【ワンピース】915話ネタバレ!ホールデムはライオンのスマイル!




ワンピース915話のネタバレになります。

前回、お玉が復活したかと思ったらガゼルのSMILE(スマイル)ガゼルマンがお玉をさらってしまいました。

お玉を連れ戻すためコマ犬に飛び乗りガゼルマンを追うお菊。

ルフィとゾロもコマ犬に乗り「博羅町(ばくらちょう)」へ突入しました。

さらにお菊が侍であることが判明しましたが、915話ではお玉をさらったのが”真打ち”ホールデムであることが判明します。

そしてこのホールデムはライオンのスマイルを食べているのですが、ホールデムの目的はなんなのか!?

ルフィ達はお玉を無事救出できるのか!?

スポンサーリンク

ワノ国の身分制度

「博羅町(ばくらちょう)」では国技の大相撲が興行中で、お菊を口説いていた横綱浦島が登場します。

ゾロの妙な気迫で身を引いたが、お菊はなんとしても妻にするとメシを食いながら豪語します。

「地位」「名誉」「安全な食料」もある自分がフラれるハズはないと。

 

そんな浦島に「つまらないことで悩むな」とねずみのスマイルを食べたマウスマンが言います。

ワンピース915話

 

「おこぼれ町」のお菊はオロチの支配下にも入れない下級人間。

力ずくで奪っても住んでる家を燃やしてもいいとマウスマンは言います。

さらには血縁を皆殺しにして行き場を失わせ、浦島を頼る他に生きるすべをなくしてもいいと言います。

 

浦島は”士族”でワノ国にははっきりとした「身分制度」があるため、浦島のような国技のスターが下人に気兼ねしていたら他のものに示しがつかないと。

この言葉に「えへへへへ」と下品な笑いと顔で「そうだっぺな」と笑う浦島。

 

915話でワノ国には「身分制度」があり浦島が士族であることが判明しました。

ワンピースお得意の身分制度ですね。

そして全員ではないのかもしれませんが、身分の高い士族には相変わらずクソみたいな奴らが多そうですね。

 

ホールデムはライオンのスマイル

915話ではお玉をさらったのがホールデムであることが判明します。

ホールデムを目の前にしたお玉は今にも泣きそうです。

お玉が泣きそうな理由は

 

ワンピース915話

 

ホールデムのお腹がライオンだからです。

 

確かにコワイw

 

”真打ち”ホールデムはライオンのスマイルを食べているようです。

 

お玉を自慢の走力でさらってきたガゼルマンですが、ホールデムの前でゼーハーゼーハー言ってます。

どうやら超絶体力が無いようで、ホールデムからはゼーハーうるさいのと、体力をつけろバカと言われます。

 

ホールデムがガゼルマンに放った言葉をホールデムのお腹のライオンは自分に言われたと思ったようで、ホールデムの顔を見上げます。

それに対して「いちいち俺の顔をみるな」とライオンを殴るホールデム。

なんだか面倒くさそうな感じです。

 

殴られたライオンはホールデムに反抗的な目をします。

ライオンは顔と腕が付いているようなので、ホールデムの股間をパンチするライオン。

ライオンの反撃かと思いきや、ホールデムとライオンは一心同体のためパンチした股間はライオンの股間でもあります。

うなされるホールデムとライオンに、部下達は「なぜ学ばない」と呆れた様子。

間違いなく面倒くさそうな感じですw

 

ホールデムはお玉にどうやってヒヒを手懐けたのか聞きます。

部下の目撃情報ではお玉がヒヒを手懐けたのは、本物の”悪魔の実”の力としか考えられないと。

どうやらホールデムの目的はお玉の悪魔の実の能力のようです。

 

お玉は師匠の天狗山飛徹から言われた言葉を思い出します。

お玉の能力は敵にとっても魅力的な能力のため、人前でその能力を使ってはいけないと。

自分は動物に懐かれやすいだけだと答えるお玉

ワンピース915話

 

ちょっと無理がありますが、なによりお玉が可愛すぎるw

 

ホールデムは部下から「ほっぺたを引きちぎった」と聞いており、実際にやってみるため部下にペンチを持って来るよう言います。

その言葉にゾッとするお玉は心の中で「ルフィのアニキ助けて!!」と叫びます。

スポンサーリンク

博羅町は20年前まで城下町

そのルフィのアニキは「博羅町(ばくらちょう)」の正門入口からお玉の名前を叫びます。

すぐさまお菊から口を塞がれそれはダメだと言われます。

この町にいるのはお玉をさらった人間の仲間だと。

 

