【キングダム】665話ネタバレ!羌礼の目的は羌瘣を殺すこと!?

【キングダム】665話ネタバレ

キングダム665話のネタバレになります。

羌瘣(きょうかい)と再会し、飛信隊に仮入隊した羌礼(きょうれい)

羌礼がやって来た目的とは!?

 

前回のキングダム664話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】664話ネタバレ!飛信隊に入った羌礼(きょうれい)の目的とは?

趙兵を殺しまくる羌礼

場面は少し戻り、羌礼と再会した羌瘣は、信と河了貂(かりょうてん)を別の場所へ誘い出し話します。

信と河了貂に、「私の族内で行われている”祭(さい)”については知っているな」と羌瘣は聞き、頷く二人。

 

羌瘣は話を続けます。

「六年前、蚩尤(しゆう)だった幽連(ゆうれん)を私が討ったが、幽連は死んでいないことにした、村に伝わると次の蚩尤を決めるべく、また”祭”が行われるからだ」

「だけどどうやら幽連の死が伝わり、再び”祭”が行われてしまったらしい」

 

驚いた河了貂は、「それってまさか・・・」と聞き、羌瘣は答えます。

「ああ・・・恐らく礼が”祭”を勝ち残り、現”蚩尤”となって今ここにいる」

「そして、礼がここへ来た目的はきっと・・・」

 

回想が終わり、森の中で戦う歩兵隊。

趙兵を殺戮する羌礼を前に、動くことができない飛信隊の歩兵達。

 

干斗(かんと)は言います。

「に・・・似てなんかいない・・・羌瘣副長とは全く違う・・・」

 

投降する趙兵も殺す羌礼に、「あいつはただ・・・人を殺したいだけのイカレヤローだ・・・」と干斗。

 

あまりの残忍ぶりに嘔吐する歩兵隊もいるなか、昂(こう)は羌礼の表情から何かに気づきます。

昂を殺そうとする羌礼

夜、勝利の酒を飲む飛信隊。

勝利の立役者でもある歩兵達が沈んでいることを気にする騎馬隊。

 

干斗は歩兵隊のメンバーに言います。

「甘っちょろいこと言ってるのは分かってます、実際、あの小娘は俺らの何十人分・・・下手すりゃ百人分の働きをしてる・・・」

「それでも強けりゃ何でもいいってのはちょっと違うと思うんスよ」

「特にうちは・・・松左(しょうさ)さんが託してくれたこの飛信隊ではっ」

「あいつは武器を捨てた相手まで薄笑いを浮かべて皆殺しにした、そんな奴が・・・」

 

それでも、せっかく羌瘣並に強い人が来てくれたとの声も出ますが、「現場を見てないからそんなことが言える」と干斗は言います。

 

沛浪(はいろう)は干斗に、「どうしろって言ってんだ」と聞き、少し考えてから干斗は答えます。

「俺は、すぐに追い出すべきだと思います、羌礼を」

 

「あんな最強の助っ人を・・・」と驚きの声も出ますが、それでも干斗は言います。

「強かろうとあいつはよくねぇ、あいつは絶対・・・飛信隊をいつかぶっ壊しちまう」

「あんな奴は飛信隊にいちゃいけねぇんだ、絶対に!」

 

宴会場から離れた森の中、一人、嘔吐する羌礼。

昂が近づき、「だっ大丈夫!?」と声をかけます。

 

羌礼は昂に聞きます。

「何だお前、いっちょ前に”音消しの術”使うのかよ」

 

昂は謝ります。

「ご、ごめん、これ羌瘣さんに教えてもらって、体に染み込んじゃってて」

 

羌礼は聞きます。

「へー、で?」

 

昂は答えます。

「ご、ごめん、えっと、僕は昂、あの、君が初めて来た日に、君に命を救われたんだ・・・ありがとう」

 

羌礼は、「へーそうなんだ、だったらお前が殺されてから来りゃよかったな」と答えます。

続けて、「で?何だ」と羌礼は聞き、昂は言います。

「いや、一人でいないでみんなと一緒にいたらどうかと思って・・・そっちのほうが早く隊になじめるって言うか・・・」

 

羌礼は聞きます。

「へーお前、私のこと怖くないのか?」

 

