【七つの大罪】293話ネタバレ!不死身のバンが人間に戻る!




七つの大罪293話のネタバレになります。

前回、チャンドラーとキューザックが融合し、本来の姿である「原初の魔神」となりました。

これにはあのマーリンですら「勝機を失った」と言うほどです。

完全に魔神族優位な状況ですが、ここで煉獄から戻ってきたバンが登場します。

まだマーリン達とは合流していないバン。

戻ってきたバンが最初に向かった場所とは。

スポンサーリンク

エレイン死亡

現世に戻ってきたバン。

エリザベスはメリオダスの感情が無事だったのかをバンに聞き、メリオダスは必ず戻ってくるので安心するようバンは言います。

七つの大罪達には真っ直ぐ団長の下へ向かうよう伝え、自分はやるべき目的を果たしてから合流すると言うバン。

 

場面は変わって魔神族と戦う防衛部隊。

七つの大罪293

 

戦況は魔神族におされている感じです。

絶対安静のエレインも最前線で戦ってますが、だいぶ身体が弱っており苦しそうです。

 

そんなエレインに退くようゲラードは言いますが、どうせこの生命は”怨反魂の法”で得た仮初めの命と、退く気がないエレイン。

巨人族の戦士長であるマトローナのピンチも助けるエレイン。

七つの大罪293

 

実はエレインが強かったのが判明しました。

 

親友のために煉獄で必死に戦っているバン。

自分も妖精王の森の聖女として戦うとエレインは言います。

そうでなくてはバンに合わせる顔がないと。

 

しかし、遂にエレインも限界の時を迎えます。

羽根が無くなり

七つの大罪293

 

そのまま地上へと落下するエレイン。

下には無数の魔神族がエレインを待ち構えます。

 

最後にもう一度バンに・・・そう想いながら落下するエレイン。

このままエレイン死亡か!?と思いきや

 

七つの大罪293

 

バンがめちゃくちゃかっこいいです!!

 

エレインをお姫様抱っこするバン。

七つの大罪293

 

力を使いすぎたことで体も羽根も戻ったと言うエレイン。

それでも最後にバンにまた抱いてもらえて嬉しいと伝えます。

そして目を閉じエレインは再び死亡します。

スポンサーリンク

不死身のバンが人間に戻る

皆がエレインの死亡を悲しむなか、「最後じゃねえよ」とバン。

バンは煉獄での魔神王との戦いで得た「贈与(ギフト)」の能力を使い、エレインに生命エネルギーを贈与(ギフト)します。

バンが贈与(ギフト)している生命エネルギーは、自身のなかにある生命の泉の力になります。

 

目を覚ましたエレインはバンに止めるよう言います。

生命の泉の力を使い切ったらバンは不死身ではなくなると言いますが、止める気がないバン。

そしてエレインは生き返ります。

 

エレインは生き返りましたが、不死身ではなく普通の人間に戻ったバン。

これでよかったのかとエレインはバンに聞きますが、「そんなことはどうでもいい」とバン。

それよりもエレインとの約束さえ果たせればとバンは言います。

 

かつてバンがエレインとした約束

 

「いつかお前を奪う」

 

七つの大罪293

 

これでお前は一生俺の物だとバンは言い、バンに泣きながら抱きつくエレイン。

 

七つの大罪293話の感想

強欲のバンが不死身を捨てて普通の人間に戻りながらもエレインを奪いました。

普通に感動する話でしたね。

 

以前のバンは不死身に助けられてるというか、不死身じゃなかったらとっくに死んでるという場面が何度もありました。

現在は煉獄での修行を終え、相当強くなったと思われるので、そうそう瀕死になることもないでしょう。

そもそもバンにとっては不死身よりもエレインの方が大事だったということですね。

 

今の戦況はマーリンとエスカノールが「原初の魔神」と戦っていると思われますが、先に向かったキング達、そしてこのあとバンも合流しての戦いとなると相当激しくなりそうです。

今後の戦いが楽しみですね。

 

七つの大罪294話のネタバレはこちらになります。

>【七つの大罪】294話ネタバレ!マエルが仲間になって物語は終盤へ

スポンサーリンク