【キングダム】676話ネタバレ!桓騎が渇いてる!?桓騎は何と戦っているのか

【キングダム】676話ネタバレ

キングダム676話のネタバレになります。

趙軍の大将軍扈輒(こちょう)が桓騎(かんき)軍へ向かってくるなら、それでも前進する桓騎。

桓騎の狙いとは!?

 

前回のキングダム675話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】675話ネタバレ!桓騎が前進を続ける狙いとは!?

王翦も桓騎の考えが読めない

趙王都圏

秦軍が王都攻めを仕掛け、北へと逃げる趙の民達。

 

王翦(おうせん)軍 本営本陣

趙軍総司令・扈輒(こちょう)が15万を率いて桓騎の方へ向かったと報告する田里弥(でんりみ)。

それを聞いた倉央(そうおう)と亜光(あこう)は、好都合だと言いますが、田里弥は、そんなに単純な話ではないと言います。

 

田里弥は、自分達が強引に攻めれば三方から挟撃を受けることになると説明し、それを聞いた倉央は、扈輒の狙いは桓騎ではなく自分達では?と聞きますが、それは分からないと田里弥。

扈輒がずっと邯鄲(かんたん)の中にいたことから、どこまでの策士かは不明だと言います。

 

さらに田里弥は、桓騎の本当の狙いは、自分達が挟撃を受け、扈輒軍と潰し合いをした後に遅れてやって来て、全ていいとこを持っていくのではと言います。

 

王翦(おうせん)に判断をあおぐ倉央。

王翦は、このまま桓騎の動きを見ると言います。

田里弥の読みが正しいかは分からないが、自分をもってしても桓騎の考えがはっきりと読み取れないと王翦は言います。

扈輒将軍は桓騎よりも恐ろしい!?

趙王都 邯鄲(かんたん)

趙将軍・李白(りはく)のもとを訪れる公孫龍(こうそんりゅう)。

 

公孫龍は李白に、扈輒(こちょう)将軍が桓騎の方へ向かったと伝えます。

既に知っていた李白は、もし扈輒将軍と桓騎がやり合うことになれば、桓騎は死ぬことになると言います。

 

公孫龍は、桓騎を侮るなと言いますが、秦軍こそ扈輒将軍を侮っていると李白。

扈輒将軍は元々対燕(えん)の戦線で荒れ狂った烈将、桓騎の所業の残忍さに趙の人間は異常に恐れているが、戦場において本当に恐ろしいのは扈輒将軍だと李白は言います。

桓騎は何と戦っているのか

桓騎軍 中央軍

摩論(まろん)、雷土(らいど)、黒桜(こくおう)、厘玉(りんぎょく)が集まっており、扈輒(こちょう)軍が向かっているとの報告に焦る摩論。

 

退却するなら今しかないと摩論は言いますが、黒桜は桓騎の考えを聞きます。

桓騎から「任せる」と言われた摩論ですが、このままでは全員死ぬと焦ります。

 

厘玉は、任せるということは退却してもいいのでは?と聞きますが、それだけは許さないと言われている摩論。

黒桜は、やっぱり戦うってことだろうと摩論に言いますが、理解不能だと摩論は言います。

退がれば色々考えられるのに、戦う意味がない、正気の沙汰ではないと摩論。

 

雷土は、腹をくくって作戦を考えろと摩論に言います。

今までもこのくらいの戦力差がある戦いで何度も勝ってきたと雷土は言いますが、それは得意の奇襲が通じる規模の戦いだと摩論は言います。

大将軍になり、これほど大規模な戦いは戦力がそのまま勝敗に直結すると説明する摩論。

 

厘玉も摩論の説明に同意しますが、叫ぶ雷土。

「それでもお前ら桓騎一家か」

 

雷土は、桓騎に驚いていると言います。

六将がどれだけすごいのかはあまり分からないが、軍の頂点になっても何も変わらない桓騎。

 

さらに雷土は、少し前に気付いたことがあると言い、話します。

趙の貴族達が飲む酒は確かに美味いが、桓騎大一家となって暴れだした頃に奪って手に入れた、安い酒の方が美味く感じた。

 

厘玉は、渇いていないから染み込まないってことか?と聞き、「そうだ」と答える雷土。

何も持っていなかった自分達は、今、結構手に入れてしまった、だから慌てているのだと雷土は摩論に言います。

 

さらに雷土は言います。

桓騎は六将になってもなお、変わらずこのイカレた戦いっぷりで、むしろ前にも増してと言ってもいい。

理解できなくて、桓騎が面白くて誰よりも側で見ていたいから自分達は桓騎の下についた。

 

雷土は皆にそう伝えると、右翼に入ると言い、動き出します。

そして、その戦いが終わったら、何でそんなにずっと渇いているのかを桓騎に聞いてみると言います。

一体、桓騎は何と戦っているのかと、空を見ながら雷土は言います。

 

始皇十三年、紀元前234年。

六大将軍・桓騎軍八万 対 邯鄲の守護神・趙軍総司令扈輒軍二十四万。

開戦。

キングダムのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

キングダムのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでキングダムの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにキングダムのアニメも全て「見放題」です!!

第1シーズン

 

第2シーズン

 

第3シーズン

 

映画のキングダムも有料ですが視聴可能です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

キングダム676話のまとめ

いいところだけを持っていくのではと読む田里弥ですが、王翦は静観を選択。

自らをもっても桓騎の考えが読み取れないと王翦は言います。

その桓騎は、全てを摩論に任せました。

一人焦る摩論ですが、雷土は腹をくくれと言います。

そして、桓騎軍八万と扈輒軍二十四万の戦いが始まりますが、あまりにも無謀すぎる戦力差、桓騎の狙いとは!?

 

キングダム677話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】677話ネタバレ!