【呪術廻戦】159話ネタバレ!日車寛見(ひぐるまひろみ)は弁護士だった

【呪術廻戦】159話ネタバレ

呪術廻戦159話のネタバレになります。

秤金次の協力を得た虎杖達。

ここから本格的に死滅回游へ参戦していくのか!?

 

前回の呪術廻戦158話のネタバレはコチラになります。

>【呪術廻戦】158話ネタバレ!鹿紫雲一(かしもはじめ)とは何者!?

日車寛見(ひぐるまひろみ)は弁護士

日本の刑事裁判の有罪率は99/9%。

刑務所で大江圭太(おおえけいた)容疑者と接見する日車。

 

岩手県盛岡市で2016年3月、女児とその母親、計2人の刺殺体が自宅で見つかった事件。

盛岡地検は近くに住む大江圭太を2人に対する強盗殺人の容疑で起訴した。

 

逮捕までの経緯はこうだ。

大江は巡回中の警官からの職務質問に逃亡し、自宅に駆け込んだ所、追いかけてきた警官が血のついた刃物を発見、現行犯逮捕だ。

後のDNA鑑定で刃物の血痕と被害者のDNAが一致している。

大江は一貫して犯行を否認、証拠となった刃物に関しても拾ったと述べる。

 

事務所に戻った日車。

日車の話を聞いた助手の清水は、「それは無理があるでしょ〜」と言います。

 

清水は、「後ろめたいことがあるから職質を拒否した」と言いますが、日車は言います。

「彼は昔、知人が薬物を使用していたことが原因で、不当な聴取を受けたことがある」

 

清水

「だとしても拾ったって・・・血のついた包丁を?なんで?」

 

日車

「後で警察に届けるつもりだったそうだ」

 

清水

「後でて!」

 

日車

「分かってる、言い分全てに無理がある」

「しかし大江の環境・・・住み込んで働いているNPO法人のことを考慮すると、あり得ない話じゃないと思えてくる」

「行き場のない高齢者に対するシェルター運営や自立支援が主な活動だ」

「大江はそこで仕事として彼らの世話をしていた」

「だが彼に給料は支払われていない、お小遣いと称してお年玉を貰ったり、弁当や食材の現物支給のみだ」

「にもかかわらず彼は月5万円を家賃として徴収されている」

 

清水

「エグぅ・・・」

 

日車

「入居者には前科のある者も少なくないそうだ、更に拾得物(凶器)の提出が遅れてしまった理由は、パトカーや救急車は近所の人の迷惑になるため呼んではダメな決まり」

「ただでさえ東北(こっち)は震災復興資金が流れ込んでから運営実態の怪しいNPO法人が増えている」

「凶器が落ちていても意外じゃない、大江がシロの可能性は十二分にある」

 

日車は清水に、団体の活動実績などを調べるよう命令し、自分は大江から事情を聞き出すと言います。

有罪ありきの裁判

清水の話を聞いた日車の以前の同僚?高木は笑います。

「日車君は相変わらずってわけだ」

 

日車の過去を話す高木。

飲酒運転を担当した日車。

被告人は19歳で飲酒も運転も職場の人達に強要されたものだった。

しかし、関係者に口裏合わせられ、示談金も用意できず執行猶予も取れなかった。

 

被告人から罵られる日車。

「嘘つき」

「無罪になるって言ったじゃないか!」

 

高木は日車に言います。

「なんとか執行猶予つくようにするって言っただけで、無罪になるなんて言ってないのにねぇ」

「これで懲りたでしょ、もう無理筋の刑事弁護なんてやめなよ」

「弱者救済なんて・・・そりゃ立派だけどさ」

 

日車は言います。

「弱者(かれら)は経済的にも精神的にも追いつめられています」

「私に当たるのも無理はない」

 

高木

「君の精神(こころ)はどうなるのさ、日車君」

 

日車

「・・・私は」

 

大江の裁判で無罪を勝ち取った日車。

接見で、大江は泣いて感謝します。

 

日車

「まだ二審がある」

 

大江

「そうじゃなくて、俺を信じてくれてありがとう」

 

控訴審(二審)、有罪、無期懲役。

 

限られた予算と人数で動かなければならない弁護側に対し、検察は税金とマンパワーを投入して証拠を上げる。

それはいい、そういう仕組だ。

だが、二審で検察側から新規の証拠は提出されず、「行方不明者の犯行と疑う理由はない」と無茶な事実認定が下され、判決が覆った。

三審の最高裁は狭き門、上告はほぼ門前払い、まともに審理されることすら難しい。

この裁判は初めから有罪ありきの・・・。

 

日車を睨む大江。

 

日車

(なぜ私を、その目で見る)

死滅回游プレイヤー 日車寛見

高木

「君の精神(こころ)はどうなるのさ、日車君」

 

日車

「・・・私は、弱者救済など掲げてはいません」

「昔から自分がおかしいと感じたことを放っておけない性分でした、それが治ってないだけです」

「正義の女神は法の下の平等のために目を塞ぎ、人々は保身のためならあらゆることに目を瞑(つむ)る」

「そんな中、すがりついてきた手を振り払わない様に、私だけは目を開けていたい」

 

日車は木槌で机を叩き、怒りの表情で言います。

「全員戻れ」

「やり直しだ」

 

日車の背後には呪霊の姿が。

呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読める!?

呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで呪術廻戦の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

最新刊ではなく、乙骨優太が主人公の前日譚、【呪術廻戦0巻 東京都立呪術高等専門学校】を無料で読むという選択肢もあります。

 

さらに呪術廻戦のアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

呪術廻戦159話のまとめ

死滅回游プレイヤー・日車寛見(ひぐるまひろみ)の過去が判明しました。

呪霊の姿がありましたが、どのような呪術なのか!?

 

呪術廻戦160話のネタバレはコチラになります。

>【呪術廻戦】160話ネタバレ!

(9/27更新)