【ゴールデンカムイ】216話ネタバレ!北海道に戻ってきた杉元とアシリパ




ゴールデンカムイ216話のネタバレになります。

前回、まさかの白石の鼻からクリオネが出たオチでしたが、それよりも大事なことは、目の前に現れた白熊です。

216話では白熊との戦いになりますが、白熊の毛皮が高く売れるとのことで、傷をつけずに倒すという難易度の高いミッションに挑戦します。

U-NEXT

白熊の毛皮は高く売れる

目の前に現れた白熊に驚く杉元達。

ヒグマならこの時期、まだ巣穴から出てくるには早く、穴ごもり出来なかったマタカリプ(ヒグマ)かもしれないとアシリパは言います。

 

アシリパに後ろに下がるよう杉元は言い、一本でも矢を残しておけばと悔しそうなアシリパ。

 

アシリパは、こんな綺麗な白い毛のキムンカムイ(山の神)は初めて見ると言います。

そして、この毛皮がものすごく高く売れるんだろうなぁ〜と。

 

その言葉に反応した白石。

おいくらくらい?と興味津々ですが、白石に静かにするよう杉元は言います。

熊を興奮させるなと。

落ち着かせないと銃が当てられないと冷静な杉元ですが、次の瞬間、

 

「で、おいくらくらい?」

 

とアシリパに聞く杉元。

 

普通のヒグマの毛皮一枚が4円で、その何倍、何十倍かもとアシリパは言います。

(米俵一俵(60Kg)が当時は約4円で買えた)

 

ヴァシリは銃のボルトを引きますが、その音に驚いた白熊は足を滑らせ海に落ちます。

杉元はヴァシリに撃つなと言います。

この状態で倒したら白熊が海に沈んでしまうと。

 

ヴァシリに撃つなと念を押す杉元。

杉元の言葉にウンウンと頷くヴァシリですが、また銃を構えます。

 

再び杉元は、ダメだダメだと言います。

バーンしたらブクブクだ、バーンでブクブク、わかるか?と杉元は聞き、ヴァシリはウンウンと頷きますが、やっぱり銃を構えるヴァシリに、ヴァシリの頭の頭巾を引っ張り怒る杉元。

 

アシリパは杉元に、出来るだけ一発で仕留めるよう言います。

毛皮を穴だらけにするなと。

 

もし、一つも弾キズの無い毛皮なら?と杉元は聞き、そんなこと出来るはずがないと生唾を飲むアシリパ。

出来るかどうかではなく、価値を聞いていると杉元は言い、そんな毛皮はとんでもない値段で売れるとアシリパは答えます。

スポンサーリンク

白熊を無傷で倒す杉元

毛皮に傷をつけずに倒す。

そんなことは不可能だと白石は言います。

ましてや射撃の下手な杉元には不可能に決まっていると。

 

目から脳を撃ち抜くのはどうだ?と杉元。

熊の目は小さく、周りの皮を傷つけるとかえって目立つためダメだとアシリパ。

 

じゃあ鼻は?と杉元。

ふはははッ鼻だってぇ〜〜〜っとアシリパ。

確かに角度によっては頭蓋骨に邪魔されず脳に一直線に届くが、鼻の皮は傷つけるとなぁ、毛皮の価値が半分以下になるんだぁ!!と叫ぶアシリパ。

 

口を開けた時に脳ミソか心臓を狙うしかないと杉元は言いますが、それでは後頭部や胸を突き破るに決まっているとアシリパは言います。

 

一か八かやるしかないと銃を構える杉元ですが、熊が氷に上がってきたため、氷が傾き吹き飛ぶ杉元。

スポンサーリンク

北海道に戻ってきた杉元とアシリパ

吹き飛んだ白石は白熊の後ろに着地します。

白石はヴァシリに撃つよう言いますが、ここで杉元が閃きます。

ヒグマの尻にドスを突き刺した若山親分、それとヒグマとウコチャヌプコロ(子供を作るための行為)をした姉畑先生を思い出し、白熊の尻に銃を突き刺します。

 

クチはクチでも下のクチだと叫ぶ杉元。

 

そのまま引き金を引き、銃弾は白熊の心臓に直撃します。

 

見事に皮に傷一つつけずに白熊を倒した杉元。

しかし、体の傷口から血が吹き出し倒れてしまいます。

 

皆が杉元を心配しているうちに、氷の上で死んだ白熊が流されていきます。

 

どんどん離れていく熊。

誰にもどうすることもできず、そうこうしているうちに、海に落ちて体が冷えた白石の唇は真っ青に。

 

その時、ヴァシリがフンフン言って何かを知らせます。

ヴァシリの視線の先にはフチの兄弟?甥っ子?の小舟が。

 

白熊の話を聞いたフチの兄弟?甥っ子?は、戻って探しに行くか?と聞きますが、もういいとアシリパ。

それよりも杉元達をどこかで休ませたいと言います。

 

小舟は陸へと向かい、北海道の大地が見えてきます。

アシリパは杉元と白石に、北海道に戻ってきたぞと言います。

 

ー 数日後 ー

 

杉元達が逃げ出した際、傷を追った鯉登少尉。

まだ安静にする必要があるようで、船のハンモックで休んでいます。

情けんなか・・・と呟く鯉登少尉。

 

様子を見に来た父親の鯉登少将は、周りに人がいないことを確認し、「生きちょりゃよか」と、親心を見せます。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ゴールデンカムイのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでゴールデンカムイの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにゴールデンカムイのアニメも全て「見放題」です!!

第1期

 

第2期

 

おそらく第3期も見放題になると思われます。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ゴールデンカムイ216話の感想

久しぶりに北海道に戻ってきた杉元達。

長かった樺太編も遂に終わりになるわけですね。

樺太編も面白かったですよね。

バーニャとかバーニャとかバーニャとか。

今後の新たな展開に期待大です。

 

ゴールデンカムイ217話のネタバレはコチラになります。

>【ゴールデンカムイ】217話ネタバレ!片目の尾形がアシリパを追う

(10/24更新)

スポンサーリンク