【七つの大罪】314話ネタバレ!全ての元凶は魔神王と最高神の諍い




七つの大罪314話のネタバレになります。

魔界への旅立ちを決めたメリオダスとエリザベスでしたが、エリザベスの呪いが復活し、束の間の平穏は崩壊しました。

原因は、ゼルドリスを依り代に蘇った魔神王で、前回、その魔神王を倒すべくエリザベスと共に魔神王と対峙したメリオダス。

314話では遂に対決となります。

スポンサーリンク

全ての元凶は魔神王と最高神の諍い

魔神王と対峙するメリオダスとエリザベス。

二人が対峙することで大気が荒れます。

 

魔神王は、この世に二人の魔神王は要らないと、大気が猛っていると言いますが、メリオダスは魔神王は一人も要らないと反論します。

さらにメリオダスは、全ての元凶は魔神王と最高神のくだらない諍いで、三千年経った今もまだそれは続いていると言います。

 

一体、どれほどの涙と血が流れていったか知っているか?

一体、どれほどの命が消えていったか考えたことがあるか?とメリオダスは聞きますが、愚問だと魔神王。

いちいち路傍の石ころや砂粒に思いを馳せるのか?と魔神王はメリオダスに聞きます。

 

メリオダスは言います。

自分は魔神王に命令されるがままに無意味な戦いを繰り返していた。

何も感じず、何も考えないで石ころ同然に。

 

しかし、エリザベスが自分の世界を一変させた。

七つの大罪314話

 

それから出会った大勢の仲間達、七つの大罪が自分達をここまで辿り着かせてくれた。

七つの大罪314話

 

神々(てめえら)に運命を弄ばれた奴ら、運命を狂わされた奴ら

七つの大罪314話

 

運命に抗い死んでいった奴ら、運命に打ち克った奴ら。

七つの大罪314話

 

そのすべての想いを魔神王(てめえ)にぶつける、覚悟しろ!

メリオダスはそう言うと拳を握ります。

スポンサーリンク

メリオダスの想いを込めた一撃

遂にメリオダスと魔神王の対決となります。

二人のもとに雷が落ちてきた瞬間、勢いよく飛びだすメリオダス。

 

メリオダスは魔神王に殴りかかりますが、メリオダスの手首を掴んで攻撃を防ぐ魔神王。

魔神王もメリオダスを殴りますが、魔神王の拳を受け止めるメリオダス。

 

互いが互いの攻撃を受け止めるメリオダスと魔神王ですが、その衝撃で湖の水が飛び跳ね、落ちてきた雷は二人が激突した衝撃で辺りに飛び散ります。

 

メリオダスの攻撃を受け止めた魔神王は、「この程度か?その想いとやらは」と言いますが、ここからメリオダスは力を込め強烈な一撃を魔神王の顔面に食らわせます。

 

紡いだ記憶が、築いた友情が、メリオダスの拳に力を宿し、悲劇の連鎖に終止符を打つ。

次号、最終戦争に続きます。

 

七つの大罪のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

七つの大罪のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで七つの大罪の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに七つの大罪のアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

七つの大罪314話の感想

遂にメリオダスと魔神王の最後の戦いが始まりました。

それにしても、314話は見開きの多さに驚きました。

この見開きの多さが、これが最後の戦いというのを物語っている感じではありましたが。

今のメリオダスなら、完全体ではない魔神王を簡単に倒せそうな気がしますが・・・そう上手くは行かないのですかね。

 

七つの大罪315話のネタバレはコチラになります。

>【七つの大罪】315話ネタバレ!バンが神器を取り戻した!

スポンサーリンク