【進撃の巨人】122話ネタバレ!地ならし発動!壁の中の巨人達が現れる




進撃の巨人122話のネタバレになります。

前回、エレンは両腕の鎖の手錠を破壊し、そのまま始祖ユミルの方へ走り出しました。

一度動き出した始祖ユミルを止めることは、この世の何者にもできないとジークは言いますが、エレンはユミルを止めることができるのか!?

U-NEXT

ユミルが巨人になった日

進撃の巨人122話はユミルの過去の話になります。

奴隷主は奴隷を集めて言います。

この中に、豚を逃した者がいる。

名乗り出なければ全員の片目をくり抜く、奴隷に目玉は二つもいらないと。

 

奴隷達は全員でユミルを指差します。

奴隷主は、豚を逃したのはお前かとユミルに聞き、他の奴隷達のことを考え頷くユミル。

ユミルに、「お前は自由だ」と言う奴隷主。

 

追われる身となったユミル。

右肩と左足には矢が刺さりながらも、ユミルは森の中を逃げます。

 

木の根につまづき転んだユミルは、巨大な大木を見つけます。

大木の隙間から中に入ったユミルは、穴に落ちます。

穴の下には水のようなものがあり、そこに落ちたユミルは巨人の脊髄と繋がります。

 

次の瞬間、ユミルは巨人になります。

スポンサーリンク

奴隷ユミル

巨人の能力を手に入れたユミルは、エルディアの王の奴隷になります。

道を開き、荒れ地を耕し、峠に橋をかけ、ユミルはよく働いたと王は言います。

我が部族、エルディアはずいぶんと大きくなったと。

 

王は、褒美に自分の子種をくれてやると言い、フリッツの名の元、憎きマーレを滅ぼせと。

 

巨人になりマーレを滅ぼすユミル。

ユミルは三人の王の子を産み育てます。

 

ユミルと自分の三人の子供を兵達の前で紹介する王ですが、兵士の一人が槍を地面に隠しており、その槍を王へ投げます。

王を守るユミル。

槍はユミルの体を貫通します。

 

意識を失ったまま起きないユミルに、早く起きるよう王は言います。

ユミルが槍ごときで死なないことはわかっている、起きて働け、お前はそのために生まれてきたのだ、我が奴隷ユミルよと王は言いますが、ユミルはそのまま死んでしまいます。

 

死んだユミルの体を細断する王。

そして三人の娘、マリア、ローゼ、シーナに食べさせます。

何としてでもユミルの力を引き継ぐのだと。

 

王は死ぬ間際、三人の娘に遺言を残します。

子を産み、増やし続けよ。

ユミル血を絶やしてはならぬ。

 

娘が死ねば背骨を孫に食わせ、孫が死ねばその背骨は子から子へ、我が後生においても、我がエルディアはこの世の大地を巨体で支配し、我が巨人は永久に君臨し続ける。

我が世が尽きぬ限り、永遠に・・・

 

「終わりだ」

 

ユミルを後ろから抑えながらエレンが言います。

 

「俺がこの世を終わらせてやる、俺に力を貸せ」

スポンサーリンク

地ならし発動

エレンはユミルに言います。

お前は奴隷じゃない、神でもない、ただの人だ。

誰にも従わなくていい、お前が決めていい。

 

ジークは急いでエレンの後を追います。

エレンが言った、この世を終わらせるとは、何をする気だと焦ります。

 

エレンはユミルに言い続けます。

決めるのはお前だ、お前が選べ、永久にここにいるか、終わらせるかだ。

 

ジークはユミルに、自分の命令に従うよう叫びます。

全てのユミルの民から生殖能力を今すぐ奪え。

自分は王家の血を引くものだと。

 

エレンはユミルに聞きます。

俺をここまで導いたのはお前なのか?

待っていたんだろ?ずっと。

二千年前から誰かを。

 

エレンの言葉に、歯を食いしばりながら涙を流すユミル。

 

現実世界に戻ります。

頭を吹き飛ばされたエレンでしたが、頭には脊髄がくっついており、その脊髄が光ります。

壁が崩れ中から巨人達が姿を現します。

 

地ならしが発動し、エレンも巨人の姿へと変化していきます。

スポンサーリンク

進撃の巨人のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

進撃の巨人のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで進撃の巨人の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに進撃の巨人のアニメと映画も全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

電子書籍

 

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

進撃の巨人122話の感想

遂に地ならしが発動しました。

王家の血を引くジークの言葉ではなく、エレンの言葉を選んだユミル。

歯を食いしばりながら涙を流すシーンが印象的でした。

これまで、過去の描写も含め、ユミルの目は黒く塗りつぶされていましたが、涙を流すシーンではじめて瞳が描かれていました。

はじめて自分の意志を出したというか、奴隷から解放されたような感じでしたね。

地ならしが発動し、このあとどのような展開になるのか、非常に楽しみです。

 

進撃の巨人123話のネタバレはコチラになります。

>【進撃の巨人】123話ネタバレ!エレンの望みは世界を終わらせること?

スポンサーリンク