【呪術廻戦】140話ネタバレ!乙骨の呪力量は五条よりも多い

【呪術廻戦】140話ネタバレ

呪術廻戦140話のネタバレになります。

禪院直哉(ぜんいんなおや)、乙骨に狙われる虎杖。

虎杖のとった行動は・・・。

 

前回の呪術廻戦139話のネタバレはコチラになります。

>【呪術廻戦】139話ネタバレ!禪院直哉(ぜんいんなおや)・乙骨と遭遇する虎杖

禪院直哉(ぜんいんなおや)と乙骨が共闘

突然現れた乙骨。

虎杖は、「・・・誰だ?」と言い、脹相(ちょうそう)は考えます。

(誰であろうと目的は・・・)

 

虎杖達よりも高いところにいる乙骨は、コンクリートの壁に片足を置き、一気に破壊し虎杖達と同じ高さまで降ります。

乙骨のあまりのパワーに驚く虎杖と脹相。

 

「誰が虎杖くんの何?」と聞く乙骨に、「やはり悠二の死刑執行人か」と脹相は言います。

 

両手を上げ、「ちょい待って」と直哉。

直哉は乙骨に言います。

「味方やで、君、乙骨君やろ」

 

乙骨の名前を聞き、伏黒が言っていた名前だと思い出す虎杖。

(五条先生と同じ、特級術師・・・!)

 

乙骨は直哉に、「アナタは?」と聞き、直哉は答えます。

「禪院直哉(ぜんいんなおや)、真希ちゃんのいとこや、君と同じやで、虎杖君殺せって言われとる、安心しい君の邪魔はせぇへん」

「その代わり」

 

脹相は虎杖に言います。

「逃げるぞ悠二」

「金髪(直哉)は種のあるスピードタイプ、アイツと追いかけっこは美味くない、俺が足止めする」

 

「大丈夫かよ」と聞く虎杖ですが、「俺はな、狙われてるのはオマエだぞ」と脹相は答えます。

脹相は虎杖に言います。

「黒髪・・・乙骨から逃げ切ることだけを考えろ、五条悟と同じタイプと見た、戦ったら死ぬぞ」

 

直哉は乙骨に言います。

「虎杖君を殺しても、そのことを上にしばらく黙っててくれへん?彼を餌に会いたい人がおんねん」

 

そう言いながら考える直哉。

(恵君のこと、黙っといたらよかったな肝冷えるわ)

 

脹相は、「昨日の地点で落ち合うぞ」と伝え、赤血操術(せっけつそうじゅつ)の構えをします。

虎杖も返事をし、この場から逃げようとします。

 

乙骨は、「いいですよ、じゃあそっちは任せます」と言い、それを聞いた直哉は脹相に飛びかかります。

逃げる虎杖と追う乙骨

逃げた虎杖を追う乙骨。

虎杖は考えます。

(速い!抜き身の刀を持ってこれかよ!)

 

乙骨も考えます。

(速いな、走り出しで潰すつもりだったのに)

 

両腕を蹴りで払われた脹相。

脹相は考えます。

(乙骨の進路を妨害するつもりが、読まれていたか!)

 

脹相を攻撃する直哉。

脹相は距離を置きます。

 

直哉は言います。

「見てたでさっき、赤血操術(せっけつそうじゅつ)やろ?」

「なんで君がそれを持っとんのかは知らんけど、穿血(せんけつ)以外はそんな怖ない、ほんで穿血を出すには百斂(びゃくれん)、デカいタメがいる」

「後は言わんでも分かるやろ、詰みや、死ぬで君」

 

脹相は言い返します。

「オマエこそ、俺の弟に手を出して生きて帰れると思っているのか?」

 

横転している車を飛び越える虎杖。

乙骨は横から回り込み刀を振りますが、虎杖は車を掴み空中で停止し、そのままジャンプした方向に戻ります。

 

絶対斬ったと思った乙骨は驚きます。

「真希さんみたいだ」

 

車を殴り飛ばして乙骨に当てる虎杖。

虎杖は考えます。

(見通しのいい所じゃこの人からは逃げ切れねぇ!)

(今の内に・・・屋内に逃げ込む!)

 

ビルへ向かって走る虎杖ですが、殴り飛ばした車が飛んできます。

車を飛ばしたのは乙骨。

乙骨の呪力量は五条よりも多い

乙骨は虎杖に言います。

「驚いた?パワータイプに見えないもんね」

「実際非力な方だしね」

 

虎杖は乙骨を見ながら感じます。

(パワーがなくても・・・とんでもねぇ呪力量だ・・・)

(パワー不足を呪力強化で補ってる、皆やってることだけどこの人がやると・・・)

 

乙骨は言います。

「気づいた?五条先生より多いんだよ、呪力量」

 

「いっ!?」と驚く虎杖。

 

乙骨は続けて言います。

「でも先生には”六眼(りくがん)”があるから、術式を発動した時のロス呪力(エネルギー)が限りなく0なんだ」

「パフォーマンスではやっぱり先生が1番だよ、僕に呪力切れはあっても先生にはないしね」

「話は終わり」

 

刀で斬りかかってくる乙骨。

刀を避けながら虎杖は東堂の言葉を思い出します。

(一流の術師ほど呪力の流れが読みづらいものだ、オマエとは違う理由でな)

 

乙骨の攻撃を避けながら考える虎杖。

(アレは一流ほど呪力操作の精度が高いから、直前まで攻撃が予測できないという意味だ)

(でもこの人は、刀を含め全身から常に呪力が立ち昇ってる!)

(動きを読む読まない以前の問題!全ての攻撃が決定打に成り得るし、全てのダメージを最小限に抑えられる)

 

ナナミンの言葉を思い出す虎杖。

(後は頼みます)

 

虎杖は言います。

「悪いけど、まだ死ぬわけにはいかねぇんだわ」

呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読める!?

呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで呪術廻戦の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

最新刊ではなく、乙骨優太が主人公の前日譚、【呪術廻戦0巻 東京都立呪術高等専門学校】を無料で読むという選択肢もあります。

 

さらに、これから放送される、呪術廻戦のアニメも全て「見放題」と思われます!

 

最新刊を無料で購入できて、おそらくアニメも見放題と思われるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

呪術廻戦140話の感想

直哉と乙骨があっさりと共闘し、乙骨が虎杖を狙います。

そして乙骨の呪力量が五条先生よりも多いことが判明し、絶体絶命の虎杖。

虎杖はこの状況を打破できるのか!?

 

とはいえ、虎杖がこの場を逃げ切れたとしても、またすぐに発見されそうですよね。

根本的なところを解決する必要がある気がします。

例えば、乙骨が信用している人間がこの場に現れるとか・・・。

 

次号の展開も楽しみです!

 

呪術廻戦141話のネタバレはコチラになります。

>【呪術廻戦】141話ネタバレ!

(3/8更新)