゾルデが片膝をついたことで、トリスタンはイゾルデの頭にリボンを付け、言います。

「やっぱり君にはリボンが似合うね、とても可愛いよ!」

 

顔を赤くするイゾルデ。

 

二人のやり取りを見ていたガヴェインは、「アホらしい!我は帰ってもう一度寝る」と言い、この場から去ります。

黒髪少女・ギネヴィアと再会したランスロット

階段に座り、ため息をつきながらランスロットは言います。

「俺は一体、何をしてんだ」

「よく考えりゃ、あいつが結局どこのどいつで、どこに寝泊まりしてるかもわかんねえのに」

「どうやって会おうって言うん・・・」

 

その時、ランスロットを呼ぶ声が。

ランスロットを呼んだのは、ランスロットが捜していた黒髪の少女・ギネヴィアです。

 

ギネヴィアはランスロットの腕にしがみつき、言います。

「やっぱり私に会いに来てくれたのね!とっても嬉しい!」

 

ランスロットは言います。

「会いに来るのはわかってた、そうだろ?」

 

「えへ」と笑い、「正解!」とギネヴィアは言います。

 

ランスロットはギネヴィアを背負い、歩きます。

二人は歩きながら会話をします。

「ガウェインには会えたでしょ?」

「ああ」

「それから・・・あなたのお師匠にも!」

「ああ・・・お前本当に何者なわけ?」

「だから言ってるじゃない・・・あなたの恋人よ」

「馴れ馴れしいぞ!」

「照れちゃってかわいい・・・」

 

歩くランスロットの背後には怪しい人影が。

黙示録の四騎士の最新刊が無料で読める!?

黙示録の四騎士の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで黙示録の四騎士の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに、黙示録の四騎士の前作である七つの大罪のアニメも全て「見放題」です!!

 

2019年の「神々の逆鱗」、2021年の「憤怒の裁判」も見放題です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2022年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

黙示録の四騎士86話まとめ

ギネヴィアとの再会を果たしたランスロット。

しかし、二人の背後には怪しい人物が。

この人物は何者なのか!?

 

黙示録の四騎士87話のネタバレはコチラになります。

>黙示録の四騎士87話ネタバレ!

(11/30更新)