【ブラッククローバー】124話ネタバレ!マグナの強さは技巧派魔法にあり




ブラッククローバー124話のネタバレになります。

アスタは偽ザクス(ゾラ)との強力でミモザの兄キルシュを見事に倒します。

しかも決め手は魔法ではなく自力で掘った落とし穴です。アスタらしいですよね。

キルシュは一人勝手に飛び出し一人勝手に敗れました。

124話ではいよいよマグナ、ソルの登場です。

スポンサーリンク

筋肉体力化物チビ

アスタと偽ザクス(ゾラ)がキルシュと戦っている間、ミモザはソルと戦っていました。

ミモザの植物魔法とソルの土魔法。

勝利したのはソルの土魔法でした。

ソルは女を傷つける趣味はないとミモザの動きを土魔法で封じます。

 

場面は変わりアスタと偽ザクス(ゾラ)。

偽ザクス(ゾラ)は落とし穴に落ちたキルシュに上から語りかけます。

偽ザクス(ゾラ)

「魔力が凄いからって過信しすぎたなァァ王族さんよ〜〜〜〜!」

「こんな原始的な罠にかかりやがって副団長が聞いて呆れるんだよ。辞めちまえバカ」

「てゆーかキモチワリーんだよクソナルシスト馬鹿が」

「自慢の美顔が大変だよ?」

 

 

 

 

ブラッククローバー124話より引用

 

 

キルシュ気絶しとるやん!!!

 

 

偽ザクス(ゾラ)すげーなって思ったら、気絶してる相手に言ってたのかよw

 

偽ザクス(ゾラ)が落とし穴を思いついたことに関心するアスタ。

この短時間で穴を掘って大して疲れていないアスタに驚きだと偽ザクス(ゾラ)。さらにアスタのことを筋肉体力化物チビと。

 

偽ザクス(ゾラ)はキルシュはどんなにキモくても実力者だと言い、落とし穴に魔法陣をセットします。

これでキルシュを助けようとしても「ドカン」だと言い、さらに念のためだと落とし穴に岩を落として生き埋めにします。

これにはさすがにアスタも「やりすぎだろォォォォ」と突っ込みますw

 

確かにやりすぎだと思います。

生き埋めって言ってるけど、多分生きてないと思いますよw

 

マグナが技巧派だった

物音に気付いたマグナが炎強化魔法”博打走塁”で走ってきます。

マグナの走塁の速さに驚くアスタ。

これ以上近づくのはアスタの距離だとマグナは言い、自分の必勝ゾーンの距離で止まります。

そして洗礼の儀のリベンジだと、あの時と同じようにアスタに炎魔球を投げます。

 

クリスタルを背にしたアスタは、洗礼の儀の時と同じように魔球を剣で打ち返そうとしますが、突然魔球が消えクリスタルに命中します。

マグナはこれが新魔法”極殺消滅魔球”だと言います。

 

マグナ先輩、見た目は絶対剛腕速球タイプなのに実は技巧派なのが判明しました。

そしてすごく器用w

この魔法って結構繊細な魔力コントロールが必要な印象ですけど、マグナ先輩・・・似合わねぇw

マグナ先輩の強さの秘訣は、実はこの器用さ、技巧派なところなのかもしれないですね。

 

魔球を打ち返すことができないのなら、マグナとの距離を詰めたいアスタですが、爆走魔法で逃げられクリスタルを狙い撃ちにされる。

一気に距離を詰めるにはブラックになるしかないが、インターバルがまだ足りない。

ミモザの戻りを叫ぶアスタですが、偽ザクス(ゾラ)はアスタに5分耐えろと言います。

スポンサーリンク

シャーロットのため

アスタが耐えてる間、キルシュは夢の中で昔のことを思い出します。

街中で幼い下民が窃盗する様子を見ながら隣のミモザに言います。

貧しいものは心まで貧しく芯から醜い。それは子供の頃から大人になっても、年寄りになっても醜いものは醜いと。

 

そんな夢を見るキルシュを何者かが声をかけますが、全く起きる様子がないキルシュ。

ついにキルシュの顔を平手打ち!!

ブラッククローバー124話より引用

 

平手打ちをしたのはソルでした。

そしてキルシュの顔がw

 

キルシュは自分の美しい顔に何てことをすると怒りますが、自分が叩く前からなかなか酷かったとソルは言います。

 

いやいやいや、あの唇と頰は絶対平手打ちが原因でしょw

 

偽ザクス(ゾラ)が罠魔法を仕掛けていたのに、どうやってキルシュの側まで行けたのだろうと思いましたが、理由はゴーレムでした。

どうやらゴーレムが身代わりになったようです。土魔法便利ですね。

そしてなんかソルに似合います。人使いが荒い印象があるからでしょうか。

 

キルシュはソルに貴様まで下民ではないだろうなと聞きます。

ソルは自分は平民だと伝えながらも、今はそんなことを言ってる場合かと呆れます。そして魔法帝も身分の違いを乗り越えて戦えと言っていたことを思い出させます。

さらに自分も本当は男なんかを助けたくはないが、自分に生きる希望を与えてくれたシャーロットのために戦っていると。

キルシュには自分のワガママを抑えて戦う理由はないのかとソルは言います。

 

ソルが大人すぎて惚れるw

こんなに大人キャラでしたっけ?

むしろキルシュが子供に見えるというか、王族が全員子供に見えますね。

 

キルシュ復活

アスタとマグナの戦いは続きます。

ここでマグナから技巧派魔法が生まれた経緯が語られます。

下民の自分は、貴族王族のように高威力の大放出魔法を使って魔力を無駄にできない。その中で生まれたのが必中の技巧派魔法だと。

チマチマしてようがこれが下民の戦い方だとマグナ。

 

マグナ先輩が技巧派魔法を使うのには理由があったんですね。

しかもよく考えられてます。

マグナ先輩の強さは器用なところや技巧派なところではなく、強くなるため、勝つための執念ですね。

マジカッコいいっす^^

 

徐々に魔球を捉えられるようになるアスタ。

これにはマグナも驚きます。

その様子に「ふす〜〜〜」と鼻息を荒くし興奮するラック。

 

大丈夫かラックw

 

ラックが興奮するのもわからないでもないです。

魔球を連投するマグナとそれを打ち返すアスタ。

このシーンだけ見るとスポ根野球漫画かと思ってしまいますw

 

その時、復活したキルシュが飛び込んできます。

アスタ絶体絶命のタイミングで、罠が出来たと偽ザクス(ゾラ)。

 

まとめ

偽ザクス(ゾラ)は一体どんな罠魔法を完成させたのでしょう。

すごく気になりますね。

ミモザが最初に登場しただけでしたね、もっと活躍が見たいところですが、これだけ多くのキャラが同時に戦ってると難しいですよね。

そんな中でもソルやマグナ、偽ザクス(ゾラ)など、それぞれ見せ場があってとても楽しめました。

ロイヤルナイツ選抜戦、今後が楽しみですね。

 

アニメのブラッククローバーの7話で遂にノエルがデレりましたね。

1話30分なので30分で堕ちるかと思いきや、まさかの15分で堕ちるとはチョロすぎですw

ヒロアカにはゲロインのお茶子、ケロインの梅雨ちゃんがいますが、ブラッククローバーのノエルはチョロイン確定です!!

アニメブラッククローバーを無料で視聴する方法はこちらから。

スポンサーリンク