【鬼滅の刃】171話ネタバレ!巨大な刀を出す黒死牟(こくしぼう)

鬼滅の刃171話のネタバレになります。

悲鳴嶼(ひめじま)に続き実弥(さねみ)も痣を発現し、さらに二人は高速戦闘の中でも連携し黒死牟(こくしぼう)を追いつめます。

このまま畳み掛けようとする二人ですが・・・。

 

前回の鬼滅の刃170話のネタバレはコチラになります。

>【鬼滅の刃】170話ネタバレ!不死川実弥(しなずがわさねみ)にも痣が発現

無惨の声を聞く玄弥

玄弥(げんや)を心配する無一郎。

玄弥は何者かの声を聞きます。

 

斬られた胴が繋がったことに、凄まじい回復力だと玄弥は驚き、さらに血の巡る速度が上がり気分が良いことから、黒死牟(こくしぼう)の髪の毛だけではなく、黒死牟の折れた刀の刃先を食えばもっと・・・と考えます。

 

再び何者かの声が玄弥の頭の芯に響きます。

 

声の主は言います。

黒死牟、柱を何人倒した?

まだ此方へは来させるな。

 

この声に、無惨(むざん)の声か?と玄弥。

鬼化が進んで無惨の声まで聞こえることに、自分の体はどうなっていくんだと玄弥は考えます。

黒死牟を攻める悲鳴嶼と実弥

黒死牟は、悲鳴嶼(ひめじま)、実弥(さねみ)と戦いながら、この二人が柱の中でも実力上位と考えます。

特に悲鳴嶼は屈指の肉体を持つ剣士だと。

 

悲鳴嶼が盲目であるにも関わらず、鎖を振り鳴らす音の反響で空間や動きを極めて正確に把握していることに、にわかには信じがたいが、紛れもない事実と感心する黒死牟。

 

黒死牟は先に実弥を倒そうと考え、実弥の刀の側面を自分の刀で叩き武器破壊を狙いますが、刃を立てて押し返す実弥。

痣を発現したことで実弥の反射速度が上がっていると感じる黒死牟。

 

とはいえ、いくら痣を出したからと言って、通常ならば戦闘不可能な致命傷を負った者がさらに動きの速さ、精度を上げてくることに黒死牟は驚きます。

 

悲鳴嶼と実弥の連携攻撃は続き、悲鳴嶼は斧で黒死牟はの左耳を削ぎます。

 

実弥は”塵旋風(じんせんぷう)・削(そ)ぎ”で黒死牟を攻撃し、さらに風の呼吸”漆(七)ノ型 勁風(けいふう)・天狗風(てんぐかぜ)”で追撃します。

悲鳴嶼も実弥の攻撃に合わせ、岩の呼吸”壱(一)ノ型 蛇紋岩(じゃもんがん)・双極(そうきょく)”で攻撃します。

巨大な刀を出す黒死牟

悲鳴嶼と実弥の攻撃を受け、黒死牟の上半身の着物が破れます。

悲鳴嶼は実弥に、まだだ!畳み掛けろ!と叫びます。

首を斬るまでは!と叫ぶ悲鳴嶼に、黒死牟は「そうだ、その通りだ」と言います。

 

次の瞬間、悲鳴嶼と実弥は黒死牟の攻撃を受け、体中から血が吹き出ます。

 

黒死牟に何をされたのかわからない二人。

間合いをとっていたにも関わらず攻撃を受けたことに、黒死牟は何をした!?と考える悲鳴嶼。

 

黒死牟は、着物を裂かれた程度では赤子でも死なぬと言い、手には長く巨大な刀を持っています。

 

悲鳴嶼と実弥、二人を討ち果してしまえば、残りは容易く済みそうだと黒死牟は言います。

 

鬼滅の刃172話のネタバレはコチラになります。

>【鬼滅の刃】172話ネタバレ!