【七つの大罪】338話ネタバレ!ホークママの正体は混沌で確定!

七つの大罪338話のネタバレになります。

前回、マーリンがメリオダスのことが好きなことが判明しました。

しかし、その恋が叶わないこと、そこから生じた心の飢えを埋めるため「混沌」を求めたマーリン。

マーリンは七つの大罪と決別してしまうのか!?

 

前回の七つの大罪337話のおさらいはコチラから。

>【七つの大罪】337話ネタバレ!マーリンが黒幕!?目的とメリオダスが好きなことが判明!

U-NEXT

ホークママの正体は混沌

湖の巫女の話が本当なのかマーリンに確認するメリオダス。

混沌を復活させるために、七つの大罪を騙し続けてきたのか?

そんな、とんでもない化け物を復活させるため、いいや・・・いるかどうかもわからない存在のために・・・。

 

無言のマーリンにかわり湖の巫女が答えます。

混沌は実在しますよ・・・あなたたちはすでに出会っているではありませんか・・・。

 

その言葉に混乱する七つの大罪。

 

湖の巫女は続けます。

その背に乗り共に旅をしてきたはず。

彼女もまた己の復活の時を待ちわびながら・・・。

 

ここで皆は、混沌の正体がホークママであることに驚きます。

 

湖の巫女の話を信じないホークは、ホークママの方へと駆け寄りますが、豚の帽子亭の重みに耐えられず徐々に潰れていくホークママ。

 

湖の巫女は言います。

混沌は一つの実体を持たぬ力の意志・・・それは(ホークママの姿)所詮、二人の神に封印された仮初(かりそ)めの姿。

 

そしてホークママは、空気の抜けた風船のように豚の帽子亭に潰されます。

キングは潰れたホークママに近づき、これは何層にもこびりついただけの苔で、ただの抜け殻だと言います。

混沌はアーサーの中に宿っている

ただの抜け殻となったホークママ。

中身はどこへ?と聞くアーサーに、お前の中に宿ったのだとマーリンは言います。

お前が混沌の王として目覚めたその瞬間にな・・・と。

 

自分の中にあの大きな豚が丸ごと入ったことに、全く実感がないと驚くアーサーですが、それでも「混沌だ」とマーリン。

 

メリオダスは、アーサーが無意識に使った魔力か・・・とマーリンに言い、今すぐアーサーを元に戻すよう言いますが、不可能だとマーリンは答えます。

混沌自らがアーサーに共鳴し共生を決めた。

何より、それこそがアーサーが選ばれし混沌の王である証だと。

 

アーサー自身の意志はどうなると詰め寄るメリオダス。

責めたければなんとでも言えとマーリンは言いますが、間に入るアーサー。

自分のことで喧嘩はやめてくださいと二人を止めます。

 

アーサーは言います。

七つの大罪は私の憧れなんです・・・お願いですから、こんなヒヨッ子にすぎない私のことで争わないでください。

その時、地面からヒヨコが誕生します。

 

幼い頃、人々を護れる立派な人間になりたいと夢見てましたと話すアーサー。

アーサーの言葉に反応するかのように、地面からは柱のようなものが無数に現れだします。

 

アーサーは話を続けます。

けど、いくら人々を護るため努力しても、結局、全員を護れるわけじゃない・・・。

もちろん・・・そんなことは不可能です・・・でもそれを諦めた途端、私の心は絶望に押し潰されそうになりました・・・。

 

突然、地面から無数の柱が飛び出し、押し潰されそうなくらい周囲が狭くなります。

 

周囲の変化に気づいていないアーサーは、目を閉じながら話を続けます。

そんな時です、マーリンと出会ったのは。

彼女は悩む私に道を示してくれた。

「ならば不可能を可能にする王となれ」

「護りたいものすべてを護れる世界を作ってみせろ」

 

・・・その言葉が私の景色を一変させた。

私はマーリンに師事を乞い、多くのことを学び、そして約束したんです。

必ず立派な王となって、誰も見たことのない素晴らしい世界を作ると!!

 

地面から飛び出した柱が一斉に飛び散り、歪んた奇妙な形の城を作ります。

 

ここではじめて状況を理解したアーサーは、一体何が起きたんです?と驚きます。

自分の魔力で造り出したことに全く気づいていないアーサー。

アーサーに襲いかかるキャス

アーサーが驚いていると、豚の帽子亭の壁の一部が割れます。

そこにはキャスの姿が。

キャスはアーサーの名前を叫び、とうとう覚醒したんだね・・・ポク・・・うれしいと涙を流します。

 

アーサーの方へと駆け寄るキャス。

アーサーもキャスの方へと駆け寄り、両手を広げてキャスを抱きかかえようと待ち構えますが、キャスをアーサーに近づけさせないで!!と叫ぶ湖の巫女。

 

アーサーの目の前まで来たキャスは、突然、口を大きく開きアーサーに襲いかかります。

キャスの口には無数の鋭い牙が。

 

間一髪でメリオダスがアーサーを助けますが、右腕を失ったアーサー。

アーサーの右腕を無心に食べるキャス。

 

メリオダスはキャスを捕まえるよう七つの大罪へ言いますが、それでは生ぬるいと湖の巫女。

確実に仕留めてくださいと湖の巫女は言います。

さもなくば、全員思い知ることになりますよ・・・混沌の力の一端を・・・と。

 

アーサーの右腕を食ったキャス。

これまでは顔だけの存在でしたが、四本の足が生え獣のような姿へと変貌していきます。

七つの大罪のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

七つの大罪のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで七つの大罪の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに七つの大罪のアニメも全て「見放題」です!!

 

2019年の新シリーズ、「神々の逆鱗」も見放題です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

七つの大罪338話の感想

今まで正体が不明だったホークママですが、338話で混沌であることが確定しました。

七つの大罪の劇場版「天空の囚われ人」で、ホークママの正体が”混沌の母”と思われうような描写があったので、やっぱりといった感じではあります。

ただ、まさか混沌そのものとは思いませんでした。

 

そして、もう一匹?正体不明の存在だったキャス。

アーサーと感動の再会かと思いきや、アーサーの右腕を食い混沌の力を吸収しました。

アーサーと一緒にいたのは最初からこれが狙いだったのでしょうか。

 

キャスに関しても、これまで何度も怖い描写があったので、やっぱりと言えばやっぱりですが・・・それにしても獰猛すぎてちょっとビックリです。

湖の巫女の言う、混沌の一端とはどれほどの力なのか。

既にもう危険な感じしかしませんが・・・。

 

七つの大罪339話のネタバレはコチラになります。

>【七つの大罪】339話ネタバレ!

(1/22更新)