【ヒロアカ】238話ネタバレ!解放された死柄木の強さがヤバすぎる




ヒロアカ238話のネタバレになります。

前回まで死柄木の過去が描かれ、それにより全ての記憶を取り戻した死柄木。

これまで身につけていた父親の「手」から解放された死柄木。

その強さがヤバすぎます。

スポンサーリンク

解放された死柄木

記憶を取り戻し、自分を縛り続けた父親の手を崩壊する死柄木。

これにより死柄木は完全に解放されました。

 

リ・デストロ(四ツ橋)はストレス100%で死柄木を攻撃します。

 

リ・デストロ

(ストレス100%・・・のハズなのに!!)

 

ストレス100%でかなり大きくなっているリ・デストロ。

そのリ・デストロの両腕による攻撃を片手で崩壊する死柄木。

 

リ・デストロの攻撃だけではなく辺り一帯も崩壊しています。

ヒロアカ238話

 

この状況に、荼毘と戦っていた外典(氷男)は、急いでリ・デストロの方へ向かいます。

 

リ・デストロの前には解放された死柄木の姿が

ヒロアカ238話

 

死柄木

「でかいだけだなぁ」

「わかるよ、目障りなモノを思いっきり壊すと・・・愉しいよな」

 

リ・デストロは反論します。

「私の力は手段である!人々を解放するための!デストロの遺志を完遂するための!」

 

そう言いながらもリ・デストロは考えます。

(先程から波打つこの鼓動は・・・恐怖?いいや違う!)

(私は恐怖も力に換える!ならば何故・・・)

 

そんなリ・デストロに死柄木は言います。

「窮屈そうだなリ・デストロ」

 

リ・デストロは子供の頃に言われた言葉を思い出します。

(力也さん、私達は代々隠れて生きてきた、あなたはデストロの遺志を完遂する人)

(デストロの無念をあなたが・・・)

 

リ・デストロは周辺の地面からパーツのようなものを引き寄せます。

考えるリ・デストロ

(何故ストレスが引いてしまうのか)

 

引き寄せたパーツを装着し、負荷増幅高圧機構”クレストロ”になります。

ヒロアカ238話

 

リ・デストロ

「150%だ」

 

それに対して死柄木

「ああそう、そりゃいいや」

スポンサーリンク

オールフォーワンの後継

街ではギガントマキアが暴れています。

トガちゃんを抱え裏道を通るトゥワイス。

 

トゥワイス

「解放軍を引きつけてくれてんのは良いが・・・圧倒的すぎる」

「今のうちに皆と合流できれば・・・」

 

コンプレスもギガントマキアの暴れっぷりを見て言います。

「珍しく早起きしやがって・・・!今アレとぶつかりゃ連合全滅だ」

 

横にいる荼毘は、戦っていた外典が急にいなくなったことをぼやきます。

「氷野郎・・・もう少しで燃やしてやれたのに」

 

コンプレスはドクターに連絡します。

「ドクター!聞いてんだろ!転送頼む!マキアやば過ぎ!皆死んじまう」

 

ドクターの回答は

「ジョンちゃんを殺す気か」

 

コンプレス

「は!?」

 

ドクター

「ジョンちゃんは転送を使うたびに扁桃炎になるんじゃ!」

 

コンプレス

「知るか頑張れ!つーか嘘つけ、ぽんぽん使ってただろうが!」

 

ドクター

「第三者に居場所が知られとる者と、濃い付き合いをするつもりはない」

「解放軍のマーキングを外して出直して来なさい」

 

コンプレス

「アンタ、死柄木が死んでもいいのか?オールフォーワンの後継なんだろ!?」

 

ドクター

「だからこそ追い込む必要がある」

スポンサーリンク

死柄木が強すぎる

リ・デストロの元へと急ぐ外典

外典はリ・デストロの言葉を思い出します。

(連合と異能を交える上で、最も注意すべきは荼毘の広域火炎放射だ)

(外典、君が解放軍の要だ)

 

両肩に手を置かれてリ・デストロから頼まれていた外典ですが

「ごめんなさいリ・デストロ」

「あなたを心配してしまうなんて」

 

氷に乗り急いでリ・デストロの元へ向かう外典。

 

しかし、ギガントマキアも死柄木の元へ向かっており、ギガントマキアに弾き飛ばされる外典。

 

花畑もギガントマキアからリ・デストロを守るため急いで向かいます。

 

ギガントマキアは叫びます。

「主の後継」

 

ここでギガントマキアは急に止まります。

ギガントマキアの視線の先には死柄木の姿が。

 

死柄木と戦っているリ・デストロ。

リ・デストロは胸の高鳴りの理由を理解します。

(抑圧ではなく解放を、異能の自由行使は人間として当然の・・・)

(苦しみ、覚醒の後、こいつはまるで、全て解放されたかのような・・・)

(そうか、この胸の高鳴りは・・・)

 

死柄木は地面を崩壊させます。

 

死柄木

「150%ね」

「プルス・ウルトラってやつだ?」

 

「ズッ」という音とともに辺りが崩壊します。

 

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでヒロアカの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにヒロアカのアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ヒロアカ238話の感想

死柄木の過去編が終わり、記憶を取り戻した死柄木が覚醒と思われましたが、覚醒の先の解放までいったようです。

解放状態の死柄木が強すぎます。

あのギガントマキアですら動きを止めるほどです。

今回の戦いはまだ終わっていませんが、おそらくもう決まりでしょう。

ドクターとのコンタクトにはじまり、死柄木の解放、トゥワイスの覚醒、そしてギガントマキアの加入。

ヴィラン連合が大きく成長しましたね。

 

ヒロアカ239話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】239話ネタバレ!異能解放軍は死柄木の仲間になる

スポンサーリンク