【七つの大罪】332話ネタバレ!メリオダスが真の姿(魔力)で魔神王を消滅

七つの大罪332話のネタバレになります。

メリオダスは、<七つの大罪>合技”不倶戴天(ふぐたいてん)”を魔神王に放ち、遂に魔神王を倒しました。

これで戦いは全て終わったかに思われましたが・・・。

なぜ魔神王だけを倒せたのか

魔神王に合技”不倶戴天(ふぐたいてん)”を放ったメリオダス。

山のように大きかった魔神王は塵となり崩れ去っていきます。

巨大な魔神王が消えたかわりに、巨大な黒い渦が発生し辺り一帯に強烈な衝撃が起こります。

 

キングは真・霊槍シャスティフォル第八形態「花粒園(バレンガーデン)」で七つの大罪を包みますが、エリザベスは吹き飛ばされます。

エリザベスのところへ岩が飛んできますが、メリオダスが間一髪で守ります。

 

ゼルドリスも吹き飛ばされ、ゲルダがゼルドリスの名前を叫び探します。

上からゲルダを呼ぶゼルドリス。

ゼルドリスを助けたのは四大天使のマエルでした。

助けられたゼルドリスは、マエルに、余計な世話だと言います。

 

キングの「花粒園(バレンガーデン)」から開放された七つの大罪。

皆、マーリンの魔法により限界以上の力を引き出した反動で力が入りません。

 

そんな中、キングはバンに、結婚はどうやってするのか聞き、アホと答えるバン。

アホと言われたキングは、自分は仮にも義理の兄だと言い返しますが、本当に最悪だとバンは答えます。

二人につまらない喧嘩をしないよう注意するディアンヌ。

 

ゼルドリスは、なぜ七つの大罪の合技がブリタニアを消すことなく、魔神王だけを討つことができたのかをメリオダスに聞きます。

答えはこれさと、メリオダスが指差す方には水の塊があります。

 

無限の魔力を湛(たた)える魔力の湖で、これが余った力を全て吸収したと説明するメリオダス。

地形を失いながらも存在する湖を、奇妙な光景だとゼルドリスは言います。

 

戦いの最中でよく即座に判断できたなとゼルドリスは言い、それもマーリンの助言のおかげだとメリオダス。

それを聞いたゼルドリスは、どこまでも食えない女だと言います。

戒禁が消えない!?

魔神王を倒した七つの大罪ですが、ディアンヌが戒禁を発見します。

魔神王を倒したのに戒禁が消えていないことに、仮にも相手は神、倒すことはできても滅ぼすとなれば一筋縄ではいかないとマーリン。

 

とはいえ、数百年は元の力を取り戻せないとマーリンは言いますが、数百年なんてすぐだとディアンヌが言えば、キングも頷きます。

すかさずバンが、すぐじゃねーだろとツッコミますが・・・。

 

マーリンは、滅ぼす方法がないわけではないと言い、メリオダスに聞きます。

メリオダスは「ああ」と答え、ゼルドリスに離れるよう言います。

 

体に力を込め、真の姿になるメリオダス。

306話で「永劫の生」と「永劫の輪廻」の呪いを解くために使った真の魔力、その時の姿になります。

>【七つの大罪】306話ネタバレ!エリザベスとメリオダスの呪いが解けた!

 

ちなみに、メリオダスの全反撃(フルカウンター)は、師匠・チャンドラーに教わった力で、メリオダス固有の魔力はずっと目覚めていませんでした。

しかし、煉獄から脱出する際、真の魔力に目覚めました。

>【七つの大罪】285話ネタバレ!メリオダスが真の魔力に目覚める

 

メリオダスの姿と魔力に、信じられないと驚くゼルドリス。

魔神王と同等、いや、それ以上だと言います。

 

メリオダスは、この力を全てブチ込んで魔神王ごと消滅させると言い、再び辺りに衝撃が走ります。

二つの魔神王の力が強く共鳴し、これはその余波だとゴウセルは言います。

 

そのまま戒禁を消滅しようとするメリオダスですが、ゼルドリスはメリオダスの腕を掴み止めます。

メリオダスが真の姿で魔神王を消滅

メリオダスを止めてゼルドリスは言います。

この力があれば魔神王(父上)の代りにと言ったところで、「ああ・・・できるぜ」と答えるメリオダス。

 

魔神王同様に魔界を恐怖で支配することができるとメリオダスは言いますが、それは自分の望みではないし、ゼルドリスの望みでもないだろうと。

ゼルドリスの望みはゲルダと暮らせる平穏な魔界を作ることだろう?とメリオダス。

 

その言葉に、ゼルドリスは手を離し、そうだなと納得します。

自分達が求めたのは力ではないと。

 

メリオダスは魔神王の最後の言葉を思い出します。

(光と闇の時代が終わり、訪れるのは・・・わかるな・・・?)

 

魔神王の言う通り、これからどんな時代が来ようとも、自分達と自分達の意志を継ぐ奴らが抗い続けてやるよとメリオダスは言い、戒禁(魔神王)を消滅します。

 

全て終わったなとゼルドリスは言い、「おう・・・」と答えるメリオダス。

今日は祝い酒だとメリオダスは言い、ゼルドリスを誘います。

 

誘われたゼルドリスは、群れるのはゴメンだと言い、メリオダスも無理には誘わない言いますが、サシ飲み(一対一)なら考えてやらんでもないと答えます。

もちろん、兄者(メリオダス)のおごりでなと。

 

それを聞いたメリオダスは、ゼルドリスの肩に腕を回して笑顔を見せます。

七つの大罪のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

七つの大罪のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで七つの大罪の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに七つの大罪のアニメも全て「見放題」です!!

 

2019年の新シリーズ、「神々の逆鱗」も見放題です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

七つの大罪332話の感想

戒禁を消滅し、これで完全に決着がつきました。

メリオダスとゼルドリスも和解し、本当に良かったです。

気になるのは、魔神王の最後の言葉です。

(光と闇の時代が終わり、訪れるのは・・・わかるな・・・?)

 

これは一体何を意味するのか。

そしてエスカノールはこのまま死んでしまうのか?

次号のタイトルは、”傲慢と暴食と傷跡”とのことで、エスカノール(傲慢)とマーリン(暴食)の話になりそうです。

 

七つの大罪333話のネタバレはコチラになります。

>【七つの大罪】333話ネタバレ!エスカノール死亡!最後はマーリンとキス

(11/20更新)