【ボルト】46話ネタバレ!ジゲンの正体(本体)が大筒木イッシキで確定!

【ボルト】46話ネタバレ

ボルト46話のネタバレになります。

アマドの話では、ジゲンが黒幕ではなく、ジゲンにカーマを付けた奴が本当の黒幕であるとのこと。

今回の46話ではジゲンの正体(本体)が大筒木イッシキで確定し、さらにカーマの正体が判明します。

 

前回のボルト45話のネタバレはコチラになります。

>【ボルト】45話ネタバレ!果心居士はジゲンを殺すために造られた!?

ナルトは果心居士の正体を知ってる?

対峙する果心居士(かしんこじ)とジゲン。

果心居士は、自分はジゲンを倒すために造られたと言い、さらに、それこそが至上目的で唯一の生きる意味と言います。

 

ナルトは果心居士の偵察蛙の映像を見ながら、二人とも「殻(から)」の一員なのに、なぜ仲間割れをしているのかアマドに聞きます。

アマドは、自分も果心居士も仲間を演じていただけで、本来の目的は「奴(やつ)」を倒すことだと答えます。

ナルトたちとの戦いで激しく消耗した今が、絶好の機会だとアマドは言います。

 

ジゲンは果心居士に、所詮はアマドに利用されるだけの道具に過ぎないと言いますが、道具で結構、「忍(しのび)」とはそういうものだと果心居士は言い、印を結び火遁・炎弾(かとん・えんだん)で攻撃します。

 

果心居士の炎弾をカーマで吸収するジゲン。

果心居士は炎弾を連続で放ち攻撃しますが、ジゲンは全て吸収します。

その隙に果心居士はジゲンの背後にまわり、蝦蟇油弾(がまゆだん)をジゲンにかけます。

さらにジゲンの体には小さな黒い蛙が複数付いており、果心居士の合掌とともに爆発する蛙たち。

 

蝦蟇油弾の油で火力を高めたことで火ダルマになるジゲンですが、炎を全てカーマで吸収するジゲン。

ナルトは果心居士の戦い方を見ながら、「これは・・・」と見覚えがある様子です。

ジゲンの正体(本体)は大筒木イッシキ

ジゲンは果心居士に飛び込み、体術による接近戦が繰り広げられます。

影分身の術を使う果心居士ですが、ジゲンは黒い杭を小さくして飛ばし、刺さってから元の大きさに戻し影分身を次々と倒していきます。

さらには自分自身も小さくし、全ての影分身を倒すジゲン。

 

ジゲンは果心居士(かしんこじ)に、死ぬ覚悟はできているんだろうな?と聞きますが、それはこちらのセリフだジゲン殿、いや、大筒木イッシキと果心居士は言います。

 

大筒木イッシキとの名前に驚くナルト。

アマドは、ジゲンの正体、いや、本体と言ったほうが正しいかと言い、大筒木イッシキは大筒木カグヤと共に遥か昔にこの星にやって来たとアマドは説明します。

 

目的は神樹を植え、「チャクラの実」を収穫すること。

しかし、カグヤが突然イッシキに敵対した。

カグヤの動機は不明で、私怨なのか「実」の独占なのか。

 

いずれにせよ不意を突かれたイッシキは瀕死のダメージを受け死ぬ寸前だったが、たまたま付近にいた一人の修行僧の体を乗っ取り生き延びた。

この時の不運な男がジゲンだとアマドは言います。

カーマの正体が判明

サスケはアマドに聞きます。

イッシキはジゲンの体を乗っ取った時にカーマをつけたのか?

大筒木はカーマを使って他人の体を乗っ取る、そうなんだろ?

 

アマドは、その話に入る前に、亡命の返事を聞かせてくれとナルトに聞きます。

アマドが要求するのは火ノ国の法に基づいた正式な形での亡命で、火影には特例法で大名の合意を待たずにその決定を下す権限を有していることは調べ済みだと言い、書面での証明を希望します。

 

ナルトはアマドの亡命を認めますが、今は時間が惜しいため書類は後で用意させると答えます。

アマドも、それで問題ないが、ただしシカダイの爆弾解除は書類を確認した後で行うと言い、ナルトもそれで同意します。

 

ボルト、カワキも聞く中、アマドはカーマの正体についてボルトのケースを例にあげて説明し始めます。

ボルトは大筒木モモシキにカーマを刻まれたが、モモシキは戦いの最中、自分自身をデータ化して複製し、ボルトの体に打ち込んだ。

つまりカーマとは、小さく圧縮された「大筒木のバックアップファイル」だとアマドは言います。

 

圧縮ファイルは時を経て少しずつ「解凍」され、今この瞬間もそれは続いている。

そして全てのデータが解凍された時、その体はモモシキのデータによって「上書き」され、ボルトという存在は完全に消滅する。

そうやって大筒木は復活を遂げると話すアマド。

 

モモシキの復活はボルトを殺せば阻止できるが、ボルトを助ける方法はアマドもわからないと言います。

 

アマドの話を聞いたサスケは、一つ疑問があると言います。

仮にボルトの体でモモシキが復活した場合、カーマはどうなる?と聞くサスケ。

 

アマドは、解凍された大筒木のデータは全身に溶け込むため、カーマも消えてなくなると答えますが、そいつは妙だなとサスケは言います。

大筒木イッシキはジゲンの体を乗っ取ったが、ジゲンの体にはまだカーマがある。

なぜ消えずに残ってるんだ?