案の定、ルフィに止まるよう道を塞ぐ輩が現れますが

ワンピース915話

 

覇王色のハキで輩を気絶させるルフィ。

 

この町には戦いそうにもない普通の人間もいます。

お菊が言うには、20年前までここは活気のある「城下町」だったとのこと。

ある日、オロチの部下達が好きな家を奪い取り、生活に「必要な商人達」を残しあとは町の外へ追いやりました。

それがこの「博羅町(ばくらちょう)」だと。

 

その時、前から相撲取りが飛んできて片手で捕まえるルフィ。

町の奥で何かをやっているようですが、相撲取りが飛んできたのだから「相撲かな」とルフィ。

 

ワノ国大相撲”横綱”浦島

ルフィの言った通り「博羅町(ばくらちょう)」では国技である大相撲の特別余興興行中でした。

ワンピース915話

 

横綱”浦島”を倒せば夢の500金。

土俵に収まれば何人がかりでも構わないとのことで大勢の男達が浦島に挑みましたが、折れた骨の本数は

  • 腕10本
  • 足15本
  • あばら52本
  • 頭蓋骨4個
  • 背骨7本

 

合計88本で、行方不明者が4人と圧倒的な強さをみせる浦島。

 

「博羅町(ばくらちょう)」の女性から人気がある浦島ですが、浦島の人気というよりも浦島の「地位」「名誉」「安全な食料」に憧れているといった様子です。

 

浦島はヒヒに乗ったお菊を発見します。

浦島はお菊に「博羅町(ばくらちょう)」で興行があることを伝えており、気があるなら見に来いと。

お菊は運ばれてきたお玉の看病でそれどころではなかったのですが、興行にお菊が現れたことでその気になっている浦島。

 

お菊がかっこいい

ルフィはお玉を探しているのでボスの居場所を教えろと叫びますが、横綱の結婚相手の登場に辺りは騒がしくなっており誰もルフィの言葉を聞いていません。

さらには横綱の手下がお菊を連れ去ります。

 

ルフィはお菊が連れて行かれたことに「何連れてかれてるんだ」とゾロに言いますが、ゾロが言うには「裸の男を斬るのはどうかと・・・」

 

お菊が”外の”茶屋の娘であることから、この町に入るのもおこがましい身分であり追い出すべきとの声が出ますが、浦島が黙らせます。

士族である自分から見ればどっちも同じ下人で、下人達の人生を生かすも殺すも自分の自由だと。

 

連れてこられたお菊のもとへ走り出す浦島ですが

 

ワンピース915話

お菊

「拙者 下人という人間を存じません」

引用:ワンピース915話

 

ワンピース915話

 

そのまま刀で浦島のマゲ切り落とすお菊

 

ワンピース915話

お菊

「お戯(たわむ)れを 卑(いや)しきはあなたの心」

引用:ワンピース915話

 

お菊がめちゃくちゃかっこいいです!!

 

さすが侍といった感じで、ルフィもお菊の姿に「カッケ〜〜〜!!やるなお菊!!!」と興奮します。

ゾロも、ボスを呼ぶには手っ取り早いと言います。

 

ワンピース915話の感想

ワンピース915話の感想ですが、”役人街”の3人の真打ち

  • ホーキンス
  • ホールデム
  • スピード

 

その1人であるライオンのスマイルを食べたホールデムが登場したわけですが、正直、ホールデムの登場よりもお菊のかっこよさが際立った回でした。

 

前回はお菊が侍であることが判明し、今回の915話ではその侍っぷりを披露。

ちょっとお菊が熱いですね!!

 

浦島のマゲを切り落としたことで騒ぎとなり、そこにボスであるホールデムが登場といった流れになるのでしょうか。

お菊が浦島のマゲを切り落とし、ルフィは「面白くなってきた!!」と叫ぶのですが、ルフィだけではなく読んでいるこちらも「面白くなってきた」といった感じです。

ワノ国編は展開が早くて面白いですね。

 

ワンピース916話のネタバレはこちらになります。

>【ワンピース】916話ネタバレ!お菊が強くてかわいい!

スポンサーリンク