【七つの大罪】342話ネタバレ!キャスの幻覚がエゲツない

七つの大罪342話のネタバレになります。

前回、キャスと一人戦うマーリンのもとに駆けつけた七つの大罪。

七つの大罪は再びマーリンと協力しキャスと戦うことを決意します。

 

前回の七つの大罪341話のネタバレはコチラになります。

>【七つの大罪】341話ネタバレ!マーリンを七つの大罪が助ける

七つの大罪 vs キャス

メリオダスの「全反撃(フルカウンター)」でバラバラになったキャスですが、すぐさま再生します。

キングは、あれはバンと同じ不死の類なのか?と聞き、違うと答えるマーリン。

奴はもはや生と死すら超越した存在だと言います。

 

アーサーを心配するマーリン。

再生しながらキャスはアーサーに聞きます。

 

国や民がなくなることがそんなにショックなの?

どうせいつかは国なんて滅びる。

魔神王と七つの大罪が滅ぼさずとも、ポクが滅ぼしたかもしれないし、他の誰かが滅ぼしたかもしれない。

大きな隕石が落ちてきて吹き飛んだかもしれないし、海に沈んで消えたかもしれない。

 

結局はみんな同じだとキャスは言いますが、何が同じなんだ!!と叫ぶアーサー。

 

完全に再生したキャスは、以前よりもスマートになり、ヒョウのような風貌になっています。

キャスはあくびをしながら言います。

無駄なあがきはやめようって忠告してるんだ。

どんな道をたどろうと、結局、みんないつかは死んじゃうんだよ。

人間も動物も国も山も森も湖も川も星も神々さえも・・・。

 

アーサーは、だからお前にさっさと喰われろとでも言いたいのか?と言いますが、「そうだよ!アーサー正解だよ!」とキャスは答えます。

 

メリオダスは、言い返そうとするアーサーを制止し、御託はもういいと言います

バンも、とっととブチのめそーぜ♬の乗り気です。

 

キャスは、面倒臭いな〜も〜と言い、七つの大罪に飛びかかります。

 

七つの大罪とキャスの戦いが始まります。

激しい戦いを繰り広げる中、キャスの動きが止まります。

動きだけではなく傷の再生も止まっています。

 

マーリンが魔力でキャスの時間を停止させたようですが、混沌の影響なのか、かけた禁呪が不安定な状態だとマーリンは言います。

キャスはいずれ、遠くない未来、再び復活するとマーリン。

何十、何百年先になるかは予想できんが・・・。

 

メリオダスは、そん時はそん時だろと言います。

エリザベスも、みんなで力を合わせればきっと大丈夫と笑顔を見せます。

そして皆に、「帰りましょう」とエリザベスは言います。

 

七つの大罪に別れを告げるマーリンとアーサー。

キャスの幻覚がエゲツない

時は過ぎ、メリオダスとエリザベスの結婚式。

まさかこんな日が本当に来るとはとメリオダス。

エリザベスも、「本当!」と答えます。

 

みんなにも式に来てほしかったとエリザベスは言いますが、仕方がないさとメリオダスは答えます。

エレインは”おめでた”でバンもつきっきりだろうし、一番に結婚した妖精王と巨人の女王様は妖精界に戻ってしまったし。

ゴウセルもホークもそれぞれに自分の生き方があるし、そう都合はつかねぇよとメリオダス。

 

エリザベスは、マーリンとアーサー様は元気かしらと言い、あの二人のことだから、新しい王国の再建に飯も忘れて没頭しているだろとメリオダスは答えます。

 

さらに時は流れ、エリザベスはメリオダスに、バン様が亡くなられたって本当なの?と聞きます。

最期はエレインが看取ったそうだとメリオダスは答えます。

 

ディアンヌとキング様は?と聞くエリザベスに、まだ妖精界から戻ってないとメリオダス。

咳き込むエリザベスに、苦しいのか?とメリオダスは心配します。

 

年老いたエリザベスは、ベッドに横になりながらメリオダスに謝ります。

あなたを一人置いていくことになってしまって。

もう私は二度と・・・転生しない。

今日が・・・あなたと過ごす最後の日なのね。

・・・本当に幸せな三千年だったわ。

 

涙を流しながらエリザベスの話を聞くメリオダス。

エリザベスは、悲しまないでとメリオダスに言います。

あなたは・・・とエリザベスが言った時、兵士がメリオダスを呼びます。

メリオダス陛下!大変です!

 

復活したキャス。

メリオダスはキャスと対峙します。

 

メリオダスの額には紋様が浮かび上がりますが、それでも実力で圧倒するキャス。

キャスはメリオダスに、なんだか苦しそうだよ?と聞きます。

あの時、みんな一緒にポクに殺されていれば、辛くてさみしい思いなんてせずに済んだのに〜とキャスは言います。

 

もう仲間は誰もいないんだよ、一人で頑張る意味がある?

諦めなよ、この世に不変のものなど存在しない・・・この世は混沌そのもの。

いずれみんな消える。

始めから何もなかったかのようにさ。

 

メリオダスはエリザベスの最後の言葉を思い出します。

悲しまないでメリオダス・・・あなたは・・・決して一人じゃない。

あなたには、私たちみんながついてる・・・ずっと!

 

メリオダスはキャスに「違う!」と叫びます。

俺達の絆は消えやしねぇ!永遠に!

叫びながらキャスに飛び込むメリオダス。

 

ここでメリオダスは現実世界に戻ってきます。

キャスを倒す方法とは!?

戻ってきたメリオダスに驚くキャス。

まさか戻ってこれるだなんてさ〜。

 

他の皆はまだキャスの幻覚を見ているようです。

 

メリオダスは、自分が体感したのは幻覚?それとも現実だったのか?と言い、そのどちらでもないとアーサーは答えます。

まだ確定しない未来・・・もう一つの世界観といったところです。

 

メリオダスはアーサーに、無事か!?と聞き、「ええ」と答えるアーサー。

しかし、このままでは・・・なんとか奴を倒す方法を見つけないととアーサーは言います。

 

ポクは殺せないと余裕の表情のキャス。

アーサーはポクに喰われ、ポクは混沌と完全に一体化して、全てを呑み込むと言います。

 

ここでアーサーは何かに気づき、お前を倒す方法がわかったと言います。

メリオダスとアーサーに飛びかかるキャス。

 

次号の七つの大罪は休載となります。

七つの大罪のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

七つの大罪のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで七つの大罪の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに七つの大罪のアニメも全て「見放題」です!!

 

2019年の新シリーズ、「神々の逆鱗」も見放題です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

七つの大罪342話の感想

七つの大罪342話、本当に驚きました。

キャスの幻覚がエゲツなすぎです。

あまりにもリアル過ぎて、本当に時間が経過したのだと思ってしまいました。

メリオダスが、幻覚か現実かわかっていませんでしたが、本当にリアルで読んでるこっちもわかりませんでした。

圧倒的な強さを見せるキャスに、アーサーは倒し方がわかったと言いますが、果たしてどのようにして倒すのか?

今後の展開が楽しみです。

 

七つの大罪343話のネタバレはコチラになります。

>【七つの大罪】343話ネタバレ!

(3/4更新)