 

ジゲンの体にカーマが残っている時点で、イッシキはまだ復活してないということになり、ボルトにおけるモモシキ状態。

アマドの説明は矛盾しているとサスケは言いますが、「クックックッ」と不敵に笑うアマド。

 

シカマルはアマドの襟を掴み怒りますが、自分の亡命は既に認められており、火影のお付きともあろう者が民間人に手を上げるのか?とアマドは言います。

アマドは、サスケの指摘はなかなか鋭いが、一つ大きな勘違いがあるようだと言い、ナルトはアマドに続けるよう言います。

カワキはイッシキの新たな器

イッシキはジゲンの体を乗っ取ったが、今説明したカーマを使う方法ではなかったと説明するアマド。

理由は単純で、イッシキは弱りきっており、本当に死ぬ寸前だった。

カーマを刻むというのはそれなりに大事(おおごと)で、イッシキにはその余力がなかった。

 

そこでイッシキは苦肉の策で、秘術「少名毘古那(スクナヒコナ)」で自らの体を小さくし、耳の穴からジゲンの体内に侵入した。

そしてイッシキは、寄生虫のように養分を吸収しながらジゲンの体内で生きている。

 

やがてイッシキはジゲンの脳を支配し、ジゲンの声を通して自らの言葉を発し、手足を操り、ジゲンの体を文字通り乗っ取った。

イッシキは今も物理的にジゲンの体内にいる。

 

イッシキがジゲンの体にカーマを刻み込んだのはその後だとアマドは言います。

 

果心居士(かしんこじ)とジゲンの戦いは続いていおり、ジゲンはカーマの模様を出し、頭から角を生やします。

本気になったジゲンは果心居士を蹴り飛ばし、さらに追撃をしようとしますが、土遁・黄泉沼(どとん・よみぬま)で地面を沼のようにし、ジゲンの動きを封じます。

 

ナルトはアマドに聞きます。

ジゲンにカーマがあるなら、イッシキはなぜ復活しない?

 

アマドは、カーマを刻むにあたって、本来、最も重要となるのがその対象となる者、すなわち「器(うつわ)」の選定だと言います。

たまたまそこに居合わせただけの不運な男、ジゲン。

彼にとってイッシキのチャクラは強大すぎ、ジゲンの体はイッシキの「器」として不十分だった。

 

このまま転生してもジゲンの体はイッシキのチャクラに耐えきれず、数日のうちに死んでしまう。

そこでイッシキはジゲンによる転生を見送り、新たな「器」を用意することにした。

それがカワキ。

大筒木の倒し方とは?

ジゲンの動きを封じた果心居士(かしんこじ)

ジゲンは沼に引きずり込まれていきますが、体を小さくして沼から抜け出します。

 

ジゲンは黒い杭を飛ばして攻撃しますが、それを避ける果心居士。

果心居士は土遁で床に刻印をしており、口寄せの術で「炎」を口寄せします。

 

カーマで炎を吸収しようとするジゲンですが、吸収できません。

 

果心居士は、これは火遁ではなく、はるか遠方の「火焰山(かえんざん)」の真火(しんか)を口寄せしたもので、チャクラ由来ならぬ自然界の豪火のためカーマでは吸収できないと言います。

それを聞き苛立つジゲン。

 

アマドは言います。

イッシキをカワキの体で転生させてはならん。

イッシキの力は強大だ、もし奴が完全な形で復活したらもはや打つ手はない、この世の終わりだ。

カーマがある限り大筒木は蘇る、奴らは死を超越した存在。

だがやり方がないわけではない、教えてやろう、君達に。

大筒木の”殺し方”を。

ボルトのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ボルトのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでボルトの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにボルトのアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ボルト46話の感想

ジゲンの正体(本体)が大筒木イッシキで確定しました。

前々からそのようなことが語られていたので、そこまで驚きはありませんでしたが、ただ、ジゲンがあまりにも不運すぎますね。

 

たまたまそこに居たというだけで体を乗っ取られ、しまいには器ではないということで捨てられそうになっています。

逆にジゲンが器ではなかったからイッシキが完全な形で復活できないわけで、そういった意味ではジゲンが器ではなくて良かったです。

それでもジゲンが可愛そうなことには変わりませんが。

 

さらにカーマの正体も判明しましたが、現状、カーマが刻まれているボルトとカワキはマズイですね。

アマドは大筒木の倒し方を教えると言いますが、果心居士(かしんこじ)の攻撃は成功するのでしょうか。

そしてナルトは果心居士の戦い方に見覚えがあるようですが、果心居士の正体も判明するのか気になります。

 

果心居士は自来也との噂もありますが、個人的には自来也とは別人と思っています。

たまたま蝦蟇(がま)を口寄せしたり、火遁を使ったり、螺旋丸を使ったり、木ノ葉の里にチャクラの登録があったり、ナルトが戦い方に見覚えがあるだけで・・・ってかなりヒットしますねw

 

ただ、なんとなく自来也ではない気がするんですよね。

具体的に何がと聞かれると困るのですが、なんとなくというか、感覚というか、何か自来也とは違う気がします。

強いて言うなら・・・髪型?髪質?

 

そう言いながらも意外と自来也だったりする可能性もありますけどね。