【キングダム】668話ネタバレ!羌識を殺したのは羌礼!?

【キングダム】668話ネタバレ

キングダム668話のネタバレになります。

遂にはじまった羌瘣(きょうかい)と羌礼(きょうれい)の戦い。

戦いながら羌識(きょうしき)のことを聞く羌瘣ですが・・・。

 

前回のキングダム667話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】667話ネタバレ!羌瘣 vs 羌礼

巫舞で戦う羌瘣と羌礼

目を閉じ、巫舞(みぶ)の呼吸をする羌瘣と羌礼。

二人は同時に目を開き、激しく舞いながら戦います。

 

羌礼の剣を自らの剣で防いだ羌瘣ですが、そのまま地面に叩きつけられます。

倒れた羌瘣の顔を剣で斬ろうとする羌礼。

しかし、羌瘣は空中へ飛び剣を避けます。

 

今度は羌瘣が羌礼を攻撃。

羌瘣の剣を自らの剣で防いだ羌礼は、そのまま地面に叩きつけられます。

倒れた羌礼に斬りかかる羌瘣。

しかし、下にいたはずの羌礼はいつのまにか羌瘣の上におり、羌瘣を攻撃。

自らの剣で羌礼の攻撃を防ぐ羌瘣。

 

ここで二人は距離を置きます。

 

羌礼は羌瘣に言います。

「上手いもんだろ”霞(かすみ)の術”、だが識はもっと上手かった」

「つまり・・・私が識だったら、今のでお前は死んでるんだよ瘣姉(かいねえ)」

「なのに、識が死んでなぜお前が外で息をしている・・・」

 

羌瘣は答えます。

「・・・たしかに識は天才だった」

「だが私の力もこんなものじゃない、本気で私を倒したいのなら、もっと深いところまで来い、礼」

 

羌礼は、「ぬかせよ貴様・・・”祭(さい)”をくぐってない女がぁ」と叫びながら、羌瘣へ向かっていきます。

羌識が羌礼を裏切った?

羌瘣と羌礼の戦いを見ながら、河了貂は羌瘣の言葉を思い出します。

飛信隊のメンバーに、羌礼が羌識を殺めたかもしれないと話す羌瘣。

それを聞いた河了貂は驚きながら聞きます。

「そ、それで、礼は闇に・・・」

「で・・・でも・・・そんな礼を・・・本当に救えるの?」

 

羌瘣は答えます。

「・・・分からない」

「でも分かっているのは・・・礼を救う鍵も識が持っているということだ」

 

場面は羌瘣と羌礼の戦いに戻り、二人の激しい攻防が続きます。

戦いながら羌礼は自身の剣である、白鳳(はくほう)と会話します。

(もっとだ、もっと深いところへ行くぞ白鳳、私達はもっと深いところに・・・あの時・・・)

 

祭のことを思い出す羌礼。

羌礼の動きが変わり、防御した羌瘣を吹きとばします。

 

岩に叩きつけられた羌瘣。

羌礼は追撃をしますが、剣で防ぐ羌瘣。

 

鍔迫り合いをしながら羌礼は言います。

「凄まじい混沌だったぞ」

「瘣姉、あれは・・・あれは正に狂宴だった」

「あの時、私の巫舞は今までにない深さに・・・だから周りの奴らを次々と・・・」

 

羌瘣は聞きます。

「識もその深さにいたのか?」

 

羌礼は答えます。

「当然だろうが、識は天才だった」

「私より強くて、かしこくて、やさしくて」

「祭を勝ち残るのに一番ふさわしいやつだった」

 

飛信隊のメンバーがこの場に到着し、二人の戦いを見守ります。

 

羌瘣は聞きます。

「じゃあ何で、その識が死んだ!?」

 

一瞬、無言になりながらも答える羌礼。

「識が裏切ったからだ」

羌識を殺したのは羌礼!?

