【七つの大罪】280話ネタバレ!キング覚醒!妖精王の羽も完全体に




七つの大罪280話のネタバレなります。

前回、ゴウセルがマーリンにお願いした内容は自爆機能を付けることであったのが判明しました。

自爆機能を発動しようとしたゴウセルでしたが、マエルの純潔の戒禁により封じられます。

 

”沈黙の大鎌”で魔力を封じられたキングとディアンヌ。

マエルは”慈愛の光玉(こうぎょく)”でキング達にとどめを刺そうとしますが、オスローがキングを守るためマエルに飛び込みます。

 

280話ではオスローの死亡が確定、絶体絶命の状況の中、キングが覚醒します。

羽も完全体となり妖精王ハーレクインの誕生といった感じです。

スポンサーリンク

オスロー死亡

キングを救うためマエルの”慈愛の光玉(こうぎょく)”の犠牲となったオスロー。

七つの大罪280話

 

落下するオスローを受け取るよう霊槍に命令するキングですが、沈黙の呪いにより魔力が封じられているため何も起こりません。

落下してきたオスローを両掌で受け止めキングの前に置くディアンヌ。

オスローの亡骸を抱きしめ「こんなことは望んでいない」と涙を流すキング。

 

キング(王様)を護るため自ら犠牲となったオスローの死亡が確定しました。

ヘルブラムに続きオスローも目の前で失ったキング。

キングの心境としては、妖精王なのに護られてばかりと感じているのではないでしょうか。

 

ディアンヌの神器ギデオン

ディアンヌの太ももにある沈黙の呪いを治療するエリザベスですが、再びマエルの”慈愛の光玉(こうぎょく)”が襲います。

いち早く”慈愛の光玉(こうぎょく)”を察知したディアンヌ。

エリザベスの治療により沈黙の呪いが消えたため神器ギデオンがディアンヌの声に応えます。

七つの大罪280話

 

神器ギデオンには受けた攻撃魔力を大地に逃がす避雷針の特性があり、”慈愛の光玉(こうぎょく)”の攻撃を地面に逃します。

非常に便利な技ですが、そんな便利な技をなぜ今まで一度も使わなかったのかとホークが聞きます。

大地に魔力を逃すということは、そこに住む生き物や大地そのものの命を傷つけてしまうとエリザベスは言います。

ディアンヌもそれが理由で本当はずっと使いたくなかったが、この浮島は魔力で人工的につくられたものなので平気かと思い使ったとのこと。

 

しかし、今の一撃で島の核はボロボロになり、次の攻撃を受け流せば間違いなく崩壊するとディアンヌは言いますが、再びマエルの”慈愛の光玉(こうぎょく)”が襲います。

 

マエルは”慈愛の光玉(こうぎょく)”しか使ってませんが、この”慈愛の光玉(こうぎょく)”がめちゃくちゃ強力です。

スポンサーリンク

ディアンヌとの約束

神器ギデオンで”慈愛の光玉(こうぎょく)”を受け流し浮島は崩壊します。

七つの大罪280話

 

落下するディアンヌを支えるエリザベス。

七つの大罪280話

 

ディアンヌは自分のことよりも魔力を封じられて飛べないキングを助けるようお願いしますが、ホークがキングを助けると言います。

 

落下していくデリエリの亡骸を寂しそうな表情で見守るエリザベス。

 

目を閉じて落下していくキング。

妖精王が空から落ちて死ぬ。

全く笑えない話と自虐的に言います。

 

エリザベスを護れなかったことをメリオダスに謝罪するキングですが、「お前は立派な王様だよ」とのメリオダスの言葉を思い出します。

七つの大罪280話

 

しかしキングは、自分は不甲斐ない王様だと否定します。

 

ヘルブラムとオスローを思い出すキング。

七つの大罪280話

 

何度もヘルブラムとオスローに護られながら、護れなかった自分を許してくれと謝罪します。

 

グロキシニアを思い出したキングは、羽の生え始めで自分と同等に霊槍を引き出せるキングを買っているとの言葉を思い出しますが

七つの大罪280話

 

買いかぶりすぎだとキングは言います。

自分はグロキシニアのような妖精王にはなれなかったと。

 

そしてディアンヌを思い出すキング。

七つの大罪280話

ディアンヌ

「ボクはキングが今までもこれからも・・・ずっと好きだよ」

「・・・キングは今もボクを好きでいてくれる・・・?」

引用:七つの大罪280話

 

目を開くキング

 

七つの大罪280話

 

“今度こそ護り抜く”というディアンヌにした約束を思い出します。

男を見せろ、王たる威厳と存在を今こそ示せと自身に言い聞かせるキング。

そして沈黙の呪いが消えていきます。

 

キング覚醒で羽も完全体に

ディアンヌを支えるエリザベスですが、高度が落ちていきます。

ディアンヌは自分のことはいいから逃げるよう言いますが、そんな気は全くないエリザベス。

 

その時、エリザベスの背後にマエルが現れます。

ディアンヌを支えているので逃げることができないエリザベス。

このままマエルに殺されるのかと思いきや、何者かの攻撃により吹き飛ばされるマエル。

 

マエルを攻撃した主はエリザベスとディアンヌの前に現れます。

そして二人に「もう大丈夫、あとはオイラが決着をつける」と言います。

 

初代妖精王グロキシニアは言いました。

 

「妖精王ハーレクイン、羽が完全な進化を遂げた時、おそらくキミは歴代最強の妖精王になれる!!!」

 

そこには羽が完全な進化を遂げ覚醒したキングの姿が。

七つの大罪280話

 

七つの大罪280話の感想

キングの羽が完全体になり遂に覚醒したキング。

妖精王ハーレクインの名前にぴったりな姿になった印象です。

4つの戒禁を取り込んだマエルの強さがちょっとヤバかったので、覚醒したキングに期待です!

ところで、ゴウセルは相変わらず夢の中なのでしょうか。

こんなピンチな時にナージャの夢を見て幸せそうってどうなの?

マエルから最も恨まれているゴウセル、この騒ぎの張本人的なポジションですが、大好きなナージャの夢を見て幸せってどうなの?

280話で寝転がってるゴウセルを見てそんなことを思ってしまいましたw

 

七つの大罪281話のネタバレはこちらになります。

>【七つの大罪】281話ネタバレ!妖精王ハーレクインがめちゃ強い

スポンサーリンク