【七つの大罪】231話ネタバレ!メリオダスとエスカノールの最強対決!




七つの大罪231話のネタバレになります。

メラスキュラの「暗澹(あんたん)の繭」から出るため、極限まで魔神の力を解放した結果、十戒を統率していた頃に戻ってしまいます。

メリオダスを止めるため、傲慢のエスカノールが対峙し、最強 vs 最凶の一戦が始まろとしています。

それにしても身長差がすごいw

スポンサーリンク

最強 vs 最凶

エスカノールと対峙したメリオダスは「すこぶる機嫌が悪い」ので、口の聞き方には気をつけろと言います。一方のエスカノールは「すこぶる上機嫌」と答えます。

エスカノールがすこぶる上機嫌な理由は、<傲慢>である自分が、<憤怒>のメリオダオスより強いと証明できるからだと。そして神斧を振り下ろすエスカノール。

 

メリオダスはエスカノールの斧を片手で防ぎ、「人間が魔神に勝てるとでも?」と言いますが、エスカノールは「当然です」と神斧を振り続けます。

 

エスカノールの目が怖いw

 

メリオダスはエスカノールの怖い目に膝蹴りを食らわせ、剣で攻撃しますが神斧で防御するエスカノール。

メリオダスの猛攻を神斧で防御するエスカノールでしたが、遂にメリオダスの剣がエスカノールを貫きます。

 

吐血するエスカノール。

“完璧なる立方体(パーフェクトキューブ)” の外から、メリオダスが止まることを祈るように見つめるエリザベス。

エスカノールはメリオダスの顔を片手で握り潰そうとしますが、「気安く触るな」とメリオダス。そしてエスカノールにトドメをさします。

 

地面に倒れるエスカノール。

 

エリザベスはマーリンに、自分がなんとかしてみせるので“完璧なる立方体(パーフェクトキューブ)” を解くように言います。

マーリンは今のメリオダスは暗黒の魔力を抑制できず、精神も記憶も蝕まれた状態。この状態で“完璧なる立方体(パーフェクトキューブ)” を解放すれば、全員殺されると答えます。

 

他に止める方法があるのかと聞くホークに、マーリンは「じきに正午だ」と言います。

スポンサーリンク

エスカノールの闘級

起き上がったエスカノールに、「なまじタフだと地獄を見るぞ」と忠告するメリオダス。

傷口が自然に塞がったエスカノールは、メリオダスの強さを認めざるを得ないと言い、「この我の次に」と傲慢っぷりを見せますw

 

エスカノールの罪状はまだ明らかにされていませんが、もうこの「傲慢」な態度だけで十分罪状として成り立つ気がしますw

 

ホークはエスカノールの闘級に驚き、魔眼が壊れているのではと疑います。

現在のエスカノールの闘級は11万4000!!

 

エスカノールは「驚いて我の変化に声も出ないか?」とメリオダスに問い、そのまま「微塵切り(スーパーフラッシュ)」を繰り出します。

 

が、全く効いてる様子がないメリオダスはエスカノールにワンパン。

 

その場に膝をつくエスカノールに、「口調が変わっただけかよ」と圧倒的な強さを見せます。

 

まとめ

正午になるにつれ闘級が上がるエスカノール。

傲慢なのも頷けるほどの強さを見せますが、その上をいくメリオダス。しかも圧倒的な上を行きます。

これが十戒統率者時代のメリオダスの強さなんですね。

 

今週号のマガジンでは七つの大罪は一挙2話公開となっています。

気になる続きがすぐに読めるのがすごく嬉しいです^^

スポンサーリンク



2 件のコメント

  • 未だに完結出来ず迷走してンのか
    。大雑把なバトルとインフレがウゼー。