【約束のネバーランド】72話ネタバレ!ミネルヴァの正体と顔が判明!

約束のネバーランド72話




約束のネバーランド72話のネタバレになります。

72話で遂にミネルヴァの正体と顔が判明します。さらに既にミネルヴァは死んでいるようです。

これだけでも驚きの真実ですが、前回登場したエレベーターのことや、二つの世界を繋ぐ道のことや72話も濃い内容です。

前から思ってるのですが、約束のネバーランドって出すときは出し惜しみせずガンガン出しますよねw

その方が読者としてはすごく嬉しいんですけどね^^

スポンサーリンク

ミネルヴァの本名

前回は黒電話が鳴ったところで終わりましたが、電話の相手はミネルヴァ本人でした。

しかし、電話の音声は録音だったので会話ではなく電話で音声を聞くといった感じです。

 

ミネルヴァからこのエレベーターが人間の世界へ渡る”道”であることが語られますが、ミネルヴァの腹心の裏切りにより”道”が塞がれたとのこと。

つまり現在はこのエレベーターが使えない。

 

さらにA08-63の集落はミネルヴァが作らせたものでした。

ミネルヴァは”あの子”によって既に潰されているか、あるいは”彼ら”にも知られてしまっているかもしれないので、もう安全ではないだろうと。

 

 

エマはなぜあの集落をミネルヴァが作ったのか疑問に思いますが、ここでミネルヴァの本名が明かされます。

ミネルヴァの本名はジェイムズ・ラートリーです。

1000年前彼らと”約束”を結んだ一族の末裔でした。

 

ミネルヴァは第35代当主として、二世界間の調停役として”約束”を代々受け継いできた。

人間世界の秩序のために食用児にひたすら犠牲を強いる”約束”を1000年間代々と。

 

ミネルヴァは人間の世界のために、自分の職務を放棄することはできないが、一人の人間として食用児に犠牲を強いることに耐えられなかった。

せめて食用児にも自ら未来を選べる”きっかけ”を与えようと、農園の本に細工をしW・ミネルヴァという架空の人物を名乗りました。

約束のネバーランド72話

約束のネバーランド72話

 

ミネルヴァは死んでた

わずかでささいな細工だが、せめて気づいた子達だけでもと安全な隠れ場として集落を作り、そこに誰にも秘密で渡れる抜け”道”を用意したが、その”道”は塞がれ”集落”もおそらく既に使えないだろうと。

そして”あの子”の画策でミネルヴァは一族に命を狙われる身だと言います。

 

現在、2031年5月20日、この録音を聞いている頃には私はこの世にはいないだろうとミネルヴァ。

約束のネバーランド72話

約束のネバーランド72話

 

約束のネバーランド47話でソンジュから現在は2046年とありました。

16年前にミネルヴァはこの音声を録音したということなので、意外と最近でしたね。

 

ミネルヴァは自分はやすやすと殺されるつもりは毛頭ないと言います。

自分の他にも食用児の支援者はいると。

さらに、行き来の”道”はこのエレベーターだけではない。

 

危険だが他にも”道”は複数あり、例えばGF農園、GB、GV、GRとミネルヴァの口からはまさかの農園の名前が。

少なくともこの4つの高級農園の中にある”道”は、ここと違って塞がれることはないと言います。

スポンサーリンク

ミネルヴァの顔

ミネルヴァは”望む未来を叶えなさい”と話します。

もし秘密裏に人間世界へ逃げたければ、支援者を何人か向かわせるのと。

仲間がいるならその仲間とどこかしらの”道”から渡らせることができる。

 

もしこの世界の歪んだ秩序、あの”約束”を壊したければ壊せばいい。

彼らと全面戦争を起こし、その結果二世界が元の狩り狩られる状態に戻っても誰も責めない。

ミネルヴァは自らは壊さないが、食用児が望むならその選択を自分も支援者達も阻まない。

 

さらにミネルヴァは、望む未来がこのどちらでもないならと、三つめの選択肢を伝えます。

 

「七つの壁を探しなさい」

 

ムジカとの別れ際に登場したキーワードです。

 

ここでミネルヴァはもう時間がないと言い、後の詳細は”マーヴィンの寝床”に、これまでの分もこの先の分も渡すべき全てがあると。

ここまでよく頑張ったとの労いの言葉と、健闘を祈るとのメッセージを最後に音声は終了します。

約束のネバーランド72話

約束のネバーランド72話

 

そしてミネルヴァの顔が初めて判明しますが、若くて驚きました。

初老な雰囲気を勝手に想像してました。

 

マーヴィンの寝床

エマはミネルヴァはやっぱり味方だったと感極まった様子。

そして行き来の”道”が、まさか逃げて出た農園にあったなんてと驚きます。

ルーカスはミネルヴァの真意が、食用児への”贖罪”と食用児の”望む未来”だったことを知ります。

 

行き来の方法と”道”がわかり、支援者の存在も知った。

これでGPを出た先、あの子達も他の子供達もあいつも逃げ延びる手立てが見つかったとルーカスは言います。

そして、これでようやく一つの障りもなく密猟場を終わらせられると。

約束のネバーランド72話

約束のネバーランド72話

 

ルーカスのその言葉にエマは何かを感じます。

 

二人は望む未来を手に入れるため、マーヴィンの寝床である引き出しを開けようとするところで終わります。

 

まとめ

前回に続き72話も絶妙の「引き」で終わった約束のネバーランド。

マーヴィンの寝床には何があるのか?

ルーカスの最後のセリフも気になりますよね。

何か決意的なものを感じるのと、あまり良い選択肢ではない匂いがプンプンします。

バカなことを考えるなよルーカス!!って感じですw

 

約束のネバーランド73話のネタバレはこちらです。

>【約束のネバーランド】73話ネタバレ!アダムとノーマンの関係とは?

スポンサーリンク