【七つの大罪】330話ネタバレ!魔神王との最後の戦いへ




七つの大罪330話のネタバレになります。

前回、精神世界でゼルドリスが魔神王を倒しました。

それにより、ゼルドリスの肉体から戒禁が引き剥がされ、依り代を失った魔神王。

いよいよ最後の戦いへと向かいます。

U-NEXT

ゼルドリスが復活

ゼルドリスの体から戒禁が引き剥がされ、魔神王は苦しそうな声をだします。

そして遂に、戒禁は完全に引き剥がされ、ゼルドリスはもとに戻ります。

 

引き剥がされた戒禁(魔神王)は、再びゼルドリスを依り代にしようと手の形をした影を伸ばします。

それに気づいたゲルダは手を伸ばしますが、魔神王の方がひと足早くゼルドリスに届きます。

 

またもや魔神王の依り代にされそうなゼルドリスでしたが、バンが「強奪(スナッチ)」でゼルドリスを奪います。

ゼルドリスをゲルダに渡すバン。

 

良かったと安心するエリザベス。

ゲルダも皆に感謝します。

 

ゲルダに抱かれたゼルドリスは目を覚まします。

目の前にはメリオダスの姿が。

 

ゼルドリスに、やったなとガッツポーズをするメリオダス。

お前は親父に勝ったんだとメリオダスはゼルドリスに言います。

 

ゼルドリスは、当然だと言い、照れくさそうに顔を背けますが、背けた先にはゲルダの胸が。

ゲルダの胸に顔を埋める形となったゼルドリスに、お前は相当なおっぱい好きだなとメリオダスは言い、違うと顔を赤らめるゼルドリス。

スポンサーリンク

大地を依り代にする魔神王

依り代を失った魔神王(戒禁)は、怒り狂いながら上空へ飛んで行きます。

戒禁は上空で分離しブリタニア中に飛び散ります。

 

堕ちた戒禁は、植物、動物、大地、岩、山と手あたり次第に取り込んでいきます。

エスカノールはマーリンに魔神王の目的を聞きます。

メリオダスとゼルドリスに拒絶され、ブリタニアの大地そのものを自らの依り代にするつもりだと答えるマーリン。

 

ブリタニアの大地を依り代にした魔神王は、巨大な山のような姿になり、これまでにないほどのおぞましい形をしています。

 

母親の上に乗り決戦の場へ急ぐホーク。

英雄ホーク様が到着する前に、七つの大罪がやられてしまうことを心配するホークは、母親に急ぐよう言います。

が、魔神王の姿を見て、今すぐ引き返すよう叫びます。

 

ドルイド族の長、ジェンナとザネリの双子の姉妹にも魔神王の姿が見え、メリオダスに逃げるよう言います。

リオネス城でもギルサンダー、ハウザー、グリアモール、そしてリオネス王もこの世の終わりを覚悟し、妖精族、ドレファス、ヘンドリクセン、誰もが魔神王には勝てないことを悟ります。

スポンサーリンク

魔神王との最後の戦い!?

ブリタニアに住む者共の恐怖に歪んだ表情が目に浮かぶと魔神王。

全ては罪深き七つの大罪の愚行が招いた結果、戦慄(わななけ)、諦観(ていかん)せよ、魔神王に刃向かった罪は何よりも重いと魔神王は言います。

 

しかし、七つの大罪の表情を見た魔神王は、なんだその表情は?と聞き、ゼルドリスは、もはや父上に勝ち目はないと言います。

巨大なおぞましい姿となった魔神王。

その魔神王と対峙する七つの大罪ですが、七人の表情には余裕の笑みすらあります。

 

みんながいるから怖くないとディアンヌ。

この後、予定(結婚)が入っているんだとキング。

しつこいオヤジは嫌われるぞとゴウセル。

だいぶ体が崩壊しいるぞ?とマーリン。

おこがマックスとエスカノール。

さっさとぶっ倒そうぜとバン。

 

みんな、行くぞ!とメリオダスは叫びます。

スポンサーリンク

七つの大罪のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

七つの大罪のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで七つの大罪の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに七つの大罪のアニメも全て「見放題」です!!

 

2019年の新シリーズ、「神々の逆鱗」も見放題です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

七つの大罪330話の感想

ブリタニアの大地を依り代とし、巨大な山のような姿となった魔神王。

誰もがこの世の終わりを覚悟しますが、七つの大罪だけは余裕の表情です。

マーリンが言ったように、七つの大罪には”間に合せの代用品”との印象があるのですかね。

魔神王との最後の戦い、これは一気に勝負がつきそうな予感です。

 

当初は七つの大罪は3部構成でしたが、2018年の映画のインタビューでは、単行本40巻前後での終了とばっちょ先生が答えていた記憶があります。

いよいよ本当に最後となるのでしょうか。

 

七つの大罪331話のネタバレはコチラになります。

>【七つの大罪】331話ネタバレ!聖戦集結!遂に魔神王を倒す

(11/6更新)

スポンサーリンク