【呪術廻戦】111話ネタバレ!虎杖に宿儺(すくな)の指を食わせて宿儺復活!?

【呪術廻戦】111話ネタバレ

呪術廻戦111話のネタバレになります。

伏黒父(パパ黒)、禪院甚爾(ぜんいんとうじ)がまさかの参戦。

本能のまま戦い続ける殺戮人形となった甚爾は、強者へと向かい陀艮(だごん)と戦い始めます。

 

前回の呪術廻戦110話のネタバレはコチラになります。

>【呪術廻戦】110話ネタバレ!禪院甚爾(ぜんいんとうじ)が陀艮(だごん)を倒す!?

陀艮(だごん)死亡

游雲(ゆううん)の先端を尖らせ、陀艮(だごん)に突き刺した甚爾(とうじ)

「まだ終わら・・・」と陀艮は言いますが、甚爾はさらに游雲を突き刺します。

そしてそのまま游雲で陀艮を滅多刺しにする甚爾。

 

陀艮の領域が解除され外の世界に戻ってきたナオビト、ナナミン、真希(まき)、恵、そして甚爾(とうじ)

 

甚爾が陀艮を一人で倒したことに驚く真希。

ナナミンは、恵が来てくれなければ間違いなく全滅していたと感じながらも、まだ問題が残っていると考えます。

 

目の前にいる禪院甚爾(ぜんいんとうじ)

甚爾が味方なのか!?とナナミン。

 

今の甚爾は、本能のまま戦い続ける殺戮人形、その牙は常に強者へと向かう。

 

次の瞬間、甚爾に駅の外へと連れ出される恵。

あまりの速さに恵は焦ります。

 

甚爾と対峙する恵。

ナオビトの術式「投射呪法」

急に恵と甚爾(とうじ)が消えたことに、恵の名前を叫ぶ真希(まき)ですが、この場に漏瑚(じょうご)が現れます。

陀艮(だごん)の亡骸を触りながら、「逝ったか・・・陀艮」と漏瑚は言います。

 

突然現れた漏瑚に、(おいおいおい冗談だろ?)とナオビト。

ナナミンも、漏瑚が陀艮よりも格段に強いと感じます。

 

漏瑚は「後は任せろ」と言います。

「人間などに依らずとも我々の魂は廻る、百年後の荒野でまた会おう」

 

漏瑚はナナミン達を一瞬見ますが、次の瞬間には、ナナミンの目の前に現れナナミンに触れます。

漏瑚(じょうご)が「一人目」と言うと、ナナミンの上半身が燃えます。

さらに漏瑚は真希(まき)に触れ、「二人目」と言うと真希の上半身が燃えます。

 

残るはナオビト一人。

ナオビトの術式は「投射呪法(とうしゃじゅほう)」

1秒を24分割、己の視界を画角(がかく)とし、あらかじめ画角内で作った動きを後追い(トレース)する。

術式発動中、ナオビトの掌に触れられた者も1/24秒で動きを作らねばならず、失敗すれば動きがガタつき1秒間フリーズする。

 

リスクはある、作った動きは途中で修正できないこと、角度に物理法則や軌道を無視した動きを作れば自らもフリーズすること。

それでも彼は天性のコマ打ちセンスと時間感覚で、最速の術師(五条悟を除く)と呼ばれるに至った。

 

だがそれも、右腕があった時の話。

 

ナオビトも漏瑚に燃やされます。

止めを刺そうとする漏瑚ですが、宿儺(すくな)の気配を感じる漏瑚。

虎杖に宿儺(すくな)の指を食わせる

漏瑚(じょうご)は、宿儺(すくな)・・・いや違う!指だ!宿儺の指が渋谷のどこかで解放されたのだ!と感じます。

 

宿儺の指を解放したのは菜々子(ななこ)と美々子(みみこ)

二人は気を失ってる虎杖(いたどり)に宿儺の指を食わせ、「お願い出てきて、宿儺様」と願う二人。

 

この場に駆けつけた漏瑚。

宿儺の指を食ったことで顔に紋様が現れている虎杖。

しかし、その紋様が消えかかっていることに、漏瑚は舌打ちをします。

 

漏瑚は菜々子と美々子に、「指を何本食わせた!」と聞きますが、「言わない!」と美々子。

漏瑚は「そうか、死ね」と言い、二人へ向けて掌を向けます。

菜々子は美々子を抱き寄せ、スマホを漏瑚へ向けますが、二人の叫び声が響きます。

 

漏瑚は虎杖の顔の紋様がまだ消えていないことに安堵します。

不測の事態だが、最大限利用させてもらおうと漏瑚。

 

漏瑚はニセモノ夏油(げとう)の言葉を思い出します。

虎杖は指を20本全て取り込んでも肉体の主導権を宿儺(すくな)に譲らないだろう。

だがそれは例えば、1日1本20日間かけて取り込んだ場合だ。

1度に10本も指を取り込めば適応が追いつかず、一時的だが肉体の主導権は宿儺に移る。

 

漏瑚(じょうご)は宿儺の指を10本出し、「起きろ、宿儺!」と、気を失ってる虎杖に言います。

呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読める!?

呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで呪術廻戦の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

最新刊ではなく、乙骨優太が主人公の前日譚、【呪術廻戦0巻 東京都立呪術高等専門学校】を無料で読むという選択肢もあります。

 

さらに、これから放送される、呪術廻戦のアニメも全て「見放題」と思われます!

 

最新刊を無料で購入できて、おそらくアニメも見放題と思われるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

呪術廻戦111話の感想

圧倒的な力で陀艮(だごん)を倒した伏黒父(パパ黒)、禪院甚爾(ぜんいんとうじ)

恵を外に連れ出しましたが、甚爾の次のターゲットは恵なのでしょうか。

そして虎杖(いたどり)に宿儺(すくな)の指を食べさせる菜々子と美々子。

二人は宿儺の力を借りたいようですが、宿儺の復活を目論む漏瑚(じょうご)

宿儺は虎杖の肉体の主導権を握り復活となるのでしょうか。

 

呪術廻戦112話のネタバレはコチラになります。

>【呪術廻戦】112話ネタバレ!

(6/27更新)