【呪術廻戦】144話ネタバレ!天元様登場!?

【呪術廻戦】144話ネタバレ

呪術廻戦144話のネタバレになります。

乙骨が虎杖の味方であることが判明し、伏黒も姿を現します。

伏黒は虎杖に、お前の力が必要だと言いますが・・・。

 

前回の呪術廻戦143話のネタバレはコチラになります。

>【呪術廻戦】143話ネタバレ!虎杖の母親は加茂!?加茂の仕組んだ死滅回游とは?

釘崎は死亡で確定!?

虎杖に、お前の力が必要だと言う伏黒。

虎杖は祖父の言葉、「人を助けろ」を思い出します。

 

宿儺(すくな)が伏黒で何かを企んでいると乙骨に伝える虎杖。

さらに虎杖は、渋谷で宿儺に肉体を取られたのは一度に指を10本も食わされたからであり、現在、自分の中には指が15本で、残り5本を全部一度に食わされても肉体は乗っ取られないと言います。

それでももし、次に自分が宿儺と代わったら、迷わず殺してくれと乙骨に頼む虎杖。

乙骨ならできると思うと言う虎杖に、死力(ベスト)を尽くすと乙骨は答えます。

 

虎杖は伏黒に何をすればいいと聞き、伏黒は説明します。

まずは高専に戻り天元(てんげん)様と接触する。

獄門彊(ごくもんきょう)の封印の解き方、加茂憲倫(かものりとし)の具体的な目的と今後の出方、死滅回游(しめつかいゆう)は未曾有の呪術テロ、事態を収拾するにはこの2つの回答がマスト。

この問いに答えられるのは天元様しかいないと思われる。

 

虎杖は、九十九(つくも)さんは知らないかな?と聞きますが、九十九とは既に話しており、この案は九十九のものだと伏黒は言います。

そしてその九十九は現在、上層部と関わりたくないという理由から高専に潜伏していると伏黒は説明します。

 

乙骨は、問題は天元様の”隠す”結界だと言います。

シャッフルが繰り返される1000以上の扉の内、1つだけが天元様のいる薨星宮(こうせいぐう)に繋がっており、それを引き当てなくては天元様に会えない。

 

ここまで聞いた虎杖は、「ごめん、やっぱ今聞くわ」と伏黒に言い、釘崎のことを聞きます。

無言の伏黒に、拳を握りしめ、「そうか・・・分かった・・・分かった!」と言う虎杖。

顔に火傷の跡が残った真希

突然、脹相(ちょうそう)が話し出します。

天元様の”隠す”結界は、真人が宿儺の指と受胎九相図を盗み出した方法で何とかなるかもしれない。

 

高専に戻った虎杖達は、九十九と真希と合流します。

真希の顔半分は火傷の跡が残っており、九十九は説明します。

反転術式でも跡は残るが、流石は天与呪縛のフィジカルギフテッド、最後の最期で呪いへの耐性ではなく生来の肉体の強度が生死を分けた。

 

脹相は皆に説明します。

扉から薨星宮(こうせいぐう)の途中には、高専が呪具や呪物を保管している”忌庫(きこ)”があるはずだが、忌庫には自分の弟達の亡骸がある。

亡骸でも6人も揃えば自分の術式の副次的効果で気配くらい分かるはず。

 

脹相の提案に、「Good(グッド)!」と声を出す九十九ですが、真希は聞きます。

「コイツは誰だ」

 

虎杖は説明します。

とりあえず俺の・・・兄貴ってことで・・・。

 

思わず、「悠仁!!」と叫ぶ脹相。

天元様登場!?

扉の前で、この先に弟達が眠っていると脹相は言い、皆は扉の中へと入ります。

奥にある薨星宮(こうせいぐう)へと続く昇降機を目指す虎杖達。

 

途中、忌庫を通り立ち止まる脹相。

脹相は忌庫のシャッターの前で、後で迎えにくる、もう少し待っててくれと言い、先へ進みます。

 

昇降機に乗り、薨星宮へ向かいます。

地面の血痕を見た虎杖は、何かあったのかなと言い、11年も前の話だと九十九。

さらに九十九は、今思えば全ての歪はあの時はじまったのかもしれないと言い、乙骨と真希は九十九が何のことを言っているのか理解できない様子。

 

本殿に到着した一行。

中には何もない空間が広がっており、九十九は言います。

自分達を拒絶している、天元は現(うつつ)に干渉しないが、六眼(りくがん)を封印された今なら接触が可能だと踏んだが、見通しが甘かった。

 

そう言いながら九十九は考えます。

拒絶されているのは私達ではなく私か・・・?

 

乙骨は、津美紀(つみき)さんには時間がないため、戻ろうと言いますが、背後から「帰るのか?」との声が。

 

皆が振り返ると、そこには呪霊のような姿の生物が。

この生物は言います。

「初めまして、禪院(ぜんいん)の子、道真(みちざね)の血、受胎九相図、そして宿儺の器」

※禪院の子は真希、道真の血は乙骨(菅原道真の子孫で五条悟とは親戚)、受胎九相図は脹相、宿儺の器は虎杖。

 

次回の呪術廻戦は休載になります。


呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読める!?

呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで呪術廻戦の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

最新刊ではなく、乙骨優太が主人公の前日譚、【呪術廻戦0巻 東京都立呪術高等専門学校】を無料で読むという選択肢もあります。

 

さらに呪術廻戦のアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

呪術廻戦144話のまとめ

乙骨、伏黒とともに高専に戻った虎杖。

九十九、真希と合流し天元様のもとへ向かいます。

本殿に現れた呪霊のような生物、この生物が天元様なのか!?

そして釘崎は死亡確定なのか!?

 

呪術廻戦145話のネタバレはコチラになります。

>【呪術廻戦】145話ネタバレ!

(4/12更新)