【呪術廻戦】196話ネタバレ!真希が相撲で覚醒!?

【呪術廻戦】196話ネタバレ

呪術廻戦196話のネタバレはコチラになります。

突如現れた大道と三代。

しかも、大道は直哉を斬り、三代は簡易領域を展開。

この二人、一体何者!?

 

前回の呪術廻戦195話のネタバレはコチラになります。

>【呪術廻戦】195話ネタバレ!大道 鋼と三代 六十四が参戦

三代 六十四の領域

三代(みよ)の領域は彼が相撲を取るためにのみ機能する、それ以外を全てそぎ落とした結界。

純粋な相撲勝負、呪術的な縛りの要素を排除するために、領域は招き招かれた両者が了承しない限り完成しない。

 

真希を誘う三代。

「取らねぇのか!?相撲」

 

真希は言います。

「いいぜ」

 

驚く加茂に真希は言います。

「考えすぎてる、少しスッキリさせてく」

 

土俵一つ分の帳がおり、領域が完成します。

相撲する真希

真希は立ち合いながら考えます。

(私には何が見えていない?私には)

 

勢いよく飛び出す真希。

三代は真希に何かを感じ、真希の背後に回ります。

真希も三代の方を振り向きますが、三代はそのまま真希を倒します。

 

三代は言います。

「こんなもんじゃないだろう嬢ちゃん、立会った瞬間わかったぜ、正面から組めば喰われると」

「話してみろ、なぜ集中できない?何を考えている?」

 

真希には師と呼べる人物がいない。

拒絶していたわけでもなく慢心していたわけでもない。

強くなるために他社を頼るという発想がなかった。

 

三代に話す真希。

真希の話を聞いた三代は言います。

「なるほど、あの侍の言っている意味が分からんと」

「俺は分かるぞ」

「立て、相撲を取るぞ、俺はそれ以外、伝え方を知らん」

真希が覚醒!?

その後、何度も相撲を取る真希と三代。

三代は言います。

「ぶつかり合った瞬間、土俵に上がるまでの全てがたがいに流れ込んでくることがある」

「光を嗅ぐように、音を見るように、相手の全て、自分の全てが感じ取れる」

「そうなったら目の前の肉体も勝敗すら意味をなさない、侍が言いてぇのはそういうこと・・・つまり、自由さ」

「あとはもう体感するしかねぇよ」

 

相撲で三代に勝利した真希。

帳が消え、晴れ晴れとした表情で真希は言います。

「絶好調」

呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読める!?

呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで呪術廻戦の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

最新刊ではなく、乙骨優太が主人公の前日譚、【呪術廻戦0巻 東京都立呪術高等専門学校】を無料で読むという選択肢もあります。

 

さらに呪術廻戦のアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2022年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

呪術廻戦196話まとめ

三代と相撲を取ることで何かを掴んだ真希。

晴れ晴れとした表情で真希は「絶好調」と言います。

ここから真希の反撃がはじまるのか!?

 

呪術廻戦197話のネタバレはコチラになります。

>【呪術廻戦】197話ネタバレ!

(9/12更新)