【七つの大罪】299話ネタバレ!メリオダスが魔神王として復活




七つの大罪299話のネタバレになります。

前回、マエルとゼルドリスの戦いとなり、マエル優位の状況でした。

299話でもマエル優位の状況は変わらず、遂にマーリンの禁術”時の棺(クロノ・コフィン)”が発動し、女神族と人間の勝利と思われましたが・・・メリオダスが魔神王として復活してしまいます。

スポンサーリンク

焦るゼルドリス

マーリンの禁術”時の棺(クロノ・コフィン)”の発動まで残り三分を切りました。

マエルはゼルドリスに、この無益な戦いに幕を引くよう言います。

偽りの記憶だったとはいえ、一時は兄弟だったのだから話し合えば必ずわかり合えると。

 

ゼルドリスは、エスタロッサが聞いたら一笑に付すだろうなと言い、折れた剣を魔力で代用します。

七つの大罪299話

 

マエルも掌に魔力を集めて迎え撃ちます。

七つの大罪299話

 

再び二人の激しい戦いとなります。

 

“時の棺(クロノ・コフィン)”の発動まで残り二分、ゼルドリスは焦ります。

 

マエルの攻撃で吹き飛ぶゼルドリスに、「冷静沈着なキミらしくない」とマエルは言います。

メリオダスを魔神王にしてまで聖戦の勝利を手に入れたいのかと。

 

「なんとでも言え・・・!!」

 

そう言うとゼルドリスは一瞬でマエルの背後にまわり、「兄(メリオダス)がそれを望み、自分も望んだ」と言い、激しくマエルを攻撃します。

ゼルドリスのあまりの鬼気迫る気迫におされるマエル。

そして遂にゼルドリスの攻撃がマエルに当たり胸を斬られるマエル。

 

“時の棺(クロノ・コフィン)”の発動まで残り一分。

 

ゼルドリスは無数の斬撃でマーリンを攻撃しますが、キングが皆を守ります。

 

悔しがるゼルドリス。

さらに激しく、破れかぶれに攻撃を繰り出すゼルドリス。

 

目は血走り別人のようなゼルドリスに、マエルは聞きます。

「何がキミをここまで縛っている?」

「何がキミをこうまで駆り立てる?」

 

そしてゼルドリスを背後から攻撃し倒れるゼルドリス。

 

しかしそれでも立ち上がるゼルドリス。

ゼルドリスの頭の中にはメリオダスとの約束である、恋人ゲルダのことしかありません。

 

ここで時間となり”時の棺(クロノ・コフィン)”が発動します。

スポンサーリンク

“時の棺(クロノ・コフィン)”発動

“時の棺(クロノ・コフィン)”が発動し繭の時間が止まります。

七つの大罪299話

 

その証拠に繭の近くにいた鳥が止まっています。

 

その場に倒れるゼルドリス。

聖戦が終わったことを喜ぶ七つの大罪。

 

リュドシエルとマエルは再会を分かち合います。

 

片膝をつくマーリン。

流石のマーリンも禁術はこたえる言います。

 

エリザベスは姉であるマーガレットのこと、そしてギルサンダーのことをヘンドリクセンに感謝します。

なぜエリザベスがそのことを?とヘンドリクセンは聞きますが、キングの霊槍でずっと見ていたとエリザベスは答えます。

その言葉にキングを探すヘンドリクセン。

 

確かに今のキングは別人ですw

スポンサーリンク

メリオダスが魔神王になる

ホークは繭の上を旋回します。

皆がメリオダスのために苦労したのだから、さっさと元に戻れとホーク。

そしてエリザベスの呪いが発動するまであと一日しかないと。

 

その時、ホークは繭の中身が空っぽなことに気づきます。

そして、全員の顔が凍りつきます。

 

「メリオダス・・・あなたなの・・・?」

 

エリザベスが聞きます。

 

ゼルドリスは倒れながら

 

「・・・約束は果たしてもらうぞ」

 

と言います。

 

そこには十の戒禁を吸収し、魔神王として復活したメリオダスの姿が。

 

七つの大罪299話

 

七つの大罪のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

七つの大罪のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで七つの大罪の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに七つの大罪のアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

七つの大罪299話の感想

マーリンの禁術”時の棺(クロノ・コフィン)”が発動しましたが、時すでに遅しといった感じでした。

キングやマエルの顔も凍りついたことから、メリオダスの魔神王としての力が伺えます。

 

それにしても299話のゼルドリス、今までとは別人のように感情を出していましたね。

恋人を想う気持ちに種族は関係ないと実感しました。

 

そしてマエルとの再会を喜ぶリュドシエルを見て、もう誰も聖戦にこだわっていないのでは?と。

ゼルドリスも聖戦の勝利というより、恋人ゲルダが救われればそれでいいといった感じでした。

あれだけ聖戦の勝利を求めていたリュドシエルも、マエルが生きていることがわかり、さらに再会も果たせて満足なのではと思ってしまいました。

 

メリオダスが魔神王として復活し、形勢は一気に逆転。

ここでバンの登場となるのでしょうか。

 

七つの大罪300話のネタバレはこちらになります。

>【七つの大罪】300話ネタバレ!魔神王復活とバン登場!

スポンサーリンク