【ブラッククローバー】188話ネタバレ!魔力吸収体質のヘンリー




ブラッククローバー188話のネタバレになります。

エルフが転生したゴーシュ、マリーと戦うアスタ達。

ゴーシュの鏡魔法とマリーの瞳魔法の相性があまりにも良く苦戦します。

ここでヘンリーは、ゴーシュやマリー、そしてアスタ達を助けるため死を覚悟します。

スポンサーリンク

魔力吸収体質のヘンリー

ブラッククローバー188話は、ヘンリーの魔力吸収体質の話からはじまります。

多くの魔道士が自身の身体を魔力によって強化して戦うのと同様に、ヘンリーは魔力によって生命を維持しています。

ヘンリーの内臓はおろか、血管、筋肉の一切はそれのみでは虚弱で、魔力を消費しなければ生きられません。

 

ヘンリーは名のある貴族に生まれましたが、その存在はあまりに脆く、家や世界はありのままのヘンリーを受け入れませんでした。

階級社会の歪な愛がヘンリーに与えたのは、魔力を蓄えさせ被害を最小限にする森の中の家だけでした。

この家が黒の暴牛のアジトになります。

 

みんなが来るまでずっと自分は死んでいたとヘンリー。

この命はみんなにもらったもの。

だから自分はどうなってもいい。

必ず仲間を助け出すと決意するヘンリー。

 

ブラック化して戦うアスタですが、強力な魔力を追尾していることがゴーシュにバレてしまいます。

上空に大きなミラーボールを出し、周りの鏡に反射させることでアスタに上空を飛び回らせます。

ブラッククローバー188話

 

さらにはマリーの瞳が映った鏡まで用意します。

ブラッククローバー188話

 

アスタを助けに向かったヘンリーが操縦するミニ暴牛号。

ブラックが解除となったアスタはミニ暴牛号に突っ込み、ヘンリー達と合流します。

スポンサーリンク

死を覚悟するヘンリー

アスタを助けたミニ暴牛号ですが、ゴーシュの大量のビームを受けます。

グレイはマジック・コンバートでミニ暴牛号をミラーミニ暴牛号にします。

ブラッククローバー188話

 

これでゴーシュの攻撃を反射させることができるようになりましたが、魔力の噴出口までは鏡ではないため、ゴーシュは噴出口を集中的に攻撃します。

 

ここでヘンリーは、アスタ達をミニ暴牛号から出し、自分だけゴーシュに飛び込みます。

仲間を救うため、死を覚悟するヘンリー。

ブラッククローバー188話

 

アジトの外では魔力吸収のタカが外れるヘンリー。

これはヘンリーの魔法ではないので、瞳魔法では防げない。

しかし、ゴーシュの魔力はそれ以上で、ヘンリーの魔力吸収でもグラつきません。

 

ゴーシュはヘンリーを攻撃します。

ここで死んでも構わないとヘンリー。

この隙きをついてアスタ達がゴーシュを止めてくれることを期待します。

 

本当は生きたいヘンリー

死を覚悟し、あとはみんなに託そうとするヘンリーですが

 

ブラッククローバー188話

 

アスタの声に、はじめてアスタが部屋を訪問してきた日のことを思い出すヘンリー。

そして、死にたくない、仲間と一緒に生きたいと涙を見せます。

 

「一緒に生きよう・・・!」

 

ボソッとささやくゴードン。

 

ゴードンはミラーボールを毒魔法で覆います。

アスタは断魔の剣をヘンリーへ投げますが、剣はグレイが変身した姿で途中で変身を解除しヘンリーを助け出すグレイ。

そしてアスタは3回目となる最後のブラックになり、ゴーシュとマリーを断魔の剣で斬りつけます。

 

ブラッククローバー188話の感想

死を覚悟していたヘンリー。

ヘンリーとしては黒の暴牛が来るまでは死んだ状態でしたが、みんなが来たことで生かされた。

みんなに生かされた命なら、みんなのために使っても惜しくはないと考えていましたが、本心は仲間と生きたい。

そしてそんなヘンリーにアスタ、グレイ、ゴードンが応えます。

あとはゴーシュとマリーが元に戻るだけですが・・・上手くいくのでしょうか。

 

ブラッククローバー189話のネタバレはこちらになります。

>【ブラッククローバー】189話ネタバレ!ゴーシュとマリーが人間に戻る!

スポンサーリンク