【呪術廻戦】134話ネタバレ!偽夏油の正体が加茂憲倫(のりとし)と判明

【呪術廻戦】134話ネタバレ

呪術廻戦134話のネタバレになります。

虎杖の前に現れた偽夏油(にせげとう)

今回の134話では偽夏油の正体が判明します。

 

前回の呪術廻戦133話のネタバレはコチラになります。

>【呪術廻戦】133話ネタバレ!冥冥(めいめい)死亡!?偽夏油が虎杖の前に現れたが・・・

京都校が参戦

偽夏油は、真人を封印した丸い珠を持って虎杖に言います。

「極ノ番(ごくのばん)というものを知っているかい?「領域」を除いたそれぞれの術式の奥義のようなものだ」

「呪霊操術極ノ番「うずまき」、取り込んだ呪霊を一つにまとめ、超高密度の呪力を相手へぶつける」

「「うずまき」は強力だが、呪霊操術の強みである手数の多さを捨てることになる、だから始めはあまり唆(そそ)られなかったんだ、ただの低級呪霊の再利用だと思っていたからね」

 

偽夏油の話を聞きながら、(今は・・・待つ!)と無言の虎杖。

偽夏油は話を続けます。

「でも違った、その真価は準1級以上の呪霊を「うずまき」に使用した時に起こる、術式の抽出だ」

 

偽夏油は真人を封印した丸い珠を飲み込んで言います。

「馬鹿だな、君が感じた気配に、私が気づかないと思ったのかい?」

 

偽夏油が見上げる上空には、箒(ほうき)に乗り宙に浮いている西宮の姿が。

西宮はランプの光で合図を送り、西宮のランプの真下へ三本の矢を放つ加茂。

 

放たれた矢を避ける偽夏油ですが、避けた先へ銃弾が放たれます。

呪霊を出して銃弾を防ぐ偽夏油。

 

偽夏油を狙撃したのは真依。

偽夏油は言います。

「狙撃銃か、いいね、私も術師相手であれば通常兵器は積極的に取り入れるべきだと思うよ」

 

偽夏油の背後には、居合の構えをした三輪の姿が。

三輪は心の声で言います。

(ミニバスで、キャプテンをやっていたあの頃はよく、お母さんが髪を黒く染めてくれてたっけ)

(中学で師範と出会って、刀どころか木刀も竹刀も握ったことないくせに、呪術師になることを選んだ)

(ひたすら刀を振るった、お母さんの負担になりたくなかったから、ひたすら刀を振るった、死にたくなかったから)

(のせる!今までの全てとこれからの未来を!もう二度と刀を振るえなくなっても!)

 

シン・陰流「抜刀」で偽夏油を攻撃する三輪。

日下部と歌姫も参戦

偽夏油を背後から抜刀で攻撃した三輪ですが、偽夏油は刃を折り、極ノ番「うずまき」を放とうとします。

三輪の危機を察知した西宮は、急いで地上へ向かい、偽夏油は「うずまき」を放ちます。

 

地面が爆発し、それを見ながら偽夏油は言います。

「シン陰か・・・よかったよ、少しはウンチクがある奴が来てくれて」

 

三輪を「うずまき」から守ったのは日下部。

三輪の側には西宮と歌姫の姿も。

西宮は歌姫に言います。

「先生が前出てきちゃ意味ないでしょ!」

 

さらにはパンダと加茂も合流し、パンダは虎杖に聞きます。

「虎杖・・・で、いいんだよな?」

 

「パンダ先輩!」と言う虎杖に、「よかった、戻ったんだな」とパンダ。

 

偽夏油を見た加茂は、「何者だ」と聞き、パンダは答えます。

「側(がわ)は夏油傑(げとうすぐる)、中身は知らねぇよ」

偽夏油の正体が加茂憲倫(のりとし)と判明

この場に脹相(ちょうそう)も現れ、偽夏油は、「やぁ脹相」と言います。

偽夏油を見た脹相。

ドクン、ドクンという鼓動が激しくなり、脹相は心の声で言います。

(俺には3人の親がいる)

(母、母をはらませた呪霊、そしてその間に血を混ぜた、母を弄んだ憎むべき・・・)

 

「アイツは・・・!」と言う脹相に、「気づいたようだね」と偽夏油。

 

脹相は叫びます。

「そういうことか!加茂憲紀(かものりとし)!!」

 

混乱する西宮に、歌姫は言います。

「加茂家の汚点・・・!史上最悪の術師!本当なら夏油の中身は150歳を超えてることになるわよ」

 

日下部は、(馬鹿げた結界術、馬鹿げた術具の所持、肉体を乗り換える術式を持つ黒幕の人選としては・・・)と考えながら言います。

「妥当っちゃ妥当だな」

 

偽夏油は言います。

「加茂憲紀も数ある名の一つにすぎない、好きに呼びなよ」

 

脹相は、「よくも・・・!よくも俺に!」と叫びながら走り出します。

偽夏油へ向かいながら叫ぶ脹相。

「虎杖を!弟を!殺させようとしたな!」

 

偽夏油の横に裏梅(うらうめ)が飛び込んできます。

裏梅は戦闘態勢で脹相に言います。

「引っ込め三下、これ以上、私を待たせるな」

 

脹相は怒りの表情で言います。

「どけ!俺はお兄ちゃんだぞ!」

 

今週のジャンプは合併号のため、次回は1/18(月)の発売になります。


呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読める!?

呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで呪術廻戦の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

最新刊ではなく、乙骨優太が主人公の前日譚、【呪術廻戦0巻 東京都立呪術高等専門学校】を無料で読むという選択肢もあります。

 

さらに、これから放送される、呪術廻戦のアニメも全て「見放題」と思われます!

 

最新刊を無料で購入できて、おそらくアニメも見放題と思われるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

呪術廻戦134話の感想

遂に偽夏油の正体が判明しました。

明治の初めに史上最悪の呪術師として名を馳せた加茂憲倫。

脹相たち呪胎九相図(じゅたいくそうず)の生みの親ですね。

 

とはいえ、肉体を乗り換える術式のようなので、本当の正体はまた別のようです。

加茂憲紀もそのうちの一つということでしょう。

 

偽夏油の正体が判明し、京都校、日下部、パンダ、そして脹相が参戦。

さらに裏梅までもが参戦しましたが、裏梅の正体は!?

 

ストーリーとは全く関係ないのですが、脹相がギャグ要員になりつつあります。

そういう見方をすると、脹相の髪型もネタに見えてきたw

 

呪術廻戦135話のネタバレはコチラになります。

>【呪術廻戦】135話ネタバレ!

(1/18更新)