【五等分の花嫁】102話ネタバレ!風太郎と一花がキス!!

U-NEXT

五等分の花嫁102話のネタバレになります。

前回、一花目線での学園祭初日が描かれましたが、102話も一花目線での学園祭二日目になります。

風太郎は一花にだけは、「誰も選ばない」と告げていましたが、それは一花が仕事で学園祭にはもう来られないからです。

しかし、事態は急展開、風太郎と一花がキス!?

スポンサーリンク

倒れたのは三玖?四葉?五月?

風太郎から「誰も選ばない」と聞いた一花、サイテー!いつまでも甘いこと言ってんじゃねーよ!と思いっきりビンタします。

相手は風太郎ではなく、撮影の演技です。

 

学園祭二日目は一花は仕事でしたが、それも終わりとなります。

ホテルに戻って寝ようとする一花、その時、学園祭の二日目で妹が倒れたとの連絡が入ります。

 

元気そうで安心した、しっかり休むよう妹に伝え、病室を出る一花。

 

病室から出たタイミングで風太郎と二乃に会う一花。

自分達は大丈夫だから心配しないでと、一花に伝える二乃。

 

二乃は後片付けがあるため学校に戻ると言います。

風太郎に一花を送っていくよう伝え、この場を後にする二乃。

 

妹の誰が倒れたのかは不明ですが、一花と二乃以外なので、三玖か四葉か五月の誰かのようです。

 

明日の仕事を心配する風太郎ですが、明日はオフだと一花。

一花も風太郎の今日の仕事が終わったことを確認すると、風太郎に、少し歩こうと一花は言います。

スポンサーリンク

風太郎と一花がキス

外を歩く風太郎と一花。

この場所を覚えているか風太郎に聞く一花、そこは花火大会の会場で屋台があった場所です。

風太郎と一花が事務所の社長から逃げて隠れた路地の場所ですね。

勿論この場所を覚えている風太郎。

 

誰かが花火をやっていることに気づいた一花。

自分の学校の生徒なのでは?と風太郎。

どいつもこいつも浮かれやがってと風太郎は言いますが、気持ちはわからなくもないと一花。

 

学園祭の真っ最中、カップル成立もこの三日間が多いらしく、その中でも特に凄いのが三日目の後夜祭。

風太郎がそのことを知っていてあんなことを言ったのかと思っていた一花。

 

自分がそんな世間の風潮に流れるような奴に見えるか?と風太郎は鼻で笑いますが、硬派に見えて案外、俗っぽいところがあると一花は言います。

高級車を見たら覗き込み、久しぶりの旅行でテンションが上り、山頂でヤッホーと叫んだり、女の子に借金したり、そう話す一花に、よく覚えているなと風太郎。

 

風太郎のそんなところが可愛いと一花は言い、そういう素直な気持ちを大切にするよう伝えます。

そして、だからこそ、誰も選ばないなんて言わないでとも。

 

自分の気持ちは、自分自身でもわからないと言う風太郎に、一花は、難しく考えすぎなのか、考えないようにしているだけだと言います。

 

一花は、昨日のキスの話をします。

二乃、三玖、四葉、五月、風太郎は誰だったら嬉しいのかと聞く一花。

 

無言の風太郎に、「なーんて」と言う一花。

一花は自動販売機を見つけ、お金を渡すから好きなのを買ってくるよう言い、自分はベンチで待ちます。

さらに一花は、紅茶が二乃、お茶が三玖、ジュースが四葉、コーヒーが五月と叫びます。

 

自動販売機の前で考える風太郎。

 

ベンチで待つこと10分。

戻ってくる気配がない風太郎。

 

急に言いだした自分も悪いが、意気地のない風太郎に呆れ気味の一花。

一花はそのままベンチで眠ってしまいます。

 

結局、決められない風太郎は、買わなければ済む話だと、そのまま手ぶらで一花のベンチへ行きます。

 

待たせすぎて寝てしまった一花。

ダサいところを見せてしまったと反省する風太郎ですが、一花とはいつもこんな感じだった気がするとも。

 

寝ている一花に、長男に長女、お互い苦労したなと声をかける風太郎。

 

風太郎は寝ている一花の唇を見つめます。

 

“フータロー君は誰だったら嬉しいですか”

 

一花の言葉を思い出す風太郎。

 

その時、急に目を覚ます一花。

一花は風太郎に、自分の唇を見ていたでしょと聞き、あれは五人の中の誰だったのか見ていたと、恥ずかしそうに答える風太郎。

そんな自分をキモいと言う風太郎と、キモいねと答える一花。

 

花火が上がった瞬間、一花は風太郎の袖を引っ張りキスをします。

 

自分だった?と聞く一花、風太郎はその場に腰をつき放心状態。

スポンサーリンク

風太郎は一花なら嬉しいのか?

見ているより実際にしたほうが違いがわかるでしょと一花は言いますが、それだけのためにか?と驚く風太郎。

一花は演技で慣れているのかもしれないがと風太郎は言いますが、男の子と女の子では違いがあると一花は言います。

 

ドラマのキスシーンの相手は同じ女優の子で、最近はそういう需要もあると説明する一花。

男の人とのキスは今はまだNG、だから風太郎が初めてだと一花は言います。

 

同級生の女の子となんて、なかなか出来ないイベントだから思い出にしなさいと一花。

さらに一花は、聞き忘れたと言い、風太郎に「嬉しかった?」と聞きます。

 

月明かりを背に、大人っぽい表情をしながら聞く一花に、風太郎は「なんだ、その上から目線は」と。

そんな風太郎の姿に「もー照れちゃってと」一花は言います。

 

風太郎が誰を選ぼうと関係ない、この気持はまだ、しばらく静まりそうにないと感じる一花。

スポンサーリンク

五等分の花嫁のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

五等分の花嫁のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで五等分の花嫁の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに五等分の花嫁のアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

電子書籍

 

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

五等分の花嫁102話の感想

以前からちょいちょい積極的な行動を見せていた一花ですが、102話で風太郎とキスをしましたね。

今回の一花の大胆な行動は、前日の風太郎のキスの話が関係している気がするので、そういった意味では前に風太郎にキスをした相手からは一花は外れたのかなと。

なんとなくそんな気がするだけなので、根拠は全くありません。

それにしても、一花の大人っぽさがヤバかったです。

五人の中では圧倒的な大人っぽさで攻める一花、果たして風太郎の心は動くのか!?

 

五等分の花嫁103話のネタバレはコチラになります。

>【五等分の花嫁】103話ネタバレ!父親マルオと勇也の関係が判明

スポンサーリンク