昂が、「怖いのは怖いけど、これから仲間になるんだし・・・」と答えた瞬間、羌礼は昂の口をふさぎ、木に押し付け、首元に剣を近づけて言います。

「なめた口ききやがってザコが、何も分かってねークソ共見てると本当に皆殺しにしたくなるぜ、てか殺すか」

「弱ぇくせに、お前ら生きてるの当たり前って思ってんだろ、へらへらしてんじゃねぇよ、勘違いの世界の中でお前ら何戦った気になってんだ」

 

羌礼は、昂の首に剣先を刺して言います。

「感じるか、私の剣の冷たさが、鋭さが」

「それが本当の・・・」

 

その時、昂を探しに来た者達の声を聞き、羌礼は、「まだ早いか・・・」と言い、昂の首から剣先を抜きます。

羌礼は、「命拾いしたなザコ」と言い、その場から去ります。

羌礼の目的は羌瘣を殺すこと!?

羌礼という不協和音を抱え込んだ飛信隊は、羌礼の暴威によって連勝を続け、黄太(こうた)森林地帯を突破、押し込まれていた前線をようやく元の位置まで戻しました。

しかし、日に日に苛烈になる羌礼の暴走ぶりに、隊はさすがに我慢できなくなります。

 

信のもとへ押しかける崇原(すうげん)、沛浪(はいろう)達、歩兵の主要メンバー。

信は、「あいつのことは羌瘣に任せるって約束だ」と答え、崇原は叫びます。

「じゃあ、その羌瘣は一体何をしている」

 

信は、「あと三日で出てくるから待ってくれと言われてる」と答えますが、「待てん!」と崇原。

崇原は言います。

「あいつが何者かは知らんが、もうとっくに我慢の限界を越えている!」

 

崇原達は信のもとを後にし、主要メンバーで羌礼を囲みます。

崇原は言います。

「軍律違反、大小三十回、中でも投降兵を斬ったことは許せぬ、本来ならお前を捕らえて裁くところだが、見習いに免じて見逃してやる、さっさと飛信隊から出ていけ」

 

羌礼は言います。

「歩兵長だっけか?お前にそんな権限あんのかよ」

 

崇原は即答します。

「ある!俺はこの隊の歩兵長だ!文句があるなら馬に乗って今すぐ騎馬団へ行け」

 

羌礼は、「瘣姉(かいねえ)は?」と聞きますが、「いない、さっさと失せろ」と崇原。

羌礼は舌打ちして言います。

「じゃー黙ってろよお前ら全員、殺るぞマジで」

 

羌礼の冷たい目に周囲は凍りつきます。

さらに羌礼は言います。

「脅しじゃねーぞ」

 

崇原は動じずに答えます。

「分かっている、お前が三日前にすでに昂を殺しかけていたことは聞いた」

「こっちも相応の覚悟で言っている、歯向かうのなら容赦なくお前を斬る!」

 

皆が構える中、羌礼は隠れている仁(じん)と淡(たん)の弓矢兄弟の存在に気づき、「私に矢は当たんねーぞ」と言い、奥の手がバレたことに焦る尾平(びへい)

状況が悪そうなことを悟り、騎馬団の田永(でんえい)と我呂(がろ)も槍を構えます。

 

羌礼は、「今ならまだ、みんなで土下座すりゃ許してやるぜ?」と言いますが、剣を抜き、羌礼へ向かっていく崇原。

羌礼も剣の柄に手をかけ、「バカ共が」と言い、構えます。

 

その時、羌礼の目の前に羌瘣が現れ言います。

「待て、礼」

 

皆は驚きますが、羌瘣は続けて羌礼に言います。

「隊に手を出すな、お前の狙いは私だろうが」

 

羌礼は答えます。

「クク、気づいてたか、そうだよ、私はお前を殺しに来たんだよ、羌瘣」

 

今回のヤンジャンは合併号のため、次回は1/7(木)の発売になります。

キングダムのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

キングダムのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでキングダムの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにキングダムのアニメも全て「見放題」です!!

第1シーズン

 

第2シーズン

 

第3シーズン

 

映画のキングダムも有料ですが視聴可能です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

キングダム665話の感想

日に日に残虐性が増していく羌礼ですが、気になったのは、ずっと怒っていることです。

昂もそのことに気付いたのかと思われますが、羌礼は一体何に怒っているのか、そして羌瘣はどう対応するのか。

羌礼が飛信隊の正式メンバーになれば面白いんですけどね。

現”蚩尤”と、前”蚩尤”を倒した羌瘣、この二人が同じ隊にいるって凄いですよね。

羌礼が仲間になってくれることに期待です!

 

キングダム666話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】666話ネタバレ!