【キングダム】672話ネタバレ!六大将軍の最後は空席!なぜ六人かも判明

【キングダム】672話ネタバレ

キングダム672話のネタバレになります。

遂に復活した六大将軍。

猛武(もうぶ)、騰(とう)、王翦(おうせん)、楊端和(ようたんわ)、桓騎(かんき)、そして最後の一人は・・・。

 

前回のキングダム671話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】671話ネタバレ!六大将軍復活!最後の六人目は誰だ!?

最後の六人目は空席

政(せい)は言います。

「そして、最後の六人目は・・・」

「空席とする!」

 

驚く文官達。

楊端和は、「該当する者がいないと?」と聞き、「その通りだ」と答える政。

 

政は皆に説明します。

「六将の条件としてまず”戦の強さ”が絶対だ」

「だが残念ながら、今この時点でこの五人に比肩(ひけん)する者は見当たらなかった」

 

桓騎は、「だったら別に五将でいいんじゃねぇのか?」と聞きますが、政は答えます。

「いや、六将が必要だ、かつての昭王(しょうおう)の刻(とき)のように」

 

政は続けて言います。

「旧六大将軍は個々がバラバラに戦っていたようで、背や脇を支え合うような働きもしていた、だからなおさら強かったのだ、六将がそろっている時代、秦の猛威は圧倒的で一気に版図(はんと)を広げている」

 

桓騎は、「それじゃケチらず七将、八将にすればよくねーか?なぁ王翦」と、王翦に言います。

王翦は答えます。

「いや、上が多くなれば下が足りず取り合いとなる、そうすると肝心の俊敏さが失われる」

「今の中華に対しても六人が最上だ」

六将制度の最大の武器とは

昌平君(しょうへいくん)も、「その通り」と言い、六将制度の最大の武器を説明します。

「”速さ”こそ六将制度の最大の武器だ!」

「これから我らがさらに侵攻を深めれば、敵国はいよいよ死にもの狂いでその傷口をふさぎにくる」

「領土を狭めても兵数に余力がある敵は、正に人海戦術で対応してくるだろう、敵の”治癒”が早いか、我らの侵攻が早いかの勝負だ」

「勝利するためには咸陽(かんよう)の許可を待たずに、現場判断で最速に戦を展開していく必要がある」

 

騰は、「そのための”戦争の自由”」と言い、政は言います。

「そうだ、”速さ”と”鋭さ”で敵国の”治癒力”を凌駕し、その王都(心臓)を貫く」

「六将制度をもって六国を滅ぼす」

「これは、秦国が中華統一への最終的な舵を切ったことを六国に宣言するものである!」

 

「オオ!」と声をあげ、盛り上がる文官達。

 

文官達が盛り上がる中、桓騎は言います。

「あの信(バカ)が言ってたように、国を滅ぼして回るのかよ」

「ククク、面白くなってきた」

 

昌文君(しょうぶんくん)は言います。

「ただし、これだけは伝えておかねばならぬ」

「戦争の自由が許されるからといって、何をしてもいいということでは決してない!敵国の民であろうと一般人の虐殺・暴虐は一切禁ずる!」

「まして反乱などは決してあってはならぬ、よいな」

 

桓騎は、「ククク」と笑いながら、「だってよ王翦」と言い、無言の王翦。

騰は言います。

「ご安心を、そのような者が出れば残りの将で必ずそ奴を抹殺します」

 

楊端和も「当然だ」と言います。

 

政は言います。

「その発言に感謝する騰将軍・・・」

「かつての六大将軍は、時の王、昭王に対し絶対の忠誠心があったと聞く、そのような忠誠心が今の五将全員にあるとは思っていない」

「だが俺はそなた達が揺らぐことなく戦ってくれると信じている」

「そして時置かずして、六人目の大将軍が誕生し、そなた達を助けるとも信じている」

政が造形師に造らせたものとは

政は昌文君に、「あれを」と言い、造形師に造らせものを運ばせます。

政が造らせたものは、不死鳥(フェニックス)のような鳥でした。

 

政は言います。

「太古の伝説時代、かの五帝(ごてい)の一人、帝顓頊(ていせんぎょく)の孫に女脩(じょしゅう)がいた」

「女脩が外で機(はた)を織っていたある時、一羽の玄鳥(げんちょう)が飛んで来て、卵を産み落とした」

※玄鳥・・・ツバメ

 

「その卵を女脩は飲み、身籠り、大業(たいぎょう)という男を産んだ」

「それが秦国の祖だと言われている」

 

驚く文官達、政は話を続けます。

「玄鳥は天の使い、つまり秦は天の使いから生まれたということになる」

「ここに黄金の六翼(ろくよう)を持つ、天の使いの像を造らせた」

 

玄鳥の翼はネックレスになっており、五将に渡されます。

政は言います。

「古都・雍(よう)の蘄年宮(きねんきゅう)にて祀(まつ)り、祖霊(それい)達の加護の力も込めてある」

「六大将軍の”徴(しるし)”としてこれをそなた達に預ける、”授ける”のではなく”預ける”」

「国を滅ぼすのは容易いことではない、これからそなた達は誰よりも苦痛を伴いながら戦っていくことになる」

「だが一人も欠けることなく、六国制覇を成し、その黄金の羽と供に帰還せよ」

「よいな!」

キングダムのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

キングダムのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでキングダムの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにキングダムのアニメも全て「見放題」です!!

第1シーズン

 

第2シーズン

 

第3シーズン

 

映画のキングダムも有料ですが視聴可能です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

キングダム672話の感想

六大将軍、最後の一人は”空席”でした!

やはり壁(へき)は入りませんでしたね。

 

六将制度の理由も語られ、「確かに」と納得しました。

政は、「時置かずして、六人目の大将軍が誕生し、そなた達を助けるとも信じている」と言いましたが、これは信のことなのか!?

 

六大将軍が揃う日はいつなのか、そしてそれが誰なのか、今後の展開が楽しみです。

 

キングダム673話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】673話ネタバレ!