【ブラッククローバー】204話ネタバレ!魔神の正体はリヒトだった




ブラッククローバー204話のネタバレになります。

前回、初代魔法帝が復活し、ネロの正体が可愛い女の子であることが判明しました。

二人は悪魔のもとへ向かいますが、204話はネロの回想となり、そこで魔神の骨の正体がリヒトであることが判明します。

スポンサーリンク

ネロの本名はセクレ

悪魔のもとへ向かう初代魔法帝とネロ。

ネロは、もう二度と繰り返させない・・・あの時のようなことはと決意します。

 

ここでネロの回想となります。

500年前の王宮。

 

“物を開け閉めするだけ”の魔法は役に立たないと、貴族ながら奉公人として任官されたネロ。

遣わされた先は王族の中でも傑出した才能と魔力を持つ、異端の王子でした。

 

どんな偉そうな人だろうかと考えるネロですが、実際に対面した王子は予想と違いました。

ブラッククローバー204話

 

王子がネロをセクレと呼んでいることから、ネロの本名がセクレと判明しました。

 

セクレが封緘(ふうかん)魔法の持ち主であることに、珍しい!!素晴らしい!!と興奮する王子。

どう役立ってもらおうかな!考えただけでワクワクするね!と王子は言います。

 

王子はセクレに言います。

今、僕は魔法の道具をつくってるんだ。

君の魔法は絶対役に立つよ!

 

魔道具の発明。

魔力や魔法属性に恵まれない人もいろんな魔法を使えるように、より平等な社会のために。

 

セクレは王子の魔法の道具づくりを手伝います。

王子のその進歩的な人柄を、家族の中にはよく思わない人もいたが、そんなことは意に介さず自分の理想を絶対に曲げない真っ直ぐで強い方。

これがセクレの王子への印象です。

スポンサーリンク

初代魔法帝とリヒト

王子が妹のテティアと隠れて外出することが多くなり、ある日セクレはあとをつけます。

王子とテティアはマナに恵まれた異種族、エルフと交流していました。

 

とてつもない魔力と才能、同じ思想と理想、同じ四つ葉のグリモワール。

エルフの長リヒトは王子に初めて出来た対等な友人でした。

 

魔力を貯め込み、分け与える魔道具に、異界と繋がり魔法を増幅させるエルフの魔石。

エルフとの交流で人間だけではなく、二つの種族が平和・平等に暮らすための魔法と魔道具の技術が少しずつ実現に近づいていきました。

 

リヒトは王子と親友で、家族にもなるはずでした。

テティアの婚礼の日、王子は父上から王宮に呼び出されたため、遅れることをテティアに伝えます。

父上も今は反対しているが、きっとわかりあえて祝福してくれると王子はテティアに言います。

 

しかしこの時、すでに「ヤツ」の掌の上だったとセクレは回想します。

スポンサーリンク

魔神の正体はリヒト

王宮へ向かった王子。

そこには父上を含め誰もいません。

 

「いましめなさい」

 

悪魔がそう言うと体を拘束される王子。

そこに現れたのは大臣でしたが、正体は悪魔です。

 

父上達がどこにいるのか聞く王子ですが、「さぁ?」と悪魔。

王国の姫君に・・・ひいては国に害なす異種族を滅ぼしにでも行っているのでは?

エルフ達は驚くでしょうね、アナタ以外、知らない秘密の式場に人間の暴力と欲望が押し寄せるのだからと悪魔は言います。

 

グリモワールと肉体が手に入ったらまた相手をしてあげますと悪魔は言い、この場から消えます。

 

身動きがとれない王子ですが、そこへセクレが現れます。

セクレは封緘魔法「逆解(さかとき)」で王子の拘束を解きます。

 

二人は急いで式場へ向かいますが、既に王子たちがつくった魔道具が使われています。

王子が駆けつけたときには無数の死体があり、その上にはテティアを抱いたリヒトの姿が。

しかも横には悪魔がおり、リヒトが持っているグリモワールは五つ葉になっています。

ブラッククローバー204話

 

王子に気づいたリヒトは言います。

「やはり・・・君では・・・なかったんだな」

「すまない・・・一瞬だけ・・・君を疑ったことを許してくれ」

 

心を持ち直した王子。

悪魔は体を明け渡せと迫りますが、体から光を放つリヒト。

 

リヒトは続けます。

「私達の信じた未来の・・・君は希望だ・・・」

「私は今・・・恐ろしい負のマナに満たされている・・・」

「もう自由が・・・利かないんだ・・・このままではその悪魔に・・・!」

「邪な存在に魔法と体を明け渡さぬために・・・負の魔力を更にこの身に・・・」

 

悪魔はリヒトが何をやろうとしているのか気づきます。

「魔石・・・!最上級禁術魔法で肉体を・・・!?」

 

リヒトは王子に言います。

「すまない・・・私の最後の頼み(ワガママ)だ・・・」

 

リヒトにやめるよう叫ぶ王子ですが、これを叶えられるのは君しかいないとリヒトは言います。

そして、「ルミエル(王子)、私を殺してくれ・・・」そう言うとリヒトは魔人化します。

 

ブラッククローバーのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ブラッククローバーのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでブラッククローバーの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにブラッククローバーのアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ブラッククローバー204話の感想

英雄ルミエルと魔神リヒト。

魔神の骨の正体はリヒトでした。

そしてその魔神を倒したのがルミエルで、魔神を倒したことで初代魔法帝になったということですかね。

次号では壮絶な戦いが描かれるのでしょうか。

 

ブラッククローバー205話のネタバレはコチラになります。

>【ブラッククローバー】205話ネタバレ!初代魔法帝とアスタが共闘!?

スポンサーリンク