【ブラッククローバー】186話ネタバレ!エルフのマリーは瞳魔法を使う!




ブラッククローバー186話のネタバレになります。

前回、本物のドロシーがめちゃくちゃ明るくて驚きましたが、そのドロシーの活躍で”幻惑の界”から脱出できたバネッサ達。

ブラッククローバー186話はバネッサ達が”幻惑の界”に連れて行かれた直後に戻ります。

スポンサーリンク

ゴーシュと戦うアスタ達

建物が崩壊し落下するアスタ達ですが、ゴードンが毒呪詛魔法”毒雲の棲家”を使います。

一面毒まみれの状態に「何すんですか」とアスタ。

 

しかし、ゴードンの毒呪詛魔法”毒雲の棲家”をグレイのマジックコンバートで毒から綿に変換します。

綿の上に落ちたことで無事だったアスタ達。

アスタはグレイに感謝しますが、これはゴードンとの連携だと説明するグレイ。

多分アスタは理解していないと思われますw

 

パトリはこの場をドロワ(ゴーシュ)に託し、自分は影の王宮へと向かいます。

それを見たラデスとヴァルトスは空間魔法で追います。

 

チャーミーがいないことで魔力の供給が途絶え、これによりヘンリーが弱ります。

さらには莫大な魔力を身にまとっていたノエルも膝をつきます。

体がまだついてけてないようです。

そしてゾラも残りの魔力ではだいぶ厳しいと言います。

 

厳しそうな様子を見せる黒の暴牛達、しかしリヒト達をこのまま行かせるわけにはいかないとヤミ。

ヤミは黒の暴牛に「今ここで限界を超えろ!!」と叫び

ブラッククローバー186話

 

黒の暴牛も力いっぱい返事します。

ブラッククローバー186話

 

相変わらずの体育会系w

 

そしてヤミとジャックも影の王宮へと向かいます。

スポンサーリンク

エルフのマリーの瞳魔法

この場を任されたドロワ(ゴーシュ)は、気合ではどうにかなるものではないと言います。

そしてエルフが転生したマリーの瞳魔法と自分の鏡魔法で合体魔法を使います。

鏡に映るマリー

ブラッククローバー186話

 

マリーの瞳魔法はその眼を見た者を束縛します。

動きはもちろん魔力も封じられる黒の暴牛達。

 

魔法一つ使えず無抵抗のまま死んで行けとドロワ(ゴーシュ)は言いますが、アスタの滅魔の剣で魔法の効果を消します。

ブラッククローバー186話

 

ドロワ(ゴーシュ)との戦い

ドロワ(ゴーシュ)は再び鏡魔法で攻撃しますが、グレイは変身魔法で鏡を増やし攻撃を防ぎます。

ゴードンは毒魔法で攻撃を防ぎ、ヘンリーも地面を壁にして攻撃を防ぎます。

そしてアスタは滅魔の剣で攻撃を跳ね返します。

ブラッククローバー186話

 

どんだけ強力になってもゴーシュの魔法はよく知っているとアスタ。

変なビームで理不尽に攻撃する姿が、乗っ取られる前と変わってないことにムカついてきたとアスタは言います。

 

これにはゴードンも同意見で、戻ったら口が凄く悪くなると言います。

グレイも、ずっと妹マリーの写真を見たりマリーの模型を作っていると言います。

そんなゴーシュが気持ち悪いとヘンリー。

 

だから痛い目見しててでも元に戻して絶対文句を言ってやるとアスタ、ゴードン、グレイ、ヘンリーは叫びます。

 

そんな四人に、自分達はまだまだこんなものではないとドロワ(ゴーシュ)は言います。

そしてマリーにアレをやるぞと伝えます。

 

ブラッククローバー186話の感想

ゴーシュとの戦いが始まったわけですが、まさかのマリーの瞳魔法が強力でした。

アスタがいなかったらやられていたところですが、それにしてもアスタは相変わらず何でもありです。

見事に魔法の効果を消しましたね。

そんなアスタを目の当たりにしても焦る様子がないドロワ(ゴーシュ)。

むしろ何かを企んでいるようですが一体どのような攻撃をしてくるのでしょうか。

 

ブラッククローバー187話のネタバレはこちらになります。

>【ブラッククローバー】187話ネタバレ!ゴーシュとマリーが強い!

スポンサーリンク