【ヒロアカ】290話ネタバレ!荼毘の正体が轟燈矢で確定!

【ヒロアカ】290話ネタバレ

ヒロアカ290話のネタバレになります。

死柄木のもとにギガントマキアが到着。

そんな中、荼毘が自らの正体を語り始めます。

 

前回のヒロアカ289話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】289話ネタバレ!トガちゃんの涙にお茶子は何を思う!?

ギガントマキア参戦

轟の母、轟冷が入院する病院。

医師や看護師が急いで冷の部屋のテレビを消しに向かいます。

「退院に向けて訓練してたのに・・・!こんな時になんてこと!」

 

テレビの映像に釘付けの冷。

テレビからは電波をジャックした荼毘の映像が流れます。

 

死柄木のもとに駆けつけたギガントマキア。

オールフォーワンは死柄木の目からギガントマキアを確認し、(いいタイミングだマキア)と喜びます。

 

オールフォーワンは考えます。

(緑谷(ワンフォーオール)の乱打、エンデヴァーの灼熱で弔の身体はいつ崩れてもおかしくない)

(鋲突(びょうとつ)を脊髄から発動したのも反射(オート)追尾にし、心体への負荷を軽減するため・・・それ程にこの身体は予断を許さない状況)

(あとはマキアに撤退命令を・・・)

 

空中の死柄木へ向かっていく轟。

轟は焦りながら考えます。

(あの巨人と死柄木を同時に相手するのは無理だ!手負いの死柄木を先に倒す!)

 

同時に、波動ねじれも死柄木へ向かっていき、オールフォーワンは心の声で言います。

(しかし強い・・・「波動」「半冷半燃」、限界の身体とは言え、僕らを休ませな・・・)

 

”ねじれ”と轟は同時に死柄木を攻撃しますが、「逃げろ!」と叫ぶエンデヴァー。

 

轟と”ねじれ”はギガントマキアの平手打ちで吹き飛びます。

”ねじれ”は空中で態勢を整え、轟は地面に叩きつけられます。

荼毘の正体が轟燈矢で確定

死柄木を手の上に乗せ、「主よ!来たぞ!次の指示を!あなたの望み通りに!」とギガントマキアは言い、ボロボロの死柄木を見たスピナーは、「死柄木!なんて姿だ・・・!」と驚きます。

 

轟に駆け寄り安否を確認するエンデヴァー。

エンデヴァーはギガントマキアを見上げながら考えます。

(ホークスすまない・・・!こいつが動いたのは・・・俺の責任、倒さなくては・・・どういう個性だ!?探って穿つんだ)

(肺が片方潰れてる・・・!呼吸すら激痛のこの体でどこまでやれるか・・・)

 

エンデヴァーは自らの言葉、(俺を見ていてくれ)を思い出しながら決意します。

(いや!やらねば!)

(俺はこの国のトップヒーローだろうが!!)

 

その時、ギガントマキアの上から荼毘が現れ、液体の入った容器を振りながら言います。

「おーう、いたいた、こっから見るとどいつも小っさくて」

「お!?焦凍(しょうと)もいんのか、こりゃいいや!」

 

「あ!?」と荼毘を睨む轟。

エンデヴァーは、「荼毘!!」と言い、(おまけに連合もセット・・・)と焦ります。

 

荼毘は液体を頭からかぶりながら言います。

「酷えなぁ・・・そんな名前で呼ばないでよ・・・燈矢(とうや)って立派な名前があるんだから」

 

液体をかぶったことで荼毘の髪色が白く(赤く?)なります。

 

荼毘は言います。

「顔はこんななっちまったが・・・身内なら気付いてくれると思ったんだけどなぁ」

 

轟の兄の名前が燈矢であることを思い出すデク。

 

病院では冷が荼毘の映像をみており、映像の荼毘は自らを轟焦凍と名乗り、身の上を語り始めます。

「僕、轟焦凍はエンデヴァー家の長男として生まれました」

「今まで30人以上の罪なき人々を殺しました」

「僕が何故、このような醜穢(しゅうわい)な所業に至ったか、皆に知ってもらいたい」

「エンデヴァーはかつて力に焦がれていました、そして、オールマイトを超えられない絶望から、より強い個性を持った子をつくるため、無理矢理、妻を娶(めと)りました」

「僕は父の利己的な夢のためにつくられた」

「しかしどうやら僕は失敗作だったようで、程なくして見限られ、捨てられ、忘れられました」

「人を燃やした僕の炎はエンデヴァーの炎で・・・」

全国に流れる荼毘の映像

映像の荼毘は事前に録画しておいたもので、電波とネットを使い全国に流れています。

ギガントマキアの上から荼毘はエンデヴァーに言います。

「どうしたらおまえが苦しむか、人生を踏みにじれるか、あの日以来ずっと考えた!」

「自分が何故存在するのか分からなくて、毎日、夏(なつ)くんに泣いてすがってたこと知らねぇだろ」

「最初はおまえの人形の焦凍が大成した頃に、焦凍を殺そうと思ってた!でも期せずしてお前がNo.1に繰り上がって俺は!お前を幸せにしてやりたくなった」

「九州では死んじまわねえか肝を冷やした!”星のしもべ”や”エンディング”を誘導して次々おまえにあてがった!」

「念願のNo.1はさぞや気分が重かったろ!?世間からの称賛に心が洗われただろう!?子どもたちに向き合う時間は家族の絆を感じさせただろう!?」

「未来に目を向けていれば正しくあれると思っただろう!?」

「知らねえようだから教えてやるよ!」

「過去は消えない、ザ!自業自得だぜ」

「さぁ一緒に堕ちよう、轟炎司!地獄(こっち)で息子(おれ)と踊ろうぜ!!」

 

青ざめるエンデヴァーと轟。

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでヒロアカの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにヒロアカのアニメも1期〜3期の全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ヒロアカ290話の感想

最悪の展開、まさに悪夢です。

荼毘の正体は燈矢では!?と、多くの読者が思っていたことだと思いますが、まさかここで、このような形で判明するとは。

全国に伝えられる荼毘(燈矢)の生い立ち。

世間の反応も気になりますが、エンデヴァーと轟の反応、そして母親・冷の反応が気になります。

 

ヒロアカ291話のネタバレになります。

>【ヒロアカ】291話ネタバレ!

(11/16更新)