【呪術廻戦】133話ネタバレ!冥冥(めいめい)死亡!?偽夏油が虎杖の前に現れたが・・・

【呪術廻戦】133話ネタバレ

呪術廻戦133話のネタバレになります。

真人を追い詰めた虎杖ですが、そこに現れたのは偽夏油(にせげとう)

偽夏油と戦っていた冥冥(めいめい)は死亡したのか!?

 

前回の呪術廻戦132話のネタバレはコチラになります。

>【呪術廻戦】132話ネタバレ!二重の衝撃・逕庭拳(けいていけん)をモノにする虎杖

虎杖の死刑に賛成する日下部

【23:09】

東京メトロ渋谷駅 地下5F

真人戦の少し前の東堂と新田。

 

東堂は窪んだ床を触りながら言います。

「どうやら、夏油傑(げとうすぐる)は既に獄門疆(ごくもんきょう)を持ち去ったようだな」

 

「そんな・・・!」と焦る新田に、東堂は指を鳴らして言います

「切り替えろ」

「五条悟を取り戻す戦いから、味方を救い、できうる限り敵戦力を削ぐ戦いへと、今!目的が変わったんだ」

「急ごう、ブラザー(虎杖)なら近くに来ているはずだ」

 

それを聞いた新田は、(兄弟おったんや、絶対一人っ子やと思ってたわ)と考えます。

 

【23:28】

渋谷ストリーム前

瓦礫の中から日下部を見つけたパンダ。

 

日下部はパンダに、「随分と話が違ぇじゃねぇかよ」と、虎杖のことを聞きます。

パンダは、「いや、アレは宿儺(すくな)・・・」と答えますが、日下部は被せるように言います。

「肉体の主導権は虎杖にある、そういう話だったろ」

「先に言っとくぞ、五条が消えて今後、虎杖にどんな処分が下ろうと、俺が虎杖側(おまえら)につくことはない」

「俺は虎杖悠仁の死刑に賛成だ」

冥冥(めいめい)の安否が判明

【22:36(現地時間)】

マレーシア クアラルンプール

 

ホテルのベッドで寝ている憂憂(ういうい)

その横で冥冥(めいめい)は言います。

「すまなかったね、疲れたろう憂憂」

「今日はこのままベッドで寝ようか」

 

憂憂は口を抑え、嬉し恥ずかしそうに言います。

「そんな・・・!はしたないですよ!」

 

冥冥は言います。

「フフ・・・はしたない私は嫌いかい?」

 

その時、スマホが鳴り、冥冥は言います。

「すまない、折り返しが入った」

 

スマホに出た冥冥は言います。

「夜分にすまないね、ああ、そっちは朝か」

「私?KL(クアラルンプール)、そう、憂憂の術式だ、殺されそうになったんでね」

「日本の株と東京の不動産は全て売り払った方がいいよ、私はもう円も替えた、そう今すぐにだ」

「主要先進国への負の連鎖も免れないだろう、腐っても日本は世界第3位の経済大国だからね、まぁ塩梅(あんばい)は任せるさ」

「いいよ、お礼なんて、いつも通りインサイドでいてくれたら、フフ・・・今後ともよろしく」

 

【23:28】

渋谷駅 地下3F

目を覚ました脹相(ちょうそう)

目からは一筋の涙が。

 

「どったの兄ちゃん、具合悪い?」と虎杖が聞いてきた夢を見ていた脹相は、「行かなければ」と言い、立ち上がります。

さらに脹相は言います。

「虎杖悠仁、お前は何者だ」

「知らなければ、俺は何だ?」

虎杖 vs 偽夏油

【23:36】

渋谷警察署宇田川交番跡

突然現れた偽夏油に向かって走る虎杖。

 

真人が「夏油」と呼んだこと、着ている袈裟と額の傷から、この人物が夏油であることを確信し、「五条先生を返せ!」と叫びながら向かっていきます。

 

偽夏油はナマズのような呪霊を出しながら言います。

「ナマズが地震と結びつけられ怪異として語られたのは江戸中期、地中の大ナマズが動くことで地震が起こると信じられていたんだ」

 

虎杖の足元に巨大な空間が現れ、落下した感覚に陥る虎杖。

しかし、実際には穴などなく、虎杖はその場に転倒します。

 

偽夏油は倒れた虎杖に言います。

「落ちたと思っただろう、端から見れば君が勝手に引っくり返っただけなんだがね」

「呪霊操術の強みは手数の多さだ、準1級以上の呪霊を複数使役し、術式を明解・攻略されようと、また新しい呪霊を放てばいい」

「勿論、その間を与えずに畳みかけるのもいいだろう」

 

無数の蛇のような呪霊が虎杖に絡みつきますが、引きちぎろうとする虎杖。

しかし、再び巨大な穴のようなものが現れ転倒し、さらには上からは無数の蛇が襲いかかり、血だらけになります。

 

偽夏油は言います。

「去年の百鬼夜行、新宿と京都に戦力を分散させなければ、勝っていたのは乙骨(おつこつ)ではなく彼だったろう」

「君には関係のない話だったかな」

 

偽夏油を睨みながら虎杖は言います。

「・・・返せ!」

 

偽夏油は言います。

「我ながら流石と言うべきか、宿儺の器タフだね」

 

その時、真人が偽夏油に飛びかかりますが、真人を避ける偽夏油。

真人は偽夏油に言います。

「知ってたさ、だって俺は、人間(オマエら)から生まれたんだから」

 

偽夏油は真人を丸い珠に封印し、虎杖に言います。

「続けようか、これからの世界の話を」

 

今週のジャンプは合併号のため、次回は1/4(月)の発売になります。


呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読める!?

呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで呪術廻戦の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

最新刊ではなく、乙骨優太が主人公の前日譚、【呪術廻戦0巻 東京都立呪術高等専門学校】を無料で読むという選択肢もあります。

 

さらに、これから放送される、呪術廻戦のアニメも全て「見放題」と思われます!

 

最新刊を無料で購入できて、おそらくアニメも見放題と思われるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

呪術廻戦133話の感想

虎杖の前に偽夏油が現れたので、冥冥死亡!?と思われましたが、逃げ出してたようです。

さすが冥冥。

しかも、既に資産を守る行動に出ていたようで、本当に流石です。

 

個人的には冥冥や日下部のような、自己中心的なキャラが大好きです。

特に呪術では主人公の虎杖が人のために動くし、東堂もそんな感じの熱いキャラなので、冥冥や日下部がなんかいいな〜って。

日下部はちょっと不真面目すぎる感がありますけどねw

 

いよいよ渋谷事変もクライマックスのようですが、どのような結末になるのか楽しみです。

 

呪術廻戦134話のネタバレはコチラになります。

>【呪術廻戦】134話ネタバレ!