【七つの大罪】298話ネタバレ!マエル vs ゼルドリス




七つの大罪298話のネタバレになります。

太陽の恩寵が戻りゼルドリスと原初の魔神の前に現れたマエル。

この場にはマエルだけではなく、キング、ディアンヌ、ゴウゼル、エリザベスもいます。

状況的には七つの大罪側が有利に見えますが・・・。

スポンサーリンク

七つの大罪の意志と覚悟

マエルの登場に「生きていたんだな・・・!!」と涙を流すリュドシエル。

マエルはゼルドリスに言います。

自分には聖戦を引き起こした責任の一端があるが、決して戦うために来たわけではない。

そして、メリオダス魔神王化の阻止に目をつぶり、ブリタニアから魔神軍を撤退させると約束してくれるなら自分は一切手出ししないと。

 

メリオダスの魔神王化阻止、この言葉に「メリオダスを魔神王にしてはなならない」と原初の魔神は考えます。

が、すぐにこれがキューザックの意識であることを理解した原初の魔神は、頭を振ってキューザックの意識を消そうとします。

そのままマエルへと飛びかかる原初の魔神。

 

太陽で反撃するマエルですが、マエルの太陽を飲み込もうとする原初の魔神。

マエルが”偉大なる太陽(グレイテスト・サン)”と言うと、太陽は巨大化し大きな爆発を起こします。

七つの大罪298話

 

本家の”太陽”に驚くエスカノール。

 

太陽の魔力に皆が驚きますが、全く動じないゼルドリス。

自分にはいかなる攻撃魔法も効かないと余裕の表情を見せ、これが自分の答えだと言いマーリンを攻撃します。

七つの大罪298話

 

リュドシエルがマーリンを守りますが防ぎきれません。

ゼルドリスの攻撃がマーリンを襲いますが、マーリンを守る七つの大罪とエリザベス + ホーク。

 

エリザベスは、これが自分達の意志と覚悟と言います。

スポンサーリンク

マエル vs ゼルドリス

エリザベスはマーリンに呪文完成までどれくらいなのかを聞き、5分と答えるマーリン。

あと5分で繭の時間を停止させられると。

 

邪魔されたことに苛立ちを見せるゼルドリスですが、マエルは背後からゼルドリスに近づき、ゼルドリスを捕まえ地面に叩きつけます。

地面に叩きつけられたゼルドリスですが、「凶星雲(オミノス・ネピュラ)」を使い全員を引き寄せます。

 

ゼルドリスに引き寄せられたマエル。

ゼルドリスはマエルを剣で攻撃しますが、ゼルドリスの剣が熱で溶けます。

 

マエルは、「太陽」の爆発的な力を体の表面だけではなく内側にも張り巡らせることで、ゼルドリスの剣を溶かしました。

これで「魔神王」と「凶星雲」に攻撃を阻まれることがなくなったマエル。

 

5分間、ゼルドリスを抑えこめば自分の勝ち、5分以内に自分を倒せたのならゼルドリスの勝ちだとマエルは言います。

そして2人は肉弾戦をはじめます。

七つの大罪298話

 

七つの大罪298話の感想

本家の太陽は流石と言った感じです。

ゼルドリス相手に終始優位な状況でした。

さらに最後は肉弾戦となり、まだ始まったばかりですがやはりマエルが圧倒している感じがあります。

 

七つの大罪には覚醒したキングもおり、しかも時間も5分間なので、だいぶ有利な状況にも見えますがまだ一波乱あるのでしょうか。

とはいえ、魔神族側はネタ切れのような気もするのですが・・・。

 

マエルの風貌ですが、個人的にはまだエスタロッサのイメージが強いので、ゼルドリスと戦っていると兄弟喧嘩に見えてしまうw

 

七つの大罪299話のネタバレはこちらになります。

>【七つの大罪】299話ネタバレ!メリオダスが魔神王として復活

スポンサーリンク