【ヒロアカ】275話ネタバレ!カッコ良すぎるイレイザーヘッドが死柄木と再戦!?

【ヒロアカ】275話ネタバレ

ヒロアカ275話のネタバレになります。

死柄木を発見したエンデヴァーは死柄木と戦い始めます。

しかし死柄木の頭の中には「ワンフォーオール」との声が響き続けます。

以前、オールフォーワンが奪った個性「サーチ」を使い、デクの場所を突き止める死柄木。

デクも自分が狙われていることを知り、死柄木を誘導しようとします。

 

前回のヒロアカ274話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】274話ネタバレ!死柄木が「サーチ」の個性を使う!?

デクを狙う死柄木

個性「サーチ」を使う死柄木。

サーチの前の持ち主、ラグドールが個性を奪われる直前まで”見ていたであろう”データから、デクの場所を突き止め、「因果なこった」と死柄木は言います。

 

デクから個別通信で「死柄木が自分を狙っている可能性があり、人のいない方へ誘導できるかもしれない」と聞いたエンデヴァー。

デクの話が理解できないエンデヴァーですが、デクは通信を続けます。

 

遠すぎるのと土煙でこちらから死柄木が見えないデクは、死柄木を肉眼で確認しているエンデヴァーに、死柄木が進行方向を変えるような素振りがあれば教えて欲しいと頼みます。

 

エンデヴァーが、それどころでは・・・と言いかけた時、死柄木は進行方向を変え、南西へと飛んでいきます。

デクは、これで非難の時間を稼げる、このまま引きつけると言い、通信を切ります。

 

死柄木は、ヒーロー達の通信が面倒に感じ、ついでにやっておくかと考えます。

 

エンデヴァーは全ヒーローへ通信で報告します。

死柄木は跳躍し南西に進路変更!”超再生”を持っており、もはや以前の奴ではない!

 

なぜ死柄木が進路変更したのか理解できないエンデヴァーですが、このままではデクが危ないと考え、急いで死柄木の後を追います。

通信を破壊する死柄木

デクは爆豪に、死柄木がこっちに来ることを伝え、通信で聞いていたと爆豪は答えます。

死柄木を誘導しながら、冷静になったデクは、「何でついてきてくれたの!?」と驚き、「ぶっ飛ばすぞ」と怒る爆豪。

 

あの状況でノータイムで事情納得して行けるのは自分だけだと爆豪は言い、「ありがとう!」と感謝するデク。

爆豪は、自惚れるなとデクに言います。

「きてくれた」だぁ?主役にでもなったつもりかよ。

 

死柄木に用があると言う爆豪。

爆豪は、神野(かみの)でのことを思い出しながら、お前(オールフォーワン)は餌だ、あの日の雪辱を果たす、完全勝利する絶好の機会だと言います。

 

デクと共に死柄木を誘導しながら考える爆豪。

今、デクが平常使用でフルカウルできる出力は30%、体への負荷を抑えるためにインパクトの瞬間だけ45%まで引き出す。

エンデヴァー事務所で、オールマイトとの特訓で、デクが力をつける度、離されまいとくらいつく。

今の30%のスピードに俺は”くらいついている”

 

さらに爆豪は、以前、デクに言った言葉を思い出します。

「俺も全部、俺のモンにして上へ行く、選ばれたおまえよりもな」

 

爆豪は、負けたままじゃいられない!と叫び、デクと共に駆け抜けます。

 

死柄木は自分の中の個性を探すかのように、「えーと、あぁ、あった」と言い、掌をエンデヴァーの方へ向けます。

さっきの「空気押し出す」のに「電波」をプラスし、エンデヴァーへ、あんたは今じゃないと言い、電波障害のようなものを発生させヒーロー達のインカムを破壊します。

 

そして突然、デクと爆豪の目の前に現れる死柄木。

カッコ良すぎるイレイザーヘッド

突然現れた死柄木に、デクは、神野で味わった死のイメージを思い出します。

死柄木はデクに言います。

頭の中で響くんだ、手に入れろって、ワンフォーオールをよこせ、緑谷出久。

 

デクと爆豪へ掌を向け、二人は崩壊していきますが、すぐさまグラントリノが飛んできて二人を救出します。

 

ワンフォーオールと聞いて嫌な予感がしたとグラントリノ。

デクと爆豪に、おまえら戦うつもりだったのか”アレ(死柄木)”と!?とグラントリノは言います。

 

死柄木の「崩壊」は触れ合うもの全てを消す。

降り注ぐ瓦礫に触れただけで、死ぬ。

今のお前でどうにかなる相手でじゃない!とグラントリノは言い、デクは、「でも!」と言いますが、ヒーローはまだ死んじゃいない!とグラントリノは答えます。

 

死柄木は残った全員で討つ!とグラントリノは言い、リュウキュウが死柄木に攻撃します。

リュウキュウの腕を掴んだ死柄木ですが、リュウキュウの腕が崩壊しません。

 

死柄木の個性が出なかったのは、イレイザーヘッドが見ていたからでした。

 

デクと爆豪がこの場にいたことから、死柄木が二人を狙ったのか!?と考えるイレイザーヘッド。

イレイザーヘッドは、No.6ヒーロー、クラストに生かされた命、友人である白雲朧(しらくもおぼろ)により生かされてきた自分の個性は、死柄木を討つためにあると決意し、「俺の生徒にちょっかいかけるなよ」と言います。

 

死柄木は、「本当、かっこいいぜイレイザーヘッド」と言います。

 

次号のヒロアカは休載になります。

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでヒロアカの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにヒロアカのアニメも1期〜3期の全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ヒロアカ275話の感想

デク(オールフォーワン)を狙う死柄木。

デクと爆豪、二人ならもしかしたら・・・とか期待しちゃいましたが、死柄木が予想以上のバケモノになってました。

間一髪、デクと爆豪を助けたグラントリノ。

爆豪以外にもノータイムで事情納得して動ける人がいましたね。

 

再び死柄木と戦うイレイザーヘッド。

死柄木の「かっこいいぜイレイザーヘッド」は、たしかUSJ編で言ったセリフですよね。

いや〜本当にカッコ良すぎですよね、イレイザーヘッド。

 

死柄木がどれだけ個性を持っていても、イレイザーヘッドの「抹消」で個性を消すことが可能ですが、欠点はイレイザーヘッドが見続けなくてはいけないこと。

死柄木もそのへんは対応してくると思われますが、ここで死柄木を止めることができるのか!?

ギガントマキアもこちらに向かってるはずなので、ヒーロー側の状況はいまだ不利なままです。

 

ヒロアカ276話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】276話ネタバレ!

(6/27更新)