【ゴールデンカムイ】247話ネタバレ!刺青人皮の決まりごと「満たしている」とは?

【ゴールデンカムイ】247話ネタバレ

ゴールデンカムイ247話のネタバレになります。

土方と手を組んだアシリパ。

アシリパは土方が持っている刺青人皮を確認しますが、暗号が予想してた”ホロケウオシコニ”ではないことに焦ります。

 

前回のゴールデンカムイ246話のネタバレはコチラになります。

>【ゴールデンカムイ】246話ネタバレ!アシリパと土方が手を組み杉元とも和解か

刺青人皮の決まりごと「満たしている」

刺青人皮の暗号に「決まりごと」があることに気づいたアシリパ。

(鶴見中尉に奪われてしまった皮は、アチャの名前を思い出す前だったので確かめようがなかったが・・・)

(白石由竹、松田平太、海賊房太郎、岩息(がんそく)の写しは月島軍曹に持っていかれたが、別れる前に確認した、これら四人は決まりごとを「満たしていた」)

 

アシリパは土方に、「剥製屋にあったものはどれだ?」と聞き、「ここにある」と土方。

土方は、「あれは偽物の可能性が高いはずだ」と言い、皮を確認したアシリパは、(うん、やっぱりこれは「満たしてない」)と考えます。

 

アシリパは二つの皮を指差し、「こっちは間違いなく本物か?」と聞き、土方は、「関谷(せきや)と用一郎(よういちろう)は私が剥いだものだ」と答えます。

 

アシリパは皮を確認しながら考えます。

(牛山、家永、土方、トニ、鈴川、これらは写しだが「満たしている」)

 

さらにアシリパは、茨戸(ばらと)の賭場で尾形が手に入れた皮を見て、「尾形か・・・怪しいな、剥ぐところに立ち会った人間はいなんだな?この刺青の囚人に面識は?」と聞き、「ない」と答える土方。

 

土方は言います。

「のっぺら坊は雑居房をたらい回しにされ、その都度、同房の人間に刺青を彫った」

「犬童典獄も金塊を狙っていたので、あえて黙認していた」

 

アシリパは皮を見ながら、(出どころは確かではないが、これは一応条件を「満たしている」)と心の声で言い、問題はこっちの皮だと考えながら、刺青人皮をどうやって入手したのかを土方に聞きます。

 

土方は答えます。

「油問屋で夏太郎(かんたろう)が手に入れたものだ、剥ぐところは誰も確認していないが・・・鶴見中尉も狙っていたことから、それも本物だと考えている」

 

しかしアシリパは、(この刺青人皮は「満たしていない」)と考え、「羽」の漢字の読み方は「は」で間違いないかを土方に聞き、「ウ」とも読むと土方は言います。

ここでアシリパは、”ホロケウオシコニ”の「ウ」にあたることに気付きます。

 

土方は、「茨戸(ばらと)のものと、油問屋の2枚が、本物であると強く言える根拠として、剥製屋が作ったものが6枚で、剥製屋で見つけたものが偽物であると仮定すると、残りは5枚」と言います。

そして、「残りの5枚は鶴見中尉から有古力松(ありこりきまつ)が奪ってきている」と言い、5枚の皮を見せます。

 

アシリパは、「この5枚は間違いなく、絶対に贋作(がんさく)か?」と聞き、「可能性は非常に高い」と答える土方。

 

アシリパは5枚の贋作を見ながら考えます。

(確かに5枚の内、この3枚は「満たされてない」)

(でもこっちの2枚は・・・「満たしてしまっている」)

(違うのか?暗号を解く鍵はアチャの名前じゃないのか?)

