【七つの大罪】275話ネタバレ!マエルが復活してキングと戦う




七つの大罪275話のネタバレになります。

記憶を取り戻したマエル。

無辜(むこ)の民を焼き尽くし、多くの同胞である女神族を殺したことを悔いるマエルの前に、記憶を捏造した張本人であるゴウセルが名乗り出ます。

これはマエルブチ切れる展開では?と思っていたら、275話では案の定マエルがブチ切れます。

そりゃそうだって感じではありますが、ゴウセルを破壊する気満々のマエルに七つの大罪キングがゴウセルを守ります。

四大天使最強と言われるマエルですが、果たしてマエルを止めることはできるのでしょうか。

スポンサーリンク

怒るマエル

全ては自分に責任があるため自分を壊せと言うゴウセル。

マエルは魔神族<十戒>ゴウセルが自分をエスタロッサにした張本人であることを理解すると

 

七つの大罪275話

 

速攻です。

速攻で飛び膝蹴りをゴウセルに食らわすマエル。

 

マエルからすると、尊敬する兄リュドシエルを敵と憎ませ、不浄の魔神メリオダスを兄と慕わせ、自分から恩寵も正義も奪った張本人。

「許されざる罪」とゴウセルを破壊する気満々で攻撃を続けます。

七つの大罪275話

 

マエルはゴウセルになぜこのようなことを行ったのか聞き、ゴウセルは答えます。

聖戦の発端は魔神族と女神族の力の均衡(パワーバランス)の崩壊で、原因はメリオダスが魔神族を裏切り女神族側についたこと。

そこでメリオダスに匹敵する力を持つ戦士を逆に魔神族側に引き込み、崩れた均衡を正した。

それがマエルだとゴウセルは言います。

 

女神族はマエルを失い、魔神族はエスタロッサを得ることで両者の力の均衡(パワーバランス)は保たれた。

しかし、一度始まった聖戦はもう止まらず、結果、確実な勝利を逃し長引く戦で被害が致命的なものになる前に、女神族は「常闇の棺」の発動に踏み切らざるをえなくなり聖戦は終結。

※常闇の棺・・・三千年前の聖戦で、女神族が魔神族を封印した祭器のことで、その欠片がメリオダスの持つ「刃折れの剣」でもある。

 

聖戦の終結、その大義名分のために自分にこれほどの苦痛と屈辱を与えたことを知ったマエル。

怒りがおさまるどころか、怒りが増していくマエルは、ゴウセルに自分の受けた千分の1の苦痛と屈辱を与えると言いますが、ゴウセルが人形であることを知ります。

 

現在のゴウセルが魔術士ゴウセルに作られた人形で、ゴウセル本体は既に亡くなっていることを知ると、さらに怒るマエル。

七つの大罪275話

 

最初からかなりキレてましたが、事情を知るにつれどんどん怒っていきます。

もう何も知らないほうがいいのでは?と思うくらい知れば知るほど怒りが増すマエル。

 

無抵抗のゴウセルを破壊する勢いのマエルですが、ゴウセルと同じ七つの大罪キングがゴウセルを助けます。

スポンサーリンク

マエル対キング

キングを巻き込みたくないというゴウセルですが、ここには自分ひとりしかいないから仕方がないとキングは言います。

そして七つの大罪、七つの掟その四を述べます。

 

「仲間の危機は団員一丸全力で助ける」

 

キングがかっこいい感じになってますが、そんなキングを背後から攻撃するマエル。

マエルは、今のゴウセルが体に痛みを感じないのなら、キングを苦しめゴウセルの心に痛みを与えると言います。

 

マエルの攻撃を防いだキングは、”飛び回る蜂(バンブルビー)”でマエルを攻撃しますが、”救済の矢”で反撃するマエル。

マエルの”救済の矢”はキングの肩を貫通し、苦しそうな声を出すキング。

“救済の矢”は魔神族には苦しみを一切与えず死へ導く救いの力だが、それ以外の者が受ければ耐え難い苦痛をもたらすと説明します。

 

キングを庇うゴウセルに、マエルは復讐のしがいがあると嬉しそうですが、キングも黙っていません。

真・霊槍シャスティフォル第一形態「霊槍」”裁きの槍”で反撃します。

 

が、マエルには効いていない様子ですが、キングも「妖精王をナメるな」と息巻きます。

完全にマエル対キングの展開となってますが、さすがは四大天使最強のマエル、まだまだ余裕といった感じです。

 

マエルが復活

マエルとキングの戦いを見ていた同じ四大天使のサリエルとタルミエル。

サリエルはタルミエルに自分達も行こうと声をかけます。

タルミエルは「マエルに加勢しなくては」と答えますが、七つの大罪の加勢だとサリエルは言います。

 

マエルをエスタロッサに仕立てた張本人であるゴウセル。

そのゴウセルをキングは庇いだしているのに?と困惑した様子のタルミエル。

なによりマエルは大事な同胞だとタルミエルは言いますが、サリエルも大事な同胞であることは理解しています。

 

今のマエルは「太陽」の恩寵こそ失ってはいるが、四大天使であることに目覚めています。

自分を暴走させていたガランとモンスピートの戒禁の力をほぼ完全に制御し使いこなしている。

これは最強の四大天使だからこそできる芸当だが、ガランとモンスピートの戒禁の力は女神族とは相反する闇の力で、マエルが力を行使するたびにマエルの心が闇に蝕まれていくとサリエルは言います。

 

同胞であるマエルとは戦えないと言うタルミエルに、同胞としてマエルを救うんだとサリエル。

七つの大罪275話

 

4対1の展開へ

ゴウセルはキングの気持ちだけで充分だと、キングを止めようとします。

自分一人が死ねば済むことで、もう二度と大切なものを失いたくないとゴウセルは言います。

 

ゴウセルの言葉にキングは答えます。

 

「大切な誰かを失う悲しみを知っているなら、簡単に死ぬなんて言うなよ」

 

七つの大罪275話

 

キングめちゃくちゃかっこいいです!!

 

そして

 

「・・・いいねゴウセル」

 

と言い、ゴウセルも「ごめん」と答えて涙を拭きます。

 

マエルは「次は二人で来なさい」とキングとゴウセルに言いますが、「いいや四人だ!!」とサリエル、タルミエルも参戦します。

 

マエル対キング・ゴウセル・サリエル・タルミエルの4対1の展開で275話終了となります。

 

ちなみに、十戒のデリエリは地面に倒れているエリザベスを発見し、エリザベスの側へ向かっているため参戦していません。

 

まとめ

マエルが四大天使最強時代に復活しました。

そして最強状態のまま怒りに任せゴウセルを攻撃しますが、ゴウセルを助けるキング。

「太陽」の恩寵を失っているとは言え、四大天使最強の実力は本物でキング一人では厳しい状況です。

同胞であるマエルを救うためサリエルとタルミエルも参戦し、無抵抗だったゴウセルも大切な人を失わないため戦うことを決意。

4対1の状況となりましたが、マエルを救うことはできるのでしょうか。

 

七つの大罪276話のネタバレはこちらになります。

>【七つの大罪】276話ネタバレ!デリエリ死亡!?

スポンサーリンク