羌礼の剣を自らの剣で受けながら羌瘣は聞きます。

「二人で何か口裏を合わせて祭に挑んだのか?」

 

羌礼は答えます。

「バカな、逆だ」

「私達はお前と象姉(しょうねえ)のような軟弱者じゃない、私達は正々堂々と祭に挑んだ」

「祭は同族であっても手を組むことは許されない、だから私達はできるだけ離れて始めた、やったのはそれだけだ」

「そう・・・私は本当にマジメに挑んだんだ、識がずっとそうしようと言ってたから」

 

婆(ばあ)から羌識と羌礼に祭が行われることが伝えられた日、羌識は羌礼に言います。

「礼、仲良くするのはここまでだ、今から私達は敵同士」

「私は絶対に死にたくない」

「祭で躊躇なくお前の首を飛ばすから、そのつもりでいろ礼」

「生き残るのは私だ」

 

羌礼はその時の羌識の目を思い出しながら言います。

「あの目・・・あんな目をした識は初めてで・・・私はバカだから思ったんだ、ああ、いよいよ祭が始まるんだなーって」

 

羌瘣は、「それで祭はどうなった・・・?」と聞き、羌礼は答えます。

「戦ったさ、正に死もの狂いでな、あの祭の代表者達の実力は皆ほとんど差がなかった」

「開始前に並んだ時に分かった、唯一人、識だけが頭一つだけ抜き出ていると」

「だから私は必死に戦ったんだ、ザコなんて一人もいなかった、全員強くて、何度も呼吸が尽きて・・・それでも巫舞をやって・・・肺が裂けて血を吹いて・・・骨が砕けて・・・それでもまた巫舞をやって・・・」

「私だけじゃない、皆がそうしてた、そうやって死んでいった・・・」

 

無言で話を聞く羌瘣。

羌礼は話を続けます。

「どれだけ戦ったのかも覚えてない、頭も斬られたし、自分が息をしてるのかも分からなかった」

「でも気づいたら周りで動いている奴は居なくなってた」

 

当時のことを回想する羌礼。

バランスを崩し後ろに倒れかける羌礼。

同時に、反対側でも同じように後ろに倒れかけた羌識。

二人は互いの背中で支え合います。

 

羌礼は背中で感じ取ります。

もう一人生き残りがいて、それが同じようにボロボロになった羌識であることを。

 

羌礼は羌瘣に言います。

「あの時・・・私は・・・何か言おうとしたのに・・・識が考えるヒマをくれなかった・・・背中から凄まじい殺気がっ・・・」

 

羌礼の目には涙が。

羌礼は言います。

「私の方が遅かった、私の突きの方が識の薙(なぎ)よりも」

「なのに」

 

薙を寸止めした羌識。

羌礼の剣は羌識の身体を貫通します。

 

次号のキングダムは休載になります。


キングダムのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

キングダムのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでキングダムの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにキングダムのアニメも全て「見放題」です!!

第1シーズン

 

第2シーズン

 

第3シーズン

 

映画のキングダムも有料ですが視聴可能です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

キングダム668話の感想

羌礼から語られる祭での出来事。

まさに混沌、まさに狂宴といった感じです。

 

羌瘣のときもそうでしたが、片方が片方を助けるために裏切る、犠牲になったようですね。

羌礼が荒んだのもわかるし、昔の羌瘣もこんな感じだった気がします。

 

羌瘣にはなんとか羌礼を救ってもらい、そのまま飛信隊の新戦力として加わってほしいところです。

二人の蚩尤(しゆう)族が隊にいるって、凄いことですよね。

普通の兵士何百人、何千人分だって感じです。

 

ただ、気になるのは羌瘣の状態です。

信を助けるために禁術を使いましたが、今後も今までのように戦えるのか?

それとも、今後は羌瘣ではなく、羌礼が最前線で戦うのか?

 

この辺の今後の展開も気になるところです。

 

キングダム669話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】669話ネタバレ!