【キングダム】654話ネタバレ!什虎軍の楚軍であって楚軍ではない!?

【キングダム】654話ネタバレ

キングダム654話のネタバレになります。

魏の呉鳳明(ごほうめい)が什虎(じゅうこ)の戦いに参戦し、そこで秦と魏の三年同盟が結ばれました。

かたや楚も禍燐(かりん)が什虎に援軍を送り、秦魏同盟軍と什虎軍の戦いが開戦します。

 

前回のキングダム653話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】653話ネタバレ!秦・魏同盟軍 vs 楚軍が開戦

秦軍は個の力

楚軍・玄右(げんう)と相対するのは、魏将・馬介(ばかい)、荀詠(じゅえい)、龍范(りゅうはん)の三軍。

玄右軍の第一陣が所々破られる中、楚将・白麗(はくれい)が玄右の援軍として参戦します。

 

左方前面に無数の矢を放ち、矢の幕を張る白麗。

荀詠は、「龍范軍が矢の盾になっている内に滑り込むぞ」と命令します。

それを見た呉鳳明は、左翼の馬介に前に出るよう指示します。

 

什虎の軍師・寿胡王(じゅこおう)のもとには、次々と戦況の報告が入りますが、寿胡王は笑いながら言います。

「三軍のいずれが主攻か、もしくは全主攻の構えか、はたまた最右翼の強軍が飛来するか、ギリギリまで悟らせぬ嫌な手を使うな、呉鳳明とやら」

 

兵士は寿胡王の指示を仰ぎますが、「よい、玄右に任せよ」と寿胡王は言います。

 

玄右は第一陣を下げ、第二陣の線で食い止めるよう指示を出します。

 

秦本陣では玄右軍が一列下がったことに、魏軍の攻めが早い上に、鋭いと驚きます。

本陣の兵士達は、口々に言います。

「呉鳳明(ごほうめい)自ら指揮をとる魏軍はあれほど強いのか」

「秦魏で挟撃と言いつつ、こちらはまだ第一陣同士、一進一退だ」

「魏が早すぎてこちらが挟み撃ちに間に合わぬぞ」

 

無言の蒙毅(もうき)

呉鳳明の素早さについていけてない様子です。

 

魏軍本陣では、「秦は未だ敵第一陣で止まったままです」との報告を聞き、兵士達が言います。

「自分達から友軍を頼んでおいて遅れを取るとは」

「フッだが無理もない、この本陣には呉鳳明様がいらっしゃるのだ」

「この魏の攻勢の鋭さについて来れるのは、あの李牧(りぼく)くらいだ」

「蒙武(もうぶ)の倅(せがれ)とかいう、若い軍師の預かる軍が遅れを取るのは当たり前だ、秦軍はせめて総司令・昌平君(しょうへいくん)を連れてくるべきであったな」

 

呉鳳明は兵士達に言います。

「いや、そうとは限らぬ」

「たしかにあの秦軍本陣にこの俺と同格の戦術理解を求めるのは無理だ」

「だが、秦軍(奴ら)には戦術の遅れを十分に取り返すだけの、個の力がある!」

 

蒙武(もうぶ)と騰(とう)はそれぞれ自軍の先頭に立ち、敵兵を切り倒しながら突破していきます。

兵士達は蒙武と騰の士気に触れ、勢いを増します。

什虎の精鋭部隊が強い

蒙武軍と騰軍が加速したことに、呉鳳明は考えます。

(やはり厄介な男だな、騰)

(軍師級の頭脳を持ちながら、武の牽引でも軍を強化させる力を持つ)

(一方、蒙武は”武”一辺倒の男だが、恐らくその一振りで戦局ごと変える危険な力を持つ、合従軍(がっしょうぐん)の時、汗明(かんめい)を仕留め楚軍を沈めた戦い然り)

 

呉鳳明(ごほうめい)は兵士達に言います。

「よく見ておけ、あの二人、三年後には真っ先に殺さねばならぬ相手だ」

 

さらに呉鳳明は、秦軍が楚軍に追いついてきたことに、「このままではまともに挟撃をくらうぞ楚軍、どうする、什虎城の賢者・寿胡王(じゅこおう)とやら」と言います。

 

戦況が劣勢との報告を受ける寿胡王。

寿胡王は余裕の表情で指示を出します。

「本陣から玄右(げんう)の真後ろに一千送ってやれ、騰には項翼(こうよく)を当ててやれ」

 

兵士は満羽(まんう)への指示はどうするのか聞きますが、「満羽に指示は必要ない」と寿胡王。

寿胡王は言います。

「いや、そもそもまだこの戦局では、この什虎軍に特別な指示など必要ない」

 

楚軍本陣からの大きな動きがないことに、呉鳳明は考えます。

(無策で魏・秦の挟撃を防げるとでも思っているのか)

 

しかし、満羽軍の精鋭部隊と玄右軍の精鋭部隊が魏・秦の挟撃を防ぎます。

魏将・馬介が討たれる

精鋭部隊の強さに驚く秦本陣。

楚軍の項翼(こうよく)も、「あ!?何だあの連中の強さ・・・」と言います。

 

寿胡王(じゅこおう)は言います。

「儂らはそれぞれ、滅びしかつての小国の生き残りよ」

「小国といえど、いずれも数万規模の軍は持っていたがな」

「そしてなぜ生き残っているかというと、国が消失してなお戦で敗れず、観念した楚が生存を認めたからだ」

「つまり、我らは楚軍であって楚軍にあらず」

「今ここにいる什虎軍とは、かつて汗明(かんめい)やら何やらの楚軍と戦い続け、それを返り討ちにしてきた怪物達だ」

 

玄右(げんう)は魏軍の左、魏将・馬介(ばかい)の本陣に突っ込み、そのまま一刀のもとに馬介の首をはねます。

 

寿胡王はさらに言います。

「少しは理解してきたか?」

「秦魏(お前達)は今、そういう相手と戦っているのだよ」

 

次回のキングダムは休載になります。

キングダムのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

キングダムのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでキングダムの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにキングダムのアニメも全て「見放題」です!!

第1シーズン

 

第2シーズン

 

第3シーズン

 

映画のキングダムも有料ですが視聴可能です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

キングダム654話の感想

什虎のカルテット(満羽、千斗雲(せんとうん)、玄右、寿胡王)、本当に強かったですね。

そしてまだまだ未知の強さのため、不気味でもあります。

秦と魏の同盟軍、秦には蒙武と騰、魏には呉鳳明がいるため、役者は揃ってますが・・・それでも什虎城攻略は一筋縄ではいかなそうです。

どのような展開になるのか楽しみですね。

個人的には、録嗚未(ろくおみ)の活躍にも期待してます!!

 

キングダム655話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】655話ネタバレ!