【五等分の花嫁】117話ネタバレ!五月も風太郎が好きだった!?




五等分の花嫁117話のネタバレになります。

三玖と和解した四葉は、二乃としっかりと話すことを決断します。

そんな中、これまで最も中立なポジションと思われていた五月にも心境の変化が。

 

前回の五等分の花嫁116話のネタバレはコチラになります。

>【五等分の花嫁】116話ネタバレ!三玖は四葉の転校に感謝していた

U-NEXT

五月も風太郎が好き!?

この前見たドラマの話と前置きして、下田に相談する五月。

とある男女の恋を応援していた女の子がいたが、その子の望み通り二人は結ばれることになりそう。

だが、いざその時が来ると、なぜかモヤモヤして胸が張り裂けそう。

 

あくまでもドラマの話だが、文脈を読み取るという観点から、この登場人物の心境を解説いただけたらと質問する五月。

 

そりゃ、男を好きだから嫉妬してんだろと答える下田に、「違います」と五月は即答します。

 

ドラマではよくある話だと下田は言います。

五月は、その子と男の子は会えば口喧嘩するほど馬が合わなくて・・・と言いますが、恋を自覚した女が男との距離を縮めてくんだろ!なんでこんな男のこと・・・!ってな!と力説する下田。

 

さらに五月は、彼には既に想い人が・・・と言いますが、そこから略奪すんのがいいんじゃねーか!友人を裏切る背徳感と同時に湧き上がる愛情!ってな!と、さらに下田は力を込めます。

 

下田は、中等部の生徒で現在恋に悩んでいる子がおり、年も近い五月からアドバイスしてもらいたいと言い、言われた通りアドバイスする五月。

 

翌日、一応、言えるだけのことは伝えたが、自分なんかで良かったのかと、授業を受けながら五月は考えます。

そして五月は下田の言葉を思い出します。

(断言する!そのドラマは私の読み通りになるぜ!)

 

姉妹が心配と言っておきながら、結局、このモヤモヤの原因が自分にあったなんて・・・と五月は考えますが、すぐさま、そんな訳はないと否定します。

四葉の想いがようやく届いた。

今更、自分が引っ掻き回すような真似はしないと決意します。

スポンサーリンク

四葉に攻撃的な二乃

女子トイレから出た五月は、男子トイレから出てきた風太郎と出くわします。

廊下は冷えますね、早いもので寒いところでは雪が降っているそうですよと、五月は今朝見たニュースの話をし、動揺を隠しながら足早に立ち去ろうとします。

 

風太郎は五月を呼び止め、話したいことがあると言い、昼に誘います。

食堂に来た二人。

風太郎は、立ち話もなんだから座ろうと言い、席につこうとした瞬間、五月に気がつく四葉。

 

四葉と風太郎も互いに気づき、四葉は思わず今朝見たニュースの話をし、動揺を隠します。

ここ、ちょっと寒いですね、北の方は雪みたいですよ。

 

さらにそこに二乃も現れます。

四葉が二乃と話をするため昼に誘っていましたが、どこも席が一杯で、風太郎と五月、四葉と二乃で隣の席に座り、相席のような形になります。

 

席についた二乃は、暖房弱いのか冷えるわね、でも雪が降ってるとこよりマシかしらと、今朝のニュースの話をし、今日はその情報やけに耳にするなと風太郎。

二乃は、隣の席の会話聞いてんじゃないわよと怒ります。

 

五月は、お話というのはなんのことでしょう?と風太郎に聞き、同時に二乃も、話したいことってなんなのかしら?と四葉に聞きます。

 

気まずい空気になり、五月が空気を変えるため進路の話題を振ります。

自分は志望校を視野にいれ、先生たちと相談していると五月。

五月は二乃に聞きますが、今はそんなこと話す気分じゃないわと答えます。

風太郎は、予定通り行くつもりで、試験もまず落ちないだろうと。

 

最後は四葉。

四葉は、まだ先生から聞かされたばかりだが、色んな部活に参加して大会に記録を残したのを見てくれた人がいたようで、とある体育系の大学から声をかけてもらってるみたいだと言います。

 

風太郎は、推薦なんてすげーじゃねーかと驚き、五月も、体育大学も四葉にぴったりだと喜びます。

ただ、条件として最低限の学力試験は必須だと言う四葉に、「が、がんばれよ・・・」と風太郎。

 

二乃は四葉に言います。

いいわね、あんたは恵まれてて。

何もしなくても向こうから来てくれるなんて、気楽だわ。

 

二乃は四葉に、本題を聞こうとしますが、今は・・・と言えなくなった四葉。

五月は「ごちそうさまです」と言い、二乃の手を引きこの場を後にします。

 

何かを決意したような表情の四葉。

風太郎は四葉をフォローしようとしますが、「私、行かなきゃ!」と四葉も席を立ちます。

スポンサーリンク

風太郎も動揺している

五月に連れ出された二乃は、階段まで来て五月の手を振りほどきます。

二乃は五月に、邪魔しないでよと言います。

さらに、結局あんたはどの立場なの?ハッキリさせなさいよ!と叫びますが、私は・・・と歯切れが悪い五月に、「もういいわ」と言いこの場を後にする二乃。

 

食堂に戻った五月ですが、四葉も風太郎ももういません。

その後も五月は二乃を探し校内を回ります。

その時、風太郎が五月を呼びます。

 

五月は教室から物音を聞き、中に入ります。

教壇の方から音が聞こえたと言い、五月が近づくと、そこにはネズミが。

驚いた五月は、勢いで風太郎とぶつかり抱き合うように転倒する二人。

 

五月は下田の言葉を思い出します。

(好きだから嫉妬してんだろ)

 

ずっと感じてるこのモヤモヤは・・・と五月が考えていると、教室の後ろ扉が開き誰かが入ってい来ます。

入ってきたのは二乃と四葉。

二乃は四葉に、言いたいことがあるなら言いなさいよと言います。

 

二人は教室の前の方でしゃがみながら隠れます。

見つかったらマズイのでは?と焦る五月に、落ち着けと風太郎は言います。

 

この状況でも冷静な風太郎に感心する五月は、何か打開案が?と聞きます。

風太郎は静かに言います。

ふぅ・・・それにしても冷えるな、知ってるか?寒いところでは雪降ってるらしいぜ。

 

冷静な顔をしてますが、思いっきり動揺している風太郎。

スポンサーリンク

五等分の花嫁のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

五等分の花嫁のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで五等分の花嫁の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに五等分の花嫁のアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

五等分の花嫁の花嫁117話の感想

二乃が昔の攻撃的な感じに戻ってますね。

三玖曰く、二乃は怒ってるのがデフォルトとのことなので、普通といえば普通なのかもしれませんが。

 

ただ、そんな二乃を前にしても、ぶれる様子がない四葉。

しっかりと向き合おうとしているのが伝わってきます。

 

逆にここにきてブレブレなのが五月。

自分でも整理ができていないとうか、ずっと感じているモヤモヤの原因がわからない様子です。

 

果たして四葉は二乃に何を語り、それを聞いた五月が何を思うのか、今後の展開が気になります。

 

五等分の花嫁118話のネタバレはコチラになります。

>【五等分の花嫁】118話ネタバレ!

(1/22更新)

スポンサーリンク