【ゴールデンカムイ】229話ネタバレ!家永が月島に撃たれて死亡!?

ゴールデンカムイ229話のネタバレになります。

前回、野鳥の「シマエナガ」に「ウパシ」と名付けた杉元。

遭難した杉元はウパシと一緒にアシリパを待ちますが、最後の最後でウパシを食べた杉元。

マジっすか!!

最悪のラスト3ページでしたが、今回の229話は久々のシリアス展開。

 

前回のゴールデンカムイ229話のネタバレはコチラになります。

>【ゴールデンカムイ】228話ネタバレ!杉元の銃剣はチタタプ用に研がれていた

母を追い求めていた家永

自分の子供を宿したインカラマツを人質に、鶴見中尉から杉元を殺すよう命じられた谷垣。

杉元達を追う谷垣は、道中、高齢の貴婦人に気に入られ、多少の路銀と馬を援助してもらいました。

 

馬に乗りながら悩む谷垣。

自分は杉元を殺せるような冷血漢ではない。

そもそも、頭を撃たれても死なない奴を殺せるのか?と谷垣は考えます。(確かにw)

 

仮に杉元を殺せたとしても、アシリパが言うことを聞くはずがない。

いや、鶴見中尉は情報を聞き出すためなら、どんなことでもするだろう。

 

自分の行動がアシリパを不幸にさせる。

失意で抜け殻のようになった孫娘を村に帰して、それでもフチは喜ぶだろうか?

その金塊争奪戦が終わるまで、アシリパたちを探すフリだけしている選択肢もあるが、何年も終わらないかもしれない・・・。

 

インカラマツにも、生まれてくる自分の子供にも会えない。

やはりアシリパを探すしか選択肢は無いのか。

 

場面は変わりインカラマツがいる病院。

家永は、もう九ヶ月くらい?いつ産まれてもおかしくないわねと言います。

さらに、そのおなかの神秘的な曲線は、あなたを食べても私には作りだせないと家永。

 

さらに家永は、インカラマツさんを見てると、妊婦だった母を思い出すと言います。

そして自分は、母を追い求めていたと。

 

お腹の膨らんでいた母も完璧だったし・・・赤ん坊を抱いた母はきっと聖母のように、完璧になるんだろうなって・・・。

でも、階段で足を滑らせ・・・流産してしまった。

 

家永は、インカラマツさんが産むのを手伝いたいと言い、喜んでと答えるインカラマツ。

家永さんは命の恩人ですからと。

 

それなら胎盤はちょうだいね!と家永は言います。

あれは栄養があるらしいからと。

インカラマツを迎えに来た谷垣

夜、インカラマツの部屋に入ってくる谷垣。

谷垣とインカラマツは抱き合い、来てくれると分かっていましたと涙を浮かべるインカラマツ。

 

なぜ谷垣がインカラマツがいる病院がわかったのか。

網走の病院で、インカラマツがどこへ移されたかを聞けば、自分が来たことを鶴見中尉に伝えられると考える谷垣。

 

インカラマツを危険にさらしてまで探し出すべきではないのをわかっている谷垣は、彼女を連れて逃げたいというのは自分のワガママでしかないのだと諦めかけたその時、イケマの根をかじる婦人が。

 

婦人は谷垣を見て、スケベが来たと言います。

病院のまわりをウロウロとしてうかがう・・・お尻とオッパイがムッチムチで、毛深い熊ちゃんみたいなスケベな男・・・谷垣さんね?と婦人。

 

婦人は、病院にお父ちゃんが入院しているため、しょっちゅう出入りしており、インカラマツさんからこの絵葉書を「スケベ熊ちゃん」に渡すよう頼まれてると言い、絵葉書を渡します。

絵葉書には、小樽港全景と書かれており、インカラマツがいる病院が小樽だと判明します。

 

再会した谷垣とインカラマツ。

谷垣は、アシリパをフチの元へ帰す役目は失敗した。

役に立たない俺は逃げる道しか無い。

でもせめて、お前と生まれてくる子のそばにいたかった、危険を犯しても!と谷垣は言います。

 

インカラマツは、自分がここへ来て欲しいと願って・・・絵葉書を送ったのだから、覚悟は出来てますと笑みを浮かべます。

家永が月島に撃たれて死亡!?

病院から脱出しようとする谷垣とインカラマツ。

見張りの月島は病院へ行っているため、急いで支度をします。

しかし、ちょうどこのタイミングで月島が戻ってきて、谷垣の馬に気づきます。

 

谷垣はインカラマツに「静かに」と言います。

鋲を打った軍靴の足音が聞こえてきます。

部屋の扉の前で音が止まり、銃口を扉へ向ける谷垣。

 

足音は扉から離れていき、音が聞こえなくなります。

扉に近づき、谷垣がドアノブに手をかけた瞬間、扉が蹴り開けられ吹き飛ぶ谷垣。

扉を蹴り開けたのは月島で、軍靴を脱いで足音を消していました。

 

月島は、倒れた谷垣が握っていた銃を蹴り飛ばします。

そして銃口を谷垣へ向け、お前がここへ来たということは、鶴見中尉の命令を反故にするということだよな?と聞きます。

お前の選択だぞ、谷垣一等卒と言い、今にも引き金を引きそうです。

 

谷垣を庇うインカラマツ。

インカラマツは月島に、これが月島ニシパの正義なら、私から殺しなさいと言います。

 

一瞬の隙をつき、背後から月島の首元に注射を打つ家永。

家永は谷垣とインカラマツに、逃げてと言います。

 

首元をおさえ、家永を振り払い銃を撃つ月島。

家永の胸に2発の銃弾が当たり、谷垣は月島の銃を握り制止します。

ゴールデンカムイのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ゴールデンカムイのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでゴールデンカムイの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにゴールデンカムイのアニメも全て「見放題」です!!

第1期

 

第2期

 

おそらく第3期も見放題になると思われます。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ゴールデンカムイ229話の感想

胸に2発の銃弾を受け血が吹き出した家永。

このまま家永は死亡となるのでしょうか。

個人的には、変態だったけど家永は好きでした。

正体はじいさんだとわかっていても、めちゃくちゃ綺麗でしたからね。

 

そして、これまで最も常識人と思っていた月島軍曹。

もちろん、今も常識人なのでしょうが、珍しく怖い表情を見ました。

やはり第七師団は怖いですね。

 

家永が月島に打った注射はなんだったんでしょうね?

まさか、月島も死亡!?なんてことはないと思いますが・・・家永は無理っぽいですね。

残念でなりません。

 

ゴールデンカムイ230話のネタバレはコチラになります。

>【ゴールデンカムイ】230話ネタバレ!

(2/13更新)