【呪術廻戦】206話ネタバレ!九十九が羂索に敗北!?

【呪術廻戦】206話ネタバレ

呪術廻戦206話のネタバレになります。

九十九と羂索の術式が判明する中、羂索が領域を展開。

九十九は何を狙う!?

 

前回の呪術廻戦205話のネタバレはコチラになります。

>【呪術廻戦】205話ネタバレ!九十九の術式は仮想の質量を付与する

天元の狙い

時は遡り、天元は九十九に自身の策を説明します。

九十九は、「羂索(けんじゃく)の領域を解体する?」と聞き、天元は説明します。

「羂索の目的は私の本体が在るこう薨星宮(こうせいぐう)だ」

「君達が奴を迎え撃つのはその直上に張り巡らされた迷宮の一部屋だ、それぞれの部屋は“空性結界”といい、結界術に長けた者ならばある程度中の構造を設定できる」

「羂索程の術師であれば自由に舞台を設定できるだろう」

 

九十九は、自分達が不利になるのでは?と聞きますが、羂索にそう思ってもらうことが重要だと天元。

天元は言います。

「だがあくまで空性結界の主は私だ、空性結界の内側で戦闘を進め羂索に領域を展開させる」

「結界内の情報は主である私に筒抜けだ、羂索の領域を分析し領域のパラメータを中和する設定を空性結界から流し込む」

 

九十九は言います。

「よく分からんが、そこなら羂索の領域を打ち消すことができるわけか」

 

「ああ」と答える天元。

九十九は、「何秒かかる?」と聞き、「10秒あれば」と答える天元。

 

九十九は言います。

「つまり10秒私は私の領域を使わず、術式の焼ききれない簡易領域で羂索と領域の押し合いをしないといけないわけか」

「いや、私から領域を展開すれば羂索も領域を展開せざるを得ない、そのほうが手っ取り早くないか?」

「私の術式が焼き切れても、こっちには脹相も“鳳輪(ガルダ)”もいる」

 

天元は言います。

「駄目だ、それだと領域の外殻が九十九の領域になってしまう、羂索の領域の前に君の領域を消すことになってしまう」

「それに君の領域に対して羂索が術式を温存できる「簡易領域」や「禰虚葛籠(いやこつづち)」で対抗して来るかもしれない」

 

九十九は聞きます。

「それらの手段じゃモノホンの領域に対して時間稼ぎしかできないだろ、そこまでナメられてるかな私」

 

天元は言います。

「何度も言うが、羂索は数少ない私と方を並べる結界術の使い手だ、簡易領域さえ他の術師のそれと同列に扱わない方がいい」

「羂索に自ら領域を展開させ、私がそれを解体する」

 

九十九は言います。

「その後術式が焼き切れた羂索を私が叩く」

九十九が敗北!?

現在に戻り、焦る天元。

(誤算)

 

羂索の領域展開「胎蔵遍野(たいぞうへんや)」に対し、天元は考えます。

(この領域は渋谷で宿儺が見せた・・・!結界を閉じずに領域を展開し術式を発動する離れ業・・・!)

(解体すべき外殻が・・・ない!)

 

九十九は、シン・陰流「簡易領域」を使いますが、羂索の強力な結界により簡易領域がみるみる剥がされていきます。

 

天元は、必中効果範囲の縁(ふち)を外殻と仮定し、空性結界ごと消しますが、羂索は言います。

「いかにも引き篭もりらしい旧態依然な作戦だ」

「天元・・・私は貴様とは違い、“生きて”きたんだ」

 

その時、九十九の簡易領域が全て剝がされます。

 

叫ぶ羂索。

「千年続く!龍戦虎争!合従連衡の!呪いの世界を!」

 

地面が砕け、九十九は巻き込まれます。

 

羂索は言います。

「空性結界ごと私の領域を解体したか、歳相応の意地を見せたな」

「だがもう遅い」

 

そこには血まみれの九十九が倒れています。

脹相が復活

羂索は倒れている九十九に近づき、言います。

「せめて自らの領域で押し合えば、ここまで退屈な結果にはならなかっただろう」

「天元を信頼した君が悪い」

「天元は君達に重要な隠し事をしている、死滅回游の・・・」

 

羂索は九十九の式神・鳳輪(ガルダ)が消えていないことに気づきます。

 

立ち上がる九十九。

鳳輪(ガルダ)は羂索を攻撃し、避けながら考える羂索。

(まだ意識があったか・・・!だがまともに動ける状態ではない)

(反転術式・・・使えないことはないだろう、式神で治癒の時間を稼ぐつもりだな)

(いいさ、私はその間に術式を回復させてもらう)

 

治療をすると思われた九十九ですが、九十九は治療をせず、ボロボロの状態で羂索を攻撃します。

 

九十九と鳳輪(ガルダ)、同時に羂索を攻撃し、九十九の蹴りが羂索に当たり、鳳輪(ガルダ)も羂索の体に巻き付きます。

しかし、九十九は大量の吐血をし、片膝を地面に付きます。

 

九十九の限界を知った羂索。

羂索は言います。

「虚を衝いたつもりだろうが、もう少し頭を使った方がいいんじゃないかな」

 

九十九は言います。

「忘れたか?泥臭い方が好みなんだよ」

 

羂索の背後には脹相(ちょうそう)の姿が。

 

次号の呪術廻戦は休載になります。

呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読める!?

呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで呪術廻戦の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

最新刊ではなく、乙骨優太が主人公の前日譚、【呪術廻戦0巻 東京都立呪術高等専門学校】を無料で読むという選択肢もあります。

 

さらに呪術廻戦のアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2022年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

呪術廻戦206話まとめ

天元の狙いが外れ、瀕死の状態の九十九。

九十九の危機に現れたのは脹相。

脹相の攻撃は羂索をとらえられるのか!?

 

呪術廻戦207話のネタバレはコチラになります。

>【呪術廻戦】207話ネタバレ!

(12/19更新)