 

土方はアシリパに聞きます。

「尾形の話では暗号を解く鍵が分かっていると聞いたが、本当か?」

 

無言のアシリパに、土方は言います。

「教えなさい、いま、この場で、私に教えるんだ」

 

アシリパは、「わからない・・・」と答えます。

偽物に混ぜた本物の刺青人皮

アシリパは考えます。

(全部手に入れなければ確信が持てない、そして全部手に入れたとしても、贋作(がんさく)の判別方法を見つけなければ暗号は解けない)

 

混乱するアシリパ。

実はこれこそが鶴見中尉の狙いでした。

 

馬に乗り札幌へ向かう鶴見中尉。

(有古に持たせた5枚の中には、本物の刺青人皮を混ぜた)

(刺青には法則・・・決まりごとがあるはずなのだ)

(本物と思っていたものが偽物で、偽物と思っていたものが本物ならば・・・迷いが生まれ、解読を妨害できる)

 

場面は変わり杉元と白石。

頭巾ちゃん(ヴァシリ)がどこに行ったのかを聞く白石に、「どっかに隠れてる」と答える杉元。

杉元は、「尾形が近づいて来ても、”猫よけ”になってくれるだろ」と言います。

 

夜、寺の中で酒を飲む杉元陣営と土方陣営。

房太郎は牛山に、埋蔵金の分け前で何をするのかを聞き、世界中から腕っぷしの強いやつを集めて、誰が一番強いか決める試合の賞金にすると牛山は言います。

それを聞いた房太郎は、牛山らしい夢だと、笑みを見せます。

 

夏太郎(かんたろう)は、羊の牧場を経営すると言います。

北海道では誰もやっておらず、牛より育てるのが楽で、毛は軍用に高く売れると夏太郎は言いますが、白石は、羊肉は臭いらしいため、絶対失敗すると言います。

 

房太郎は白石の夢を聞き、「遊郭に行って美味いものを食う」と答える白石。

牛山は、「そんなもん、いつもやってることだろ」と言います。

 

アシリパは有古に話しかけます。

「お前の父は苫小牧(とまこまい)で殺された、7人のアイヌの中にいたそうだな」

 

有子は答えます。

「俺は・・・父が埋蔵金で武器を買って蜂起(ほうき)しようとしていたことすら気付けなかった、無口で温厚な父がそんなことを考えていたなんて」

 

アシリパは言います。

「私の父、ウイルクは・・・お前の父たちを殺したとされている、でも私はそんなことはしていないと信じている」

 

ここでアシリパは、房太郎が持っていた金貨を見せて言います。

「父達はアイヌの未来を案じて、互いに力を合わせようとしていた」

「私達の父親に何が起こったのか・・・きっと埋蔵金を探す道で明らかになるはずなんだ」

 

有古はアシリパに言います。

「お前は強いな・・・」

石川啄木の短歌集「一握の砂」

札幌娼婦殺人事件の現場。

宇佐美は自慰行為を続けていますが、やり過ぎて手がガビガビに。

犯人の行方もつかめず、鶴見中尉に叱られてしまうと落ち込みます。

 

思わず短歌を詠む宇佐美。

しこれども

しこれども捜査は進まざり

ぢっと手を見る・・・

 

「なんちゃって」と言う宇佐美ですが、物陰で偶然その歌を聞いた石川啄木は、「ぢっと手を見るか、うん、なんか良い句ができそう」とメモをします。

 

ちなみに、石川啄木の「一握の砂」はこのような歌です。

はたらけど

はたらけど猶わが生活楽にならざり

ぢっと手を見る

 

地図を片手に、犯行現場をまわる石川啄木。

現在地と地図を確認しながら、「これは・・・分かったぞ!」と啄木は言います。

 

背後の物陰には、啄木を見る宇佐美の姿が。

 

次号のゴールデンカムイは休載になります。

 

247話の煽り文は

ぢっと背を見る。

 

次号予告は

啄木ウシローッ!?次号は、飼育のため、休載します。

ゴールデンカムイのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ゴールデンカムイのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでゴールデンカムイの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにゴールデンカムイのアニメも全て「見放題」です!!

第1期

 

第2期

 

おそらく第3期も見放題になると思われます。

※現在、アニメの視聴にはポイントが必要になっていますが、また見放題になる可能性はあります。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ゴールデンカムイ247話の感想

やはりアシリパの暗号を解く鍵は間違っていなかったようですが、鶴見中尉が偽物と本物を混ぜたことで、暗号解読が止まります。

その鶴見中尉は、まもなく札幌に到着。

続々と役者が揃う中、石川啄木と宇佐美が殺害現場で遭遇しそうな感じですが、啄木が「分かった」こととは!?

 

ゴールデンカムイ248話のネタバレはコチラになります。

>【ゴールデンカムイ】248話ネタバレ!

(7/